テニス リターン

フットワーク

テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

フットワークが鋭い、そう、速いのではなく鋭い選手がいる。

それはまさに瞬間移動するかのような、本当に優れたフットワークを持っている選手は強い。

ただ動くのが速いというだけでなく、打点に入るのが速い。

この速さは、どうやって身に付ければ良いのでしょうか?

 

テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

 


 

1.素早く打点を見つけるには、どうすれば良い?

速く動く為にも、速く打点を見つけないといけない。

この素早く見つける力は、一朝一夕には身に付きません。

練習から常に、意識を高く持ってトレーニングしていかないといけない。

そう、ただボールを良い感じで打ち返しているだけで満足していてはダメ。

0.1秒でも速く、打点に入る意識を強く持たないといけないのです。

 

2.速く打点に入ること、こそ最大の武器になる

速く打点に入ることが、何が良いのか。

まずは、素早く構えた状態を相手に見せることが出来るから。

速く動けば打点も高く、保てますよね。

構えた状態を観た相手は、アナタがどこに打って来るのか分からない、分からないから足が止まる。

どんなに鋭いショットでも、それが読まれていては意味が無いし拾われてしまう。

最大の武器は、何より速く打点に入るフットワークにあるのです。

 

3.予測力、判断力、の組み合わせでフットワークは決まる

まずは予測、もテニスの試合では大事。

テニスのショットに、偶然は無い。

相手も人間で、ある程度限られた選択肢の中からショットを打ってくる。

しっかり予測が出来れば、まず1歩目が速くなり、確実にフットワークはスムーズになるでしょう。

そこからは、細かい判断力。

相手が打ったボールがネットを越える前に、バウンド後の適切な判断が出来るかどうか。

回転量、バウンド後の伸びまで、全て細かく計算しながら動く、ことを意識していきましょう!

 

フットワークは、つい脚力のトレーニングで向上出来ると思いがち。

もちろん脚力は大事ですが、それ以上に大事なこと。

それは、しっかり頭を使うということ。

テニスというスポーツでは、フライングもOKだし思い切ったヤマ張りも使える。

ただし、練習から本気で試行錯誤している選手のみ、それをフットワークに活かせる。

ぜひ、アナタも意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 前衛

    フットワーク

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い

    テニス選手ならスプリットステップ、しっかり出来ないと辛い。上の…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合でスタミナが切れたときに、最初に止まるのは足ではなく思考

    試合で疲れて、足が止まってしまう・・・。練習でも同じようなこと…

  3. テニス ボレー

    フットワーク

    「踏み込む着地は踵から」を意識するとテニスは劇的に上達する!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  4. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリッ…

  5. フットワーク

    速いボールをボレー、スプリットステップのコツ

    相手の速い攻撃に、押されてしまう。反応出来ないし、いつも後手後…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢

    強い選手は、姿勢がぶれない。特に打った後、じゃないですかね。…

特集記事

  1. その他

    西岡選手を応援したくなる、その理由
  2. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおいて延長戦は、他種目以上に日常茶飯事です
  4. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?
  5. 戦術

    チャンスボールを打ち込むのが苦手な方、意識したい5つのポイント
PAGE TOP