テニス サーブ

サーブ

深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

これ、実は気付いている方少ないと思います。

「なんで、サーブは回転をかけないといけないの?」

「なんで、あの人のセカンドサーブはいつも安定してるの・・・?」

という疑問。

実はこれ、コートにどういう角度でサーブが着地しているか、がすごく大事なポイントになってるんです。

みなさんも、理想的な角度になるよう練習してみませんか?

 

深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

 

1.安定感のあるサーブって、どんなイメージ?

私のイメージは、コートにほぼ90度、直角に近い感じで着地するイメージです。

プロ選手のセカンドサーブって、すごく回転量が多くて軌道が高い。

でも、サービスライン手前でカクン!と変化して、コートに直角に着地する。

こういうサーブって、本当に安定感がある。

それに、バウンド後もキックしていくのでリターンも攻撃的に出れない。

どうでしょう、威力はともかく、この角度って安定感に非常に影響する。

そうは思いませんか?

 

2.私たちのサーブは、というと・・・?

どこか、コートに並行にスーッと伸びていくようなサーブ。

入射角度で言えば、45度くらいでしょうか。

もっと少ないかもしれませんね。

この角度が少ないほど、ちょっとのずれでオーバーフォルトになる可能性が高い。

コート、地面と並行に飛んでいくようなサーブって、どこに着地するのかも見え辛いじゃないですか。

もしかしたら、ギリギリラインにかかっている・・・ようなサーブでも、フォルトに見えてしまう。

そうなると、ジャッジするのは相手ですからね。

「フォルト!」と言われたら、もうそれまでなんですよね。

 

3.まずは軌道を高くしてみよう!

サーブの回転量をアップすること、は急には難しい。

でも、直線的なサーブを少し山なり、軌道を上げることは出来るはずです。

まずは、ここから。

そしてその次に、しっかり回転をかけてボールを縦に変化させるようなイメージ、で練習してみましょう。

直線的で地面に並行に着地するようなサーブ、では安定は望めない。

まずはその事実、をしっかり認識することが大事です。

 

4.ボールへの回転は、足でかけよう!

何度も書いてきましたが、縦回転は下半身が肝。

腕先だけでどうにかなる、ほどテニスは甘くありません。

しっかりと膝を曲げて、コートをキックするようにジャンプする、これがサーブで回転をかける基本ですから。

何も、力む必要は無いですよ。

高い軌道で、しっかり下半身を使ってボールを下から上に抜いていく。

必要なのは、これだけです。

 

自分のサーブ、コースばかりにこだわっていても確率は上がらない。

コートへの入射角、という視点で見ておくことで、試合で使えるサーブ、に成長させることが出来ると思います。

90度に近く、が理想ですが、まずは直線的なサーブを変えていくこと、からですかね。

女性のみなさんも、ぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス メンタル

    サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ

    サーブの打点って分かってる?それが分かってないと、どこにトスを…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?

    もし、アナタがファーストサーブを改善出来る、とすれば何を変えていけるか…

  4. テニス リターン

    サーブ

    テニスの試合で、セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?

    試合の中で、「セカンドサーブを叩かれる」と心が折れそうになる。…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

    サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

    フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 観察

    戦術

    「自分の中でのコツ」を、一番優先して良いんです
  2. テニス 指導

    メンタル

    なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です
  3. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショッ…
  5. テニス アクセス

    その他

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10
PAGE TOP