テニス リターン

フットワーク

テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

フットワークが鋭い、そう、速いのではなく鋭い選手がいる。

それはまさに瞬間移動するかのような、本当に優れたフットワークを持っている選手は強い。

ただ動くのが速いというだけでなく、打点に入るのが速い。

この速さは、どうやって身に付ければ良いのでしょうか?

 

テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

 


 

1.素早く打点を見つけるには、どうすれば良い?

速く動く為にも、速く打点を見つけないといけない。

この素早く見つける力は、一朝一夕には身に付きません。

練習から常に、意識を高く持ってトレーニングしていかないといけない。

そう、ただボールを良い感じで打ち返しているだけで満足していてはダメ。

0.1秒でも速く、打点に入る意識を強く持たないといけないのです。

 

2.速く打点に入ること、こそ最大の武器になる

速く打点に入ることが、何が良いのか。

まずは、素早く構えた状態を相手に見せることが出来るから。

速く動けば打点も高く、保てますよね。

構えた状態を観た相手は、アナタがどこに打って来るのか分からない、分からないから足が止まる。

どんなに鋭いショットでも、それが読まれていては意味が無いし拾われてしまう。

最大の武器は、何より速く打点に入るフットワークにあるのです。

 

3.予測力、判断力、の組み合わせでフットワークは決まる

まずは予測、もテニスの試合では大事。

テニスのショットに、偶然は無い。

相手も人間で、ある程度限られた選択肢の中からショットを打ってくる。

しっかり予測が出来れば、まず1歩目が速くなり、確実にフットワークはスムーズになるでしょう。

そこからは、細かい判断力。

相手が打ったボールがネットを越える前に、バウンド後の適切な判断が出来るかどうか。

回転量、バウンド後の伸びまで、全て細かく計算しながら動く、ことを意識していきましょう!

 

フットワークは、つい脚力のトレーニングで向上出来ると思いがち。

もちろん脚力は大事ですが、それ以上に大事なこと。

それは、しっかり頭を使うということ。

テニスというスポーツでは、フライングもOKだし思い切ったヤマ張りも使える。

ただし、練習から本気で試行錯誤している選手のみ、それをフットワークに活かせる。

ぜひ、アナタも意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に!

    皆さんは、練習は毎日同じコートでも、試合は異なるはず。いや、練…

  2. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

    テニスでは、自分が打ったら次は相手。つまり、自分が2回連続でボ…

  3. テニス チャンス
  4. テニス ストローク
  5. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

    試合で走りながら、自分が打つコースを考える。これが、ちゃんと出…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    なぜ、テニスではサイドステップを使うんだろう?

    テニスを続けていると、何となく続けているサイドステップ。これ、…

特集記事

  1. テニス 予測

    その他

    「相手の打つコースが読めない…」と悩む人は、消去法を使うとテニスの試合での決断力…
  2. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉
  3. テニス知識

    大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣でも並行陣でも、「後衛を信じてポーチに飛び込んでいく」勇気が前衛には必要で…
PAGE TOP