テニス スライス

ボレー

駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ

「こんなの、テニスの基本じゃない」と言いながらも、試合で使える技術。

実はたくさんありますよね。

私はその中でも、「駆け抜けるボレー」は絶対に必要だと思っています。

例えば、ダブルスの試合で使う、前衛のポーチボレー。

みなさん、イメージしながら読んでみて下さい。

 

駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ

 


 

1.相手が打つ瞬間には、止まる!のが基本ですが

ですが、です。

試合の中では、そうじゃない場面もあるでしょう。

例えばダブルスの試合の前衛のポーチボレー。

これは、相手が打っている瞬間にも動いている、センターに向かってネットに詰めているような場面だってあるはず。

こういう時に、丁寧なスプリットステップ、私はいらないと思いますよ。

やるのであれば、相当早く動いておいて、先回りしてステップ、なら分かりますが。

大事なのは、しっかりと相手との距離を詰めて良いポジションに入ること。

その中で、良いボレーだって返球していかないといけない。

結構忙しいですよね。

 

2.走りながらのボレー、ならラケット面作りに徹しよう

ポーチ以外にも、走りながらのボレー、が必要なときはあります。

そんなときには、まずシンプルにラケット面を作る。

腕はほとんど、動かさない。

パワーが相手が打ったボール、からもらうから、その力の向きを変えてあげるだけ。

飛ぶ方向を変えてあげて、あとは前に進む自分の身体全体で少し押してあげる感覚、でしょうか。

ステップしていない分、身体の動きは無理に制御しないで、なすがまま・・・な感じでも良いでしょう。

とにかく、丁寧にラケット面だけ作って、ボレーしていく。

身体は流れても、インパクト面だけは丁寧に、を意識してみて下さい。

 

3.お手本は、文字通りサッカーの「ボレーシュート」

私は、これをイメージしています。

サッカーの試合で見る、ダイナミックなボレーシュート。

これも、実はテニスに通ずるものがあると私は思っています。

プロサッカー選手のボレーシュートって、ダイナミックですが身体は無理に動かさず、しっかりインパクト、に集中していますよね。

身体は倒れても、良い打点と良い角度、でボールを蹴ること、に集中できていると良いシュートが飛ぶ。

テニスだって、一緒です。

走りながら、態勢が苦しいときほど、ラケット動作はシンプルに。

これが一番のコツ、です。

 

4.駆け抜けボレーを身に着ければ、どんどんポジションを変えられる

ダブルスの試合で、これが出来ると強いですよ。

相手が打っている瞬間も、ここぞ!という場面では動く。

もちろん、ステップは基本。

でも、前衛として勝負に出るようなポイントであれば、やっぱり1cmでも前に、良いポジションを取りたいじゃないですか。

守備でも同じ、ですね。

相手の打つコースを予測して動くなら、動いている間にボールが自分のところに届くことだってよくあるでしょう。

こういう時に、パッとラケットの面だけ作れるかどうか。

ぜひ練習から意識してみて下さい。

 

どの位置なら、どういう角度にボールを飛ばすのか。

そのボールを飛ばせるラケット面は、どういう角度なのか。

これを、瞬時に作れるように練習しておくのが、ボレーの神髄です。

狙うコースと合わせて、自分で素振りならぬ面作りの素振り、やってみて下さい。

あ、振らなくても良いんですけどね。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?

    片手でラケットを持って、構えている人。私はこういう人を、「片手…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバランス感が大事

    テニスでは、他のスポーツほど「フェイント」に対する意識が低い。…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチが苦手な人へ、必要なたった一つのこと

    ダブルスの試合で、ポーチが必要なのも分かった。そして、早めに動…

  4. テニス スライス

    ボレー

    相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

    これも、何度も書いてきたテーマです。ですが非常に大事なことです…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから

    レベルが高い試合になってくると、ストロークのスピードも上がる。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる

    簡単なようで難しい、のがハイボレー。特に試合では、攻撃したいけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スライス

    戦術

    中途半端に浅いボールが、テニスでは一番攻撃されやすいから注意!
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう
  3. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!
  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルト病が重症な人は・・・どうしよう?
PAGE TOP