テニス サーブ

サーブ

「サーブは軸足でコートをキック!」して着地することで、しっかり縦回転がかかって安定します!

サーブが試合で入らなくなる恐怖、誰でも一度は経験ありますよね。

「どうしようもなく、入らない・・・」ときに頼れるのは、アナタの技術だけです。

中でも「縦の回転量」をしっかりかけることが出来る技術があれば、ボールを山なりにできてしっかりサービスエリアに収まる。

女性の方でも、この機会に下半身を使ったスピンサーブ、身に付けてみませんか?

 

「サーブは軸足でコートをキック!」して着地することで、しっかり縦回転がかかって安定します!

 


 

■試合で打つサーブに欲しいのは、しっかりとした縦回転

「サーブはスピードを出したい!」と思っている、若い男性の方も多いでしょう。

すごく、気持ちは分かります。

でもセカンドサーブになると、途端に弱気で力無いサーブになっていませんか?

欲しいのは、バウンド後に相手に伸びていく縦回転の効いた安定したサーブ。

下半身から、コートを蹴る動きで力を伝えることを意識しましょう。

 

■上半身での調整は、試合の中では危険過ぎる・・・

サーブが入らなくなって負の連鎖、ダブルフォルトが止まらないときは、大抵上半身の調整に意識がいっている。

これでは一度入っても、感覚が掴めていないので安定はしない。

下半身の動きは、何度でも同じ動作を繰り返すのに向いています。

だからこそ、膝を曲げ、前足体重でキック、前足からの着地という基本を徹底しましょう。

 

■サーブは膝を曲げてコートから力をもらい、スタミナは温存

本来、サーブは打った後が大事。

ラリー戦で使う体力も、サーブで使うのはもったいない

下半身をしっかり使えば、サーブはそんなに力の要るショットではありません。

右利きの方であれば、しっかり左足でジャンプ、着地という練習を素振りで行ってみて下さい。

その動作が慣れてきたら、これにラケットを合せていく。

自宅でも出来る練習ですので、ぜひ継続して下さいね。

 

どんな名選手、リターンが凄い選手でも、サーブは必ずワンバウンド後にしか打てない。

であれば、伸びていく力のあるサーブ、欲しいですよね。

オムニコートでも、下半身をしっかり使ったサーブは重たく感じるもの。

この機会に、ぜひセカンドサーブで磨いて実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリッ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

    フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。こ…

  3. テニス サーブ
  4. テニス メンタル

    サーブ

    ファーストサーブでガシャったら、「しっかり間を空けてから」セカンドサーブを振り抜こう

    ファーストサーブが、ガシャった時。皆さん、頭が真っ白になりませ…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4つのコツ

    テニスにおいてダブルスの試合では、センターへのサーブが増えます。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのスライスサーブ」を磨いておいておけば、絶対に有効です

    打てそうで打てない、しっかり練習している人が少ない。その技術の…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
  2. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛のときには、「自分のプレッシャーがどれくらい効いているのか?…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク
PAGE TOP