テニス 団体戦

ダブルス

ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。

ポイント間でもよくある光景、ですよね。

でも、みなさんこのとき、何について話してますか?

つい、自分たちのことばかり・・・になってはいませんか?

 

ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

 


 

1.自分たちのことについて話すのは、試合前でOK

むしろ、試合前に終わらせておきましょう。

試合中に自分たちで話すことは、確認程度で良い。

むしろ、確認くらいで良い状態にしていおかないと、それは準備不足ですよ。

初めて組むようなペアでしたら、難しい場面もあるでしょうが、ある程度組んで来たペアなら試合前にしっかり戦術や戦い方は話していく。

試合中には確認だけ、その分空いた時間で対戦相手について話すことが大事。

相手に応じて、自分たちがどう戦うか、ですからね。

 

2.相手について、小さい事実から確認していこう

当たり前、と思っているようなこと、に実はパートナーは気付いていない。

こういうことが、ダブルスの試合だとよくあります。

「あの人、左利きだよね」

「バックハンドは、スライスしか打たないね」

「ファーストサーブ速いけど、セカンドは遅いね・・・」

みたいなこと、で良いんです。

そこから、ポジションを変えたり狙いを絞ったり、色々出来るじゃないですか。

気付いたこと、相手について感じたことはとにかく話す。

そして、2人での共通認識を増やしていくことが大事、なんです。

 

3.自分たちについて話しても、ネガティブ思考になるだけ

じゃないですか?

自分たちのテニス、について話しても、それは出来の話になっていく。

調子が悪い、どうにか助けて欲しいみたいな話になってしまうと思うんですよ。

そんな経験、ありませんか?

相手について話しているのであれば、客観的な視点が持ててリラックス出来る。

自分たちの調子なんて、正直どうでも良い。

というか、何とかするしかないですから。

 

4.相手のチェックポイント、は限られている

まずは、サーブとリターン。

この傾向さえつかめれば、何とかなります。

とにかく相手の癖を見抜くこと、セカンドサーブの深さ、に応じてポジションを決めること。

リターン側の能力と比較して、「押していける」と思ったら前衛がどんどん動くべきでしょう。

それから、メンタル面というか性格ですね。

相手がそれぞれ、どういう性格なのか、を探ってみる。

追い込んで無理するタイプなのか、確実にコツコツ返球するようなタイプなのか、を意識してみる。

それだけで、かなり試合は戦いやすくなるはずですよ。

 

対戦相手、についてしっかり記憶に残っている人。

こういう人はよく相手を見ているし、同じ相手との再戦にも強い。

相手に興味関心が無くて、ただ自分たちがいっぱいいっぱいなだけ・・・のペアは、ずっと負け続けるだけ。

この差って、実力じゃない。

ペアでの会話、ぜひ意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる

    「次のサーブは、センターに打つね」この声掛けだけ、で良いんです…

  2. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

    ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい…

  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    試合で勝てるダブルス選手の、サーブ&ボレーの考え方5つ

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーを使う方も多いと思います。でもそ…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

    ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。でも打つのは、ア…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの早い展開で使えるボレーは、「打ち終わりが高い位置で終わるボレー」に限る

    ダブルスの試合で、ボレー戦になる・・・ときに、皆さんポイントしっかり取…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「客観的に観れば誰か一人が仕切っている」試合が多い

    ダブルスの試合、4人の雰囲気を観ていると面白い。ゲームメーカー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    ミックスで女性に打てない男子、覚悟が足りない
  2. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽
  3. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない
  4. テニス 客観視

    戦術

    教わって来たことの逆、にこそ活路がある
  5. テニス サイト

    ストローク

    ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?
PAGE TOP