テニス メンタル

フットワーク

走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

「なぜ、あの人はあんなに走れるのか・・・」

「どこに打っても、拾われる気がする・・・」

という人、みなさんの周りにもいませんか?

学生だけでなく、社会人やベテラン、シニアになってもこういう選手との対戦は本当にプレッシャーになりますよね。

でも、私は思います。

足の速さ、にそんなに差はないと思いますよ。

 

走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い

 


 

1.足の速さ、差はありません

実際に、かけっこしてみたら良いですよ。

アナタ自身が足が速い、粘りが凄い選手は、直線距離の走力が早い訳じゃない。

もちろん、多少速い人はいるでしょうが、私たちテニス選手はそんなに差はないでしょう。

あるのは、意識の差。

これが、本当に大きいんですよ。

コート上で、試合になったら足が速くなる人。

その正体、をしっかり掴んでおかないと、アナタは一生拾われ続けますよ。

 

2.何より必要な、喰らいついていく意志

とにかく、まずこれが無いと話になりません。

相手のボールに喰らい付く、絶対に自分のコートにバウンドしたボールを、2バウンドさせないような意欲、が大事です。

この強い意志は、走力以上に大きな差がある。

目に見えない、からいつも曖昧にされてしまうんですけどね。

この意志、のベースがあってこそ、の洞察力や観察力、だと思います。

 

3.相手が打つ前に、予測する癖を付ける

これは、日々の練習から。

予測して、動く。

それも、相手が打つ前に動き出すくらいの意識、が大事です。

相手が打ってから走る、はどこかで卒業しないとダメですよ。

テニスは、相手が打つ前に、先に動いて良い、フライングOKな種目ですから。

予測して先に動く。

とにかく、ここを課題に頑張れるかどうか。

そして、もっと言えば「流れを変える走り」という感覚、も大事です。

 

4.絶対に取りたいポイントでは、意図的にギアを上げて走り切ろう

とはいえ、体力にも限りがあります。

私自身も、ベテランの域に入ってきて、全ポイントを予測しても、完全に走り切るのは厳しい。

だったら、本当に「ここぞ」というポイントでは、走る準備をする。

絶対に、相手にボールを追う姿勢を見せつけるんだ、という気持ちで入ることが大事。

走力に差はない、でも走り勝ち出来る選手はこういうメリハリ、の作り方も上手いんですよね。

絶対に取りたいポイント、での走りって、更にギアを上げている。

まずは、アナタ自身「走りを変える」ことを意識してみて下さい。

 

試合が動くときって、こうやって「走り」で魅せる時。

観客や応援も一気に盛り上がりますしね。

走力の差はない、だけど、フットワークに対する意識と意欲の差、は果てしなく大きい。

アナタ自身、埋めるべきはこの意識と意欲、でしょう。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス リターン

    フットワーク

    「まず準備!」テニスに必要な素早い横向きの意識を身に付ける為に

    テニスはスウィングスポーツである。道具を使って、スウィングして…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    なぜ、テニスではサイドステップを使うんだろう?

    テニスを続けていると、何となく続けているサイドステップ。これ、…

  4. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  5. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリッ…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    遠くのボールを追う時に、小さい声を出した方が少しだけ腕は伸びる

    プロ選手の試合を観ていると、細かい息遣いも聞こえて来ますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合の序盤のファストサーブは、「コース狙いのセカンドサーブ」で
  2. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?
  4. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー…
  5. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?
PAGE TOP