テニス 団体戦

ダブルス

ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。

ポイント間でもよくある光景、ですよね。

でも、みなさんこのとき、何について話してますか?

つい、自分たちのことばかり・・・になってはいませんか?

 

ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

 

1.自分たちのことについて話すのは、試合前でOK

むしろ、試合前に終わらせておきましょう。

試合中に自分たちで話すことは、確認程度で良い。

むしろ、確認くらいで良い状態にしていおかないと、それは準備不足ですよ。

初めて組むようなペアでしたら、難しい場面もあるでしょうが、ある程度組んで来たペアなら試合前にしっかり戦術や戦い方は話していく。

試合中には確認だけ、その分空いた時間で対戦相手について話すことが大事。

相手に応じて、自分たちがどう戦うか、ですからね。

 

2.相手について、小さい事実から確認していこう

当たり前、と思っているようなこと、に実はパートナーは気付いていない。

こういうことが、ダブルスの試合だとよくあります。

「あの人、左利きだよね」

「バックハンドは、スライスしか打たないね」

「ファーストサーブ速いけど、セカンドは遅いね・・・」

みたいなこと、で良いんです。

そこから、ポジションを変えたり狙いを絞ったり、色々出来るじゃないですか。

気付いたこと、相手について感じたことはとにかく話す。

そして、2人での共通認識を増やしていくことが大事、なんです。

 

3.自分たちについて話しても、ネガティブ思考になるだけ

じゃないですか?

自分たちのテニス、について話しても、それは出来の話になっていく。

調子が悪い、どうにか助けて欲しいみたいな話になってしまうと思うんですよ。

そんな経験、ありませんか?

相手について話しているのであれば、客観的な視点が持ててリラックス出来る。

自分たちの調子なんて、正直どうでも良い。

というか、何とかするしかないですから。

 

4.相手のチェックポイント、は限られている

まずは、サーブとリターン。

この傾向さえつかめれば、何とかなります。

とにかく相手の癖を見抜くこと、セカンドサーブの深さ、に応じてポジションを決めること。

リターン側の能力と比較して、「押していける」と思ったら前衛がどんどん動くべきでしょう。

それから、メンタル面というか性格ですね。

相手がそれぞれ、どういう性格なのか、を探ってみる。

追い込んで無理するタイプなのか、確実にコツコツ返球するようなタイプなのか、を意識してみる。

それだけで、かなり試合は戦いやすくなるはずですよ。

 

対戦相手、についてしっかり記憶に残っている人。

こういう人はよく相手を見ているし、同じ相手との再戦にも強い。

相手に興味関心が無くて、ただ自分たちがいっぱいいっぱいなだけ・・・のペアは、ずっと負け続けるだけ。

この差って、実力じゃない。

ペアでの会話、ぜひ意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る

    ダブルスの試合で、流れを大きく動かすのはやはりポーチ。前衛の動…

  2. テニス

    ダブルス

    いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

    ダブルスの試合で、決定力が無いと感じているとなかなか前衛でも動けない。…

  3. ダブルス

    打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

    ダブルスの試合をしていて、「このペア、強いな・・・」と感じる時。…

  4. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線

    最近の男子ダブルス、学生や一般のトップレベルの試合を観て、感じること。…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「相手サーバーがダブルフォルトが多い」ときには、ストレートの前衛を狙ってみる

    ダブルスの試合で、どうも相手のサーブの調子が悪そう。ここは一気…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で、後衛の選手は「フォアハンドで前衛の後ろをカバー出来る」サイドは、攻撃的にいこう!

    ダブルスの試合で、強いペアはカバーリングがスムーズ。前衛の後ろを攻…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備でバッチリ!
  2. その他

    テニスになぜ新しい練習が必要かというと、「新しい自分に気付いて試合で活かす」ため…
  3. 戦術

    試合の中では、難しい場面でこそ「大胆な自分」でいこう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    私たちのテニスのレベルで、「ゾーンに入る」とか、そういう話は一旦止めた方が良い
  5. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケット…
PAGE TOP