テニス 読書

その他

その瞬間、瞬間を必死に戦えば、同じような場面でいずれ余裕が出てくるはず

きっと、上達を感じられる時ってこんなとき。

なかなか、自分の上達って確認できないじゃないですか、テニスって。

タイムや長さのように、明確な数値で自己新記録が出る訳でもないですからね。

だからこそ、こういう感覚を大事にして欲しいんです。

毎回、その場で頑張って出し切っているからこそ、見えてくるのが余裕です。

 

その瞬間、瞬間を必死に戦えば、同じような場面でいずれ余裕が出てくるはず

 

1.試合の中で、どこかで欲しいのが「余裕」

なかなか、試合の中で持てないもの、じゃないでしょうか。

でも、長く試合に出続けていると、どこかで「今は少しだけ、余裕があるかも」と思えるようになる。

これって、きっと何回か似たような場面を経験したり、必死で乗り越えてきたからなんですよ。

もちろん、相手も強くなってくるのがテニスですが、それでも経験からくる余裕、というのは誰でも身に付くはず。

ただし、その場、その場を必死で頑張ってきた人にだけ、です。

 

2.成長した証は、「何となく楽になったかも」で良い

私も、これを感じれる時には試合に勝てるようになってきた実感、がありました。

前まで必死だったことが、少し余裕が出て来る。

例えば相手から厳しいスマッシュを打たれても、どこかで余裕を持ってロブで対応できるようになる。

足元にボレーを打たれても、落ち着いて1本返せるようになる。

前までは必死で対応していたことが、少しだけ周りが見えて自信が出て来る、時ってみなさん無いですか?

必死で練習、試合をしていれば、きっとあるはずですよ。

 

3.成長を実感したら、すぐにノートに書いておこう

こういう記録、が大事なんです。

書いたことは、また脳裏に刻まれて、自信になる。

ちょっとしたことで良いんです。

今まで苦労していたことが、少し楽にできるようになったと感じたら、書き留めておく。

なぜかといえば、きっとその楽になったのには長い努力の要因があるからなんです。

積み重ねてきたもの、がいきなりパッと、形になって気付くタイミングがあるんです、テニスには。

これがあるから、止められないんですよね。

 

4.上達した証を残せる人は、テニスも継続出来る

だって、上手くなっていかないとしんどいじゃないですか。

でもテニスは対戦相手との戦いですので、どうしても負け試合も増える、自信も無くなる。

ゴルフのようにスコアがある訳じゃないし、マラソンのようにタイムがある訳じゃない。

自分が上手くなったかどうかの証は、自分で気付いて残していくしかないんです。

こういう気付きが増えると、テニスノートを書くのも楽しくなりますから。

そうなったら、もうアナタ自身の成長は誰も止められないはずです。

 

昔やっていたこと、難しかったことが簡単になる。

簡単に・・・とまでいかなくても、相手を見れるようになったりしますよね。

これこそ、大事な成長、ですから。

アナタ自身、2年前の自分と比べてみて下さい。

何を、落ち着いて出来るようになりましたか?

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. その他

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来

    ウィンブルドンとワールドカップ、同じ時期に開催されると面倒くさい。…

  2. その他

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「ボールを打っていない時間」こそ大事にしたい

    学生の方でも、社会人の方でも、テニススクールに通っている方は少なくない…

  3. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差になります

    テニスの試合で反応が良い選手、予測が鋭い選手、試合で強いですよね。…

  4. テニス 練習

    その他

    出来るようになるを待つのではなく、出来ない技術こそ試合の表舞台に立たせてみることが大事

    これも繰り返し書いてきたことで、正直言い方を変えているだけ、です。…

  5. その他

    「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける

    巨大な地震と津波が日本列島を襲った時。都内でも震度5を記録。…

  6. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニス

    テニスには所属や肩書きが付くケースが多い。名門サークルに、名門…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイ…
  2. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと
  4. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大
  5. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可…
PAGE TOP