ストローク

いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

ストロークの基本、リズムの取り方。

きっと、みなさんも最初はこのリズム、で打っていたと思うんですよね。

1、2、3!のリズムで動いて止まって、打つ。

でも、この基本にいつまでもしがみついていると、試合ではなかなか厳しくなる。

どんどん自分から、新しいリズムも作り出していかないといけないですから。

 

いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

 


 

1.実際の試合では、「1、2」の方が多い

私の感覚では、試合のショットってこんな感じ。

1、2、3、ではなくて、1、2!の早いリズムで打つ機会も多い。

まず、リターンがそんな感じですしね。

3までのリズム、を自分で取ろうと思っても、難しいことが多い。

ゆったりしたストローク戦、だけ続くなんてないですからね。

もちろんダブルスなら、前衛も絡んで来る。

このリズム、自分から変えていかないとずっと難しいままですよ。

 

2.前衛が絡むと、一気にリズムが変わるのがテニス

実際にボレー、ネットプレーを相手にすると一気にリズムが変わる。

1、2!の早い、ライジングのリズムになっていく。

もしくは、そこから前に出て1だけ、みたいなリズムの打ち合いも多いかも知れませんしね。

1、2、3、のリズムだけでストローク練習、をしていると、試合で通用しない。

まずは、こう自分で感じられるかどうか、が大事です。

 

3.自分から前に入って1、2!のリズムで

相手から動かされて、攻撃されて速くなるのでは、いつまで経っても後手。

出来るだけ、自分から前に入って、1、2!と自分からリズムを変えていく。

1、でしっかりと準備を終えて、自分から速いタイミングで前に入って2で打ち終わる。

これは、もちろん技術的には難しいこと、ですが大丈夫。

アナタ自身がしっかりライジングショットに取り組む意欲さえあれば、きっと身に付いていきます。

先手を取っていく、しっかり自分から速いテンポに変えていく意識。が何より大事です。

 

4.小さく声に出すこと、もお勧めです

私自身、ライジングショットを練習していた頃は、小さく声に出して練習していました。

「1、2!」

「1、2!」と声に出していると、自然と身体が反応してくれるようになる。

身体が反応して、試合に中で自然に攻撃に入っていけると強いじゃないですか。

練習から意識出来ていれば、試合でもここぞという場面で反応してくれる。

1、2、3、はあくまで基本。

どんどん試合に向けて、自分で違うパターンも磨いていきましょう。

 

1、2!のリズムに自分から変えてく。

3を使えるときでも、あえて使わない、ということですね。

これが出来ると、もうライジングショットは身に付いたようなものでしょう。

自分からリズムを変える。

この意識があれば、試合も自分から動かしていけるでしょう。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ

    スマッシュや早いサーブを返球するときに、必ず必要なのが「ブロック」する…

  2. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの危機感が大事です

    ジャックナイフというテニスの技術、かつては「テニスの王子様」の漫画の中…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為には?

    現代テニスでは、オープンスタンスが主流になりつつあります。錦織…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、「腕を真っ直ぐ」にすることでパワーアップ!

    最近、少しずつ「片手バックハンドストローク」の方が増えているように感じ…

  5. ストローク

    フォームを固めると、テニスは上手くなるのだろうか?

    以前に、頂いたご質問の中で「なかなかフォームが固まりません・・・」とい…

  6. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「ベースラインからの浅いボールの処理」が苦手な人は、いつまで経っても3回戦止まり…
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備してお…
  4. テニス 構え

    戦術

    テニスの試合で「良い形で、短いラリーでポイントが獲れた後」には、「粘るプレー」を…
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう
PAGE TOP