ロブ

スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

相手のスマッシュを、ロブで返球する。

こういう技術って、ちゃんとした試合では最初のウォーミングアップでも必要ですよね。

相手のスマッシュを、恐れないでしっかりロブ、で返球してラリーできますか?

これが出来るようになると、試合で上手く粘ることもできる。

ちょっとしたコツ、を意識してみて下さい。

 

スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

 

1.まず、スマッシュを恐れない

しっかりベースラインから2歩下がる。

そのポジション、でボールを待てれば、何も恐れることはありません。

少しでもビビってしまうような精神状態だと、相手のスマッシュは返球出来ない。

しっかり、恐れずにボールを見るということ。

それからコートでの着地点を確認して、自分のところにはどの辺りに飛んでくるのかを予測する。

この姿勢、がまずは基本です。

 

2.ボレーのグリップで、ボレーの感覚で

しっかりと、ボレーのグリップで待つこと。

そして、コツンと当てるようにして、山なりな軌道で打つ、スライス回転をかける。

ボールの下ではなく、横を打つようなイメージだとすごく良いロブが上がります。

下をこする、のではなく、ラケットの先を上に向けてボールの横を打つような感覚で。

でも山なりのロブにしないといけないので、少しだけ斜め下、を触るようなイメージで。

グリップをしっかり出来れば、ある程度早いスマッシュでも大丈夫です。

 

3.スタンス広めのスプリットステップで待つ

しっかり、相手が打つ前にスプリットステップ。

それも、スマッシュに対する反応ですので、足の幅を広めにして守備範囲を拡げる。

重心も低くするイメージだと、すごく良い反応が出来ると思いますよ。

リラックスして、自分の手の届く範囲には良い反応が出来るように。

いつもよりも、深いスプリットステップを意識してみましょう。

 

4.ボールを引き付ける意識、を持つ

先ほども書きましたが、スマッシュを恐れているとついボールに当てにいってしまう。

そうじゃなくて、自分の間に引き付ける、呼び込むような意識、が大事です。

ボールを引き付けるようにして、自分の間にもっていけるように。

スマッシュも必ず、自分の手元に来るころには失速していますから。

ボールを引き付けて、速く小さなテイクバック、で準備して待ちましょう。

もちろん、ボレーの感覚で。

 

5.前に押して上に上げる、感覚を持とう

ボールを打つ、という感じだとなかなか上手くいかないでしょう。

良いラケット面、を作って、押し出していく。

この押し込む感じで、良いロブが上がると思いますよ。

コツとしては、打点よりも少し上から入る感じ、で良いと思います。

上から抑えて、ボールを上に飛ばす。

そのラケット面の感覚、をぜひ養ってみて下さい。

 

きっと、アナタ自身で自身が芽生えれば、大丈夫。

ビビっている自分を卒業して、次の段階にいきましょう。

相手のスマッシュをコントロールできるようになれば、試合でもとても使える武器になります。

何より、相手の自信をへし折れますからね。

ぜひ、意識して普段からスマッシュ対ロブ、のラリー練習を取り入れてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら「つなぎ球」を仕留める態勢で待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  2. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

  3. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

    ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。それは、こういうロ…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、き…

  5. テニス ボレー
  6. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

    ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない
  2. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに
  3. ボレー

    勝てるダブルスのポーチコースは、逆クロスじゃない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に…
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも
PAGE TOP