サーブ

シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?

ワイドへのサーブが得意な人、はぜひ狙って欲しいのがサーブ&ボレー。

相手を追い出して、あとは決めるだけ・・・でも、このショットが難しいんですよ。

私なら、相手の特徴に合わせて少しだけ変えていきます。

これが出来る人は、無理なくコースを狙えるはず。

シングルスの試合、相手は一人ですから慌てないで良いですよ。

 

シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?

 

1.相手を追い出す、そこまでは計算内で

これで喜んでいたら、ダメ。

相手をしっかりとワイドに走らせて、シングルスラインの外側くらいまで押し出す、のは朝飯前。

くらいの感覚が大事ですよ。

この場面、相手は必死で時間を作ってくるような返球、を仕掛けてくるはずですから。

だからこそ、ネットに出て時間を奪う。

山なりな返球を許さない、という姿勢で、ワイドへのサーブと一緒にプレッシャーをかけていく。

この意識を大事にしてみて下さい。

 

2.打つコースは、基本はオープンスペース

相手が普通にリターンして来るとき、は簡単です。

とにかく、オープンスペースに打つ。

相手のリターンがある程度スピードがある時は、コートカバーの時間が無いですから。

普通にオープンスペースに展開して、かなり優位に立てるでしょう。

厳しいリターンが来ても、慌てず相手を走らせるくらい、山なりなボレーで良いと思いますよ。

ラケット面をしっかりと作って、丁寧にボールを運ぶ意識が大事ですね。

 

3.相手がゆっくり、時間を作ってきたら・・・?

これが難しい場面、ですよね。

ワイドへのサーブで相手を追い出したけど、スライスで凌がれて山なりなボールで返球して来る。

こういう時には、どういうボレーが効果的でしょうか?

まず意識したいのは、相手は「守備の意識」がかなり強くなっているということ。

下がって、次のアナタの攻撃に備えている。

そんなときは、難しいかも知れませんが浅いボレー、が私は効果的だと思います。

ドロップボレー、ネットから少し遠い位置ですが狙っていきましょう。

相手がベースラインより後ろにいたら、それだけで十分に効果的です。

 

4.相手の性格、をしっかり把握してプレーしよう

ワイドへの厳しいサーブ、のような場面、では性格が出ます。

無理して打って来るのか、しっかりスライスで粘ろうとしてくるのか。

この差って、結構大きいですよ。

アナタ自身が前に出ることで、よりその性格は鮮明になるはず。

だからこそ、やってみる価値があるんです。

ワイドに打つ、だけじゃテニスは決まらない。

どんな良いサーブ、活かすも殺すもその次のプレー次第です。

 

ワイドへのサーブと、ボレーのコースを組み合わせる。

これが出来る人、はシングルスでも強い。

それも、相手に合わせて・・・ですね。

ただオープンコートだけ、だと辛いですから。

前を使う、または逆を突く、というプレーもぜひ意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている気がします

    サーブに皆さん、どの程度力を使っているでしょうか?「大事なショ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「知らずにやってませんか?」見落としがちなテニスのサーブでのNG動作5つ

    テニスの中で唯一、自分の好きなタイミングで打てるサーブ。とは言…

  3. テニス コントロール

    サーブ

    サーブの軌道を安定した山なりにするには、「身体が伸び切る前の打点」で捕らえてみよう!

    私自身、一番苦労して今でも試行錯誤な技術・・・それは、サーブ。…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!

    サーブはルーティン動作。同じ動作を繰り返すから安定するし、精神…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

    セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から余計入らなくなる

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、陥る共通の問題があります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合は、「イーブンペースでの進行」で全く問題無い
  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になると思う
  3. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる
  4. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスのセルフジャッジの試合では、「いかに冷静さを保つか」が勝利のカギを握ります…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心…
PAGE TOP