サーブ

シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?

ワイドへのサーブが得意な人、はぜひ狙って欲しいのがサーブ&ボレー。

相手を追い出して、あとは決めるだけ・・・でも、このショットが難しいんですよ。

私なら、相手の特徴に合わせて少しだけ変えていきます。

これが出来る人は、無理なくコースを狙えるはず。

シングルスの試合、相手は一人ですから慌てないで良いですよ。

 

シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?

 


 

1.相手を追い出す、そこまでは計算内で

これで喜んでいたら、ダメ。

相手をしっかりとワイドに走らせて、シングルスラインの外側くらいまで押し出す、のは朝飯前。

くらいの感覚が大事ですよ。

この場面、相手は必死で時間を作ってくるような返球、を仕掛けてくるはずですから。

だからこそ、ネットに出て時間を奪う。

山なりな返球を許さない、という姿勢で、ワイドへのサーブと一緒にプレッシャーをかけていく。

この意識を大事にしてみて下さい。

 

2.打つコースは、基本はオープンスペース

相手が普通にリターンして来るとき、は簡単です。

とにかく、オープンスペースに打つ。

相手のリターンがある程度スピードがある時は、コートカバーの時間が無いですから。

普通にオープンスペースに展開して、かなり優位に立てるでしょう。

厳しいリターンが来ても、慌てず相手を走らせるくらい、山なりなボレーで良いと思いますよ。

ラケット面をしっかりと作って、丁寧にボールを運ぶ意識が大事ですね。

 

3.相手がゆっくり、時間を作ってきたら・・・?

これが難しい場面、ですよね。

ワイドへのサーブで相手を追い出したけど、スライスで凌がれて山なりなボールで返球して来る。

こういう時には、どういうボレーが効果的でしょうか?

まず意識したいのは、相手は「守備の意識」がかなり強くなっているということ。

下がって、次のアナタの攻撃に備えている。

そんなときは、難しいかも知れませんが浅いボレー、が私は効果的だと思います。

ドロップボレー、ネットから少し遠い位置ですが狙っていきましょう。

相手がベースラインより後ろにいたら、それだけで十分に効果的です。

 

4.相手の性格、をしっかり把握してプレーしよう

ワイドへの厳しいサーブ、のような場面、では性格が出ます。

無理して打って来るのか、しっかりスライスで粘ろうとしてくるのか。

この差って、結構大きいですよ。

アナタ自身が前に出ることで、よりその性格は鮮明になるはず。

だからこそ、やってみる価値があるんです。

ワイドに打つ、だけじゃテニスは決まらない。

どんな良いサーブ、活かすも殺すもその次のプレー次第です。

 

ワイドへのサーブと、ボレーのコースを組み合わせる。

これが出来る人、はシングルスでも強い。

それも、相手に合わせて・・・ですね。

ただオープンコートだけ、だと辛いですから。

前を使う、または逆を突く、というプレーもぜひ意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味

    全仏オープンでも感じましたが、私たちの試合でも必要なこと。それ…

  2. サーブ

    セカンドサーブは、打ち上げる感覚で

    セカンドサーブが安定しない人。こういう方は、まず軌道がおかしい…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に

    テニスのゲームはサーブ・レシーブの形からスタートする。だからス…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しましょう

    試合に強い選手は、数字に強い。試合内容で自分が把握している数字…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    自分のセカンドサーブに悩んでいる人は、「セカンドサーブの合格点」を試合前に決めておこう!

    セカンドサーブ、に悩んでいる人は多い。私なんかも、今でもそうで…

  6. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は絶対に必要です

    攻撃的なリターンは、しっかり前に踏み込んでライジングで捕えることが、も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント
  2. 戦術

    アナタのテニスウェアは、相手にどう見られているだろう?
  3. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?
  4. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの…
PAGE TOP