テニス ダブルス

練習メニュー

ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう

ボレー対ストローク、のリズム。

これがしっかり身に付いていると、試合でも強いし質が高い練習が出来る。

中上級のクラス、の練習ではこの形がベースになりますからね。

ただラリー出来る、だけじゃ物足りない。

しっかり、速さと遅さ、両方でコントロール出来るようにしておかないといけませんね。

 

ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう

 

1.同じスピード、で良いと思う?

みなさん、どうでしょう?

イメージしてみて下さい。

ボレー対ストローク、でのラリー。

上手い人同士のラリーになると、ストローク側の選手の方がボールの速度が速い。

ボレー側の選手の方が、少し遅い。

これにはちゃんと、理由があります。

まず回転の質、ですね。

ボレー側の選手はスライス回転、になりますから球速が遅めになるのが自然。

それに、そうしないと「戻る時間」が無いですからね。

 

2.構え直しが忙しいのは、ボレー側の選手

これも個人差があると思いますが、ボレー側の選手が構え直す、ことがしっかり良いラリーを続けるポイント。

ストローク側の選手に振られても、態勢を立て直せる。

相手が打つ瞬間には、しっかりスプリットステップを踏んで良いポジションに立てる。

これが、しっかり出来るかどうか。

きっと、ボレー側が速いボールを打っている限り、厳しいと思うんですよね。

リズム、球速って、すごく大事です。

 

3.初心者の方は、ボレー側が速くなりがち

こうなりますよね。

やっぱりボレーが「パーン!」という感じでフラットな当たりになるので、速くなる。

安定感も無いようなボレー、でストローク側も返球出来ない。

これではなかなか、良い練習出来ないですよね。

ボレーを「遅めに打つ」のって、なかなか難しいじゃないですか。

でも、実際の試合だと、どうですか?

少し遅いボレーの方が、自分も構え直せるし、楽になる。

そう思いませんか?

 

4.リズムを意識して、ボレー対ストロークを

ぜひ、ここをみなさんも意識してみて下さい。

パン、パーン、という感じで、ボレー側の打つボールが遅い。

ストローク側がしっかり振り切ってスピン、ネットから離れた位置、サービスラインの一歩内側くらいからスライスのボレーで返球する。

こういうラリーのリズム、が身に付いていると、試合でもミスが減ります。

何より、お互いに守備と攻撃出来るし、良い練習が出来る。

ボレー側が速いだけの練習は、練習ではなく自己満。

試合向きのリズム、に変えていきましょう!

 

上手い人同士のラリー、打ち方よりもリズムを良く見てみましょう。

苦しければ遅めのボールを返球する、スライスの回転量を上げる。

こういう小さい変化が、アナタ自身を強くしていくはずです。

テニススクールでのボレー対ストロークのラリー、続かないという方はぜひ、参考にしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習

    ダブルスの試合、前衛と後衛がめまぐるしく入れ替わる。これが硬式…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う

    読者の皆さんは、色々な環境でテニスを頑張って練習しているかと思います。…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のダブルスゲーム形式をやってみよう!

    「なかなか前衛が活躍出来ない、攻撃の形が無い」と悩んでいるチー…

  4. 練習メニュー

    試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い

    テニスの練習、部活やチーム、サークルで頑張っている皆さんは多いと思いま…

  5. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    「慣れない技術に積極的にチャレンジする」ために、ポイント練習を工夫する方法とは?

    普段の部活や練習の中で、「ポイント練習」をする機会も多いと思います。…

  6. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です

    「良い練習」とは、どんな練習なのか。それは、チームで共通認識が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります
  2. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!
  3. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点を知れば、楽に攻撃出来…
PAGE TOP