ロブ

スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

相手のスマッシュを、ロブで返球する。

こういう技術って、ちゃんとした試合では最初のウォーミングアップでも必要ですよね。

相手のスマッシュを、恐れないでしっかりロブ、で返球してラリーできますか?

これが出来るようになると、試合で上手く粘ることもできる。

ちょっとしたコツ、を意識してみて下さい。

 

スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

 


 

1.まず、スマッシュを恐れない

しっかりベースラインから2歩下がる。

そのポジション、でボールを待てれば、何も恐れることはありません。

少しでもビビってしまうような精神状態だと、相手のスマッシュは返球出来ない。

しっかり、恐れずにボールを見るということ。

それからコートでの着地点を確認して、自分のところにはどの辺りに飛んでくるのかを予測する。

この姿勢、がまずは基本です。

 

2.ボレーのグリップで、ボレーの感覚で

しっかりと、ボレーのグリップで待つこと。

そして、コツンと当てるようにして、山なりな軌道で打つ、スライス回転をかける。

ボールの下ではなく、横を打つようなイメージだとすごく良いロブが上がります。

下をこする、のではなく、ラケットの先を上に向けてボールの横を打つような感覚で。

でも山なりのロブにしないといけないので、少しだけ斜め下、を触るようなイメージで。

グリップをしっかり出来れば、ある程度早いスマッシュでも大丈夫です。

 

3.スタンス広めのスプリットステップで待つ

しっかり、相手が打つ前にスプリットステップ。

それも、スマッシュに対する反応ですので、足の幅を広めにして守備範囲を拡げる。

重心も低くするイメージだと、すごく良い反応が出来ると思いますよ。

リラックスして、自分の手の届く範囲には良い反応が出来るように。

いつもよりも、深いスプリットステップを意識してみましょう。

 

4.ボールを引き付ける意識、を持つ

先ほども書きましたが、スマッシュを恐れているとついボールに当てにいってしまう。

そうじゃなくて、自分の間に引き付ける、呼び込むような意識、が大事です。

ボールを引き付けるようにして、自分の間にもっていけるように。

スマッシュも必ず、自分の手元に来るころには失速していますから。

ボールを引き付けて、速く小さなテイクバック、で準備して待ちましょう。

もちろん、ボレーの感覚で。

 

5.前に押して上に上げる、感覚を持とう

ボールを打つ、という感じだとなかなか上手くいかないでしょう。

良いラケット面、を作って、押し出していく。

この押し込む感じで、良いロブが上がると思いますよ。

コツとしては、打点よりも少し上から入る感じ、で良いと思います。

上から抑えて、ボールを上に飛ばす。

そのラケット面の感覚、をぜひ養ってみて下さい。

 

きっと、アナタ自身で自身が芽生えれば、大丈夫。

ビビっている自分を卒業して、次の段階にいきましょう。

相手のスマッシュをコントロールできるようになれば、試合でもとても使える武器になります。

何より、相手の自信をへし折れますからね。

ぜひ、意識して普段からスマッシュ対ロブ、のラリー練習を取り入れてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    走らされた後のロブ、の深さが大事

    相手に走らされた後に、正確にロブを上げる。この渋い技術が、いか…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

    相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。ネットプレ…

  4. ロブ

    ロブの精度の見極め、職人技にまで極めよう

    自分、または自分のパートナーが打ったロブ。このロブが、良いのか…

  5. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  6. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

    ミックスダブルスの試合に出ている方は、これを決めておきましょう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに
  2. テニス 練習

    その他

    「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合で格上選手を相手にするとき、中盤に感じる「満足感」は最大の敵になる
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    大事な場面で前衛としてポーチ、心構えで9割が決まる
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する
PAGE TOP