テニス サーブ

サーブ

「サーブは軸足でコートをキック!」して着地することで、しっかり縦回転がかかって安定します!

サーブが試合で入らなくなる恐怖、誰でも一度は経験ありますよね。

「どうしようもなく、入らない・・・」ときに頼れるのは、アナタの技術だけです。

中でも「縦の回転量」をしっかりかけることが出来る技術があれば、ボールを山なりにできてしっかりサービスエリアに収まる。

女性の方でも、この機会に下半身を使ったスピンサーブ、身に付けてみませんか?

 

「サーブは軸足でコートをキック!」して着地することで、しっかり縦回転がかかって安定します!

 


 

■試合で打つサーブに欲しいのは、しっかりとした縦回転

「サーブはスピードを出したい!」と思っている、若い男性の方も多いでしょう。

すごく、気持ちは分かります。

でもセカンドサーブになると、途端に弱気で力無いサーブになっていませんか?

欲しいのは、バウンド後に相手に伸びていく縦回転の効いた安定したサーブ。

下半身から、コートを蹴る動きで力を伝えることを意識しましょう。

 

■上半身での調整は、試合の中では危険過ぎる・・・

サーブが入らなくなって負の連鎖、ダブルフォルトが止まらないときは、大抵上半身の調整に意識がいっている。

これでは一度入っても、感覚が掴めていないので安定はしない。

下半身の動きは、何度でも同じ動作を繰り返すのに向いています。

だからこそ、膝を曲げ、前足体重でキック、前足からの着地という基本を徹底しましょう。

 

■サーブは膝を曲げてコートから力をもらい、スタミナは温存

本来、サーブは打った後が大事。

ラリー戦で使う体力も、サーブで使うのはもったいない

下半身をしっかり使えば、サーブはそんなに力の要るショットではありません。

右利きの方であれば、しっかり左足でジャンプ、着地という練習を素振りで行ってみて下さい。

その動作が慣れてきたら、これにラケットを合せていく。

自宅でも出来る練習ですので、ぜひ継続して下さいね。

 

どんな名選手、リターンが凄い選手でも、サーブは必ずワンバウンド後にしか打てない。

であれば、伸びていく力のあるサーブ、欲しいですよね。

オムニコートでも、下半身をしっかり使ったサーブは重たく感じるもの。

この機会に、ぜひセカンドサーブで磨いて実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?

    皆さんに、提案があります。今年こそ、「サーブ改革元年」に一緒に…

  2. テニス ダブルス
  3. サーブ

    サーブ&ボレー相手にパッシング、難しいって

    これから試合の中で、サーブ&ボレーを取り入れていきたいと考え…

  4. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ

    テニスの試合でダブルフォルトが多い人の特徴として、「差」があり過ぎる人…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

    自分のサーブをパワーアップさせたい、と考えているみなさんへ。ま…

特集記事

  1. ダブルス

    男性の前衛に捕まらない、ミックスダブルス術
  2. 戦術

    嫌な流れ、をどう変えるのか?
  3. その他

    サッカー選手のディフェンスに観る、「テニスのプレーにも必要な、相手に抜かれてから…
  4. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
  5. その他

    「上級生について行けば良い」という考えは止めよう
PAGE TOP