テニス ボレー

サーブ

「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増します

フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブ。

色々なサーブがありますが、アナタの打っているサーブはどれに当てはまりますか?

フラットサーブと言えども、テニスではボールとガットが当たるときに必ず何かしらの回転がかかる。

その回転で、打球は変化していくことをしっかり認識しましょう。

その為には、自分が打ったボールがどの程度曲がっているのか、しっかり確認しておく必要があります。

 

「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増します

 


 

■自分のサーブについて、徹底的に客観視してみる

皆さんは自分のサーブについて、試合の中でどんな意識を持っているでしょうか?

日本では、「サーブが得意!」と言える人が非常に少ないと言われています。

でもその意識、変えていきたいと思いませんか?

その為には、まず「自分のサーブをしっかり知る」ということが大事。

意外と、サーブは苦手と決めつけて、目を背けてしまっている・・・ことに気付いて下さい。

 

■リバースサーブで無い限り、右利きは左方向に、左利きは右方向にボールは曲がる

サーブは少なからず、横に曲がります。

リバースサーブと呼ばれる独特なシュート回転の打ち方では無い限り、右利きは左方向に、左利きは右方向にボールは曲がるのです。

スピンサーブでも、これは同様です。

深さのコントロールは安定できても、横のコントロールは「曲がり具合」をしっかり把握していないと安定しない。

そして安定させるには、もう一つ、大事なコツがあります。

 

■サーブの軌道、ネット上にしっかり目標を作る

サーブはネットの上のどこを通すか、でコースが決まる。

自分の曲がり具合を確認したら、逆算でネット上のどこを通せばサーブは安定するのか。

もちろんアウトドアコートであれば風の影響もあるでしょうが、基準となる場所をしっかり決めておくことが大事です。

意外とセンターベルトよりも横、相手コートに入ってから曲がっていくサーブが多いことに気付くと思います。

このコツは、ぜひ練習から意識してみて下さい。

 

特にスライスサーブは、横への曲がりが激しい。

その激しさを活かす為には、ネット上でどこを通すかをしっかりイメージしておく。

センターベルトよりも右側から左側へ、左側から右側へ、グッと曲がっていくサーブを練習してみましょう。

きっとスライスサーブに、もっと自信が持てるはずです。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス 環境

    サーブ

    ダブルスの試合で必要な、「フォーメーション用ファーストサーブ」を身につけよう

    ダブルスの試合、Iフォーメーションやチェンジプレー、で相手リターンを揺…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人こそ、しっかり狙う癖を付けよう

    サーブが得意!という人、少ないですよね。特に女性の方は出来れば…

  3. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルスでのサーブ&ボレーヤーは、「相手前衛との戦い」に勝利しなくてはいけない

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーで並行陣を作っていく方、たくさんいると思…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

    サーブでノータッチエースを獲る。テニス選手なら、誰でも憧れるこ…

  6. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

    「サーブは入れるだけ」「サービスエースなんて、試合で出来る訳な…

特集記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    テニスでも何かの問題に出くわすと、人は本性を現す
  2. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件…
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこ…
  5. テニス センス

    メンタル

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです
PAGE TOP