ストローク

いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

ストロークの基本、リズムの取り方。

きっと、みなさんも最初はこのリズム、で打っていたと思うんですよね。

1、2、3!のリズムで動いて止まって、打つ。

でも、この基本にいつまでもしがみついていると、試合ではなかなか厳しくなる。

どんどん自分から、新しいリズムも作り出していかないといけないですから。

 

いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

 

1.実際の試合では、「1、2」の方が多い

私の感覚では、試合のショットってこんな感じ。

1、2、3、ではなくて、1、2!の早いリズムで打つ機会も多い。

まず、リターンがそんな感じですしね。

3までのリズム、を自分で取ろうと思っても、難しいことが多い。

ゆったりしたストローク戦、だけ続くなんてないですからね。

もちろんダブルスなら、前衛も絡んで来る。

このリズム、自分から変えていかないとずっと難しいままですよ。

 

2.前衛が絡むと、一気にリズムが変わるのがテニス

実際にボレー、ネットプレーを相手にすると一気にリズムが変わる。

1、2!の早い、ライジングのリズムになっていく。

もしくは、そこから前に出て1だけ、みたいなリズムの打ち合いも多いかも知れませんしね。

1、2、3、のリズムだけでストローク練習、をしていると、試合で通用しない。

まずは、こう自分で感じられるかどうか、が大事です。

 

3.自分から前に入って1、2!のリズムで

相手から動かされて、攻撃されて速くなるのでは、いつまで経っても後手。

出来るだけ、自分から前に入って、1、2!と自分からリズムを変えていく。

1、でしっかりと準備を終えて、自分から速いタイミングで前に入って2で打ち終わる。

これは、もちろん技術的には難しいこと、ですが大丈夫。

アナタ自身がしっかりライジングショットに取り組む意欲さえあれば、きっと身に付いていきます。

先手を取っていく、しっかり自分から速いテンポに変えていく意識。が何より大事です。

 

4.小さく声に出すこと、もお勧めです

私自身、ライジングショットを練習していた頃は、小さく声に出して練習していました。

「1、2!」

「1、2!」と声に出していると、自然と身体が反応してくれるようになる。

身体が反応して、試合に中で自然に攻撃に入っていけると強いじゃないですか。

練習から意識出来ていれば、試合でもここぞという場面で反応してくれる。

1、2、3、はあくまで基本。

どんどん試合に向けて、自分で違うパターンも磨いていきましょう。

 

1、2!のリズムに自分から変えてく。

3を使えるときでも、あえて使わない、ということですね。

これが出来ると、もうライジングショットは身に付いたようなものでしょう。

自分からリズムを変える。

この意識があれば、試合も自分から動かしていけるでしょう。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合では早めの準備で迎えに行こう

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

  3. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について

    バックハンドストローク苦手だったので、バックが苦手な人を見分けるのが得…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる

    「オープンスタンスのストロークが、難しい・・・」と、よくご質問を頂きま…

  5. ストローク

    プロ選手に影響を受けやすいけど、「ストロークのスタンスはオープン?クローズ?」の問題について

    ストロークのスタンスって、大きく分けるとオープンスタンスとクローズスタ…

  6. テニス 錦織圭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に…
  2. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?
  3. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ
  5. その他

    サッカー選手のディフェンスに観る、「テニスのプレーにも必要な、相手に抜かれてから…
PAGE TOP