テニス メンタル

フットワーク

走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」

「どこに打っても、拾われる気がする・・・」

という人、みなさんの周りにもいませんか?

学生だけでなく、社会人やベテラン、シニアになってもこういう選手との対戦は本当にプレッシャーになりますよね。

でも、私は思います。

足の速さ、にそんなに差はないと思いますよ。

 

走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

 


 

1.足の速さ、差はありません

実際に、かけっこしてみたら良いですよ。

アナタ自身が足が速い、粘りが凄い選手は、直線距離の走力が早い訳じゃない。

もちろん、多少速い人はいるでしょうが、私たちテニス選手はそんなに差はないでしょう。

あるのは、意識の差。

これが、本当に大きいんですよ。

コート上で、試合になったら足が速くなる人。

その正体、をしっかり掴んでおかないと、アナタは一生拾われ続けますよ。

 

2.何より必要な、喰らいついていく意志

とにかく、まずこれが無いと話になりません。

相手のボールに喰らい付く、絶対に自分のコートにバウンドしたボールを、2バウンドさせないような意欲、が大事です。

この強い意志は、走力以上に大きな差がある。

目に見えない、からいつも曖昧にされてしまうんですけどね。

この意志、のベースがあってこそ、の洞察力や観察力、だと思います。

 

3.相手が打つ前に、予測する癖を付ける

これは、日々の練習から。

予測して、動く。

それも、相手が打つ前に動き出すくらいの意識、が大事です。

相手が打ってから走る、はどこかで卒業しないとダメですよ。

テニスは、相手が打つ前に、先に動いて良い、フライングOKな種目ですから。

予測して先に動く。

とにかく、ここを課題に頑張れるかどうか。

そして、もっと言えば「流れを変える走り」という感覚、も大事です。

 

4.絶対に取りたいポイントでは、意図的にギアを上げて走り切ろう

とはいえ、体力にも限りがあります。

私自身も、ベテランの域に入ってきて、全ポイントを予測しても、完全に走り切るのは厳しい。

だったら、本当に「ここぞ」というポイントでは、走る準備をする。

絶対に、相手にボールを追う姿勢を見せつけるんだ、という気持ちで入ることが大事。

走力に差はない、でも走り勝ち出来る選手はこういうメリハリ、の作り方も上手いんですよね。

絶対に取りたいポイント、での走りって、更にギアを上げている。

まずは、アナタ自身「走りを変える」ことを意識してみて下さい。

 

試合が動くときって、こうやって「走り」で魅せる時。

観客や応援も一気に盛り上がりますしね。

走力の差はない、だけど、フットワークに対する意識と意欲の差、は果てしなく大きい。

アナタ自身、埋めるべきはこの意識と意欲、でしょう。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    「スライス慣れ」していない選手は、完全にバレている

    試合の中で、「この相手、スライス苦手だな・・・」と分かるとき。…

  2. テニス ストローク
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

    実際の試合で、後半に強い人は結果も出しやすい。しぶとい人、選手…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    「踏み込む着地は踵から」を意識するとテニスは劇的に上達する!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと

    縦ポーチ。この武器を、T-PRESSを読んでいるみなさんには、…

  6. フットワーク

    浅いチャンスボール、を逃さないフットワークとは?

    相手の浅いボール、が自分のコートにバウンドする。本来チャンスな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ダブルス用サーブ」を考えると、必要な要素が見えてきませんか?…
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?
  4. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアッ…
  5. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に
PAGE TOP