テニス ダブルス

練習メニュー

ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう

ボレー対ストローク、のリズム。

これがしっかり身に付いていると、試合でも強いし質が高い練習が出来る。

中上級のクラス、の練習ではこの形がベースになりますからね。

ただラリー出来る、だけじゃ物足りない。

しっかり、速さと遅さ、両方でコントロール出来るようにしておかないといけませんね。

 

ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう

 

1.同じスピード、で良いと思う?

みなさん、どうでしょう?

イメージしてみて下さい。

ボレー対ストローク、でのラリー。

上手い人同士のラリーになると、ストローク側の選手の方がボールの速度が速い。

ボレー側の選手の方が、少し遅い。

これにはちゃんと、理由があります。

まず回転の質、ですね。

ボレー側の選手はスライス回転、になりますから球速が遅めになるのが自然。

それに、そうしないと「戻る時間」が無いですからね。

 

2.構え直しが忙しいのは、ボレー側の選手

これも個人差があると思いますが、ボレー側の選手が構え直す、ことがしっかり良いラリーを続けるポイント。

ストローク側の選手に振られても、態勢を立て直せる。

相手が打つ瞬間には、しっかりスプリットステップを踏んで良いポジションに立てる。

これが、しっかり出来るかどうか。

きっと、ボレー側が速いボールを打っている限り、厳しいと思うんですよね。

リズム、球速って、すごく大事です。

 

3.初心者の方は、ボレー側が速くなりがち

こうなりますよね。

やっぱりボレーが「パーン!」という感じでフラットな当たりになるので、速くなる。

安定感も無いようなボレー、でストローク側も返球出来ない。

これではなかなか、良い練習出来ないですよね。

ボレーを「遅めに打つ」のって、なかなか難しいじゃないですか。

でも、実際の試合だと、どうですか?

少し遅いボレーの方が、自分も構え直せるし、楽になる。

そう思いませんか?

 

4.リズムを意識して、ボレー対ストロークを

ぜひ、ここをみなさんも意識してみて下さい。

パン、パーン、という感じで、ボレー側の打つボールが遅い。

ストローク側がしっかり振り切ってスピン、ネットから離れた位置、サービスラインの一歩内側くらいからスライスのボレーで返球する。

こういうラリーのリズム、が身に付いていると、試合でもミスが減ります。

何より、お互いに守備と攻撃出来るし、良い練習が出来る。

ボレー側が速いだけの練習は、練習ではなく自己満。

試合向きのリズム、に変えていきましょう!

 

上手い人同士のラリー、打ち方よりもリズムを良く見てみましょう。

苦しければ遅めのボールを返球する、スライスの回転量を上げる。

こういう小さい変化が、アナタ自身を強くしていくはずです。

テニススクールでのボレー対ストロークのラリー、続かないという方はぜひ、参考にしてみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス

    練習メニュー

    ダブルスのボレーボレーの中からポーチに出る!為に、効果的な練習メニュー

    今回は、参考となる動画を元に練習メニューをピックアップ。ネット…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う

    読者の皆さんは、色々な環境でテニスを頑張って練習しているかと思います。…

  3. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー

    ダブルスの試合、並行陣が上手い相手は本当に厄介。まず、止めるべ…

  4. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    テニスのタッチプレーを、ゲーム感覚で練習する方法

    テニスの試合で必要な、タッチプレー。「本当に必要?」と思ってい…

  5. テニス 準備

    練習メニュー

    「練習の為の練習」しか出来ないテニス選手が、日本には多すぎる

    偉そうに書いても、私もそうでした。結局自己満足なんですよね。…

  6. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない

    毎日の部活やサークル、スクールでの練習。自分自身、「受け身」に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. その他

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、実は「フォアハンド側への連続攻撃」です
  3. メンタル

    「今日はテニスの調子が悪い・・・」と感じたら、試合中に実践したい修正方法について…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識する…
  5. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで
PAGE TOP