戦術

得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

みなさんにも、「自分の型」って少なからずあると思います。

プレースタイル、思考、戦術・・・もちろん、それに自信を持って戦う、のが基本、

でも、意識しておかないといけないポイントがあります。

それは、得意な型、戦い方が、アナタ自身の弱点になること、だってあるのがテニスだということを。

 

得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

 


 

1.例えば私なら、ネットプレーだけど・・・

やっぱり、怖いのは固執すること。

ネットプレー相手が得意な相手、もたくさんいますからね。

試合前に「もし並行陣が通じなかったら、すぐに雁行を見せる」と決めておく。

リターンからもそうですね。

リターンダッシュは得意だけど、相手のサーブが強力だったらどうするのか。

得意な型、を持っているからこそ、怖い部分もある。

この意識を持っておくだけで、試合は変わりますよ。

 

2.考えなくなる、のが一番怖いんです

みなさんも、そうじゃないですか?

「自分の型はこれ、こうやって戦う」という意識が強くなると、もうそれだけ、になってしまう。

まだまだ、色々な相手がいるのに・・・。

アナタ自身の型を持つことは大事ですが、それ一つで勝ち続けることが出来るほど、テニスって甘くないですよね。

考えなくなる、のが上達の足かせになる。

自分の得意な型を持つ、ということは、それなりに怖いことなんです。

 

3.得意な型は、相手に見せては隠す、を繰り返す

試合の中で、この駆け引きが大事だと思いますよ。

本当に得意なこと、をしっかり出す場面、隠す場面。

これをしっかり使えると、試合でも強くなる。

得意かどうか、相手に悟られないような感じでプレーする、簡単じゃないですけどね。

オールラウンド、なプレーが出来ないと、なかなか厳しいですよね。

得意な型、を持っているなら、しっかり使い切る。

その為に、「自分は危ないんだ」と意識すること、が大事ですね。

 

4.自分の得意が相手に効かない、テニスの試合はそこからです

ほとんどの人は、ここで心が折れてしまう。

でも、試合はここから、ですよ。

自分の得意な型が、通じない、破られる。

その後、どうやって試合を進めていくか、です。

相手はアナタの得意パターンを破っても、余裕があるとは限らない。

他の手を見せた後、にもう一度実行することで、今度は効くかもしれないですしね。

とにかく、諦めないようにしっかり粘ること。

得意パターンを持っている、ことは時に自分を弱くしていくことにもつながりますからね。

試合で諦めやすくなったら、要注意ですよ。

 

得意パターンは、持っていて良い。

でも、それだけじゃもちろんダメ、ですからね。

強くなっていく、ということは「自分の得意」以外の部分もどんどん拡がっていける、ということ。

得意なもの、型、アナタ自身で見直してみて下さい。

それが原因、で負けた試合だって、少なくないはずですから。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは…

  3. テニス 雑誌

    戦術

    作戦を決めて挑まないから、いつまで経っても試合で成功も失敗も無い

    皆さんは試合の後、普段どんなことを考えてますか?勝てば嬉しい、…

  4. 戦術

    自分より強い相手と戦うなら、真っ向勝負は避けて当然

    対戦相手と、真っ向勝負。これは、非常に危険だと私は思っています…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識

    テニスのルール。皆さんも試合中、ほとんど意識することは無いです…

  6. テニス ボレー

    戦術

    アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅さを磨こう!

    テニスの試合の中で、気になること・・・私は以前、「自分の苦手なショット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる
  2. テニス リターン

    ストローク

    クロスからダウンザラインへのストロークの展開は、「ライジングショットでシンプル」…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合中にサーブの修正力を身に付けたければ、「深さと横のズレ、どちらかを正す」とい…
  4. テニス センス

    メンタル

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです
  5. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
PAGE TOP