戦術

得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

みなさんにも、「自分の型」って少なからずあると思います。

プレースタイル、思考、戦術・・・もちろん、それに自信を持って戦う、のが基本、

でも、意識しておかないといけないポイントがあります。

それは、得意な型、戦い方が、アナタ自身の弱点になること、だってあるのがテニスだということを。

 

得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

 

1.例えば私なら、ネットプレーだけど・・・

やっぱり、怖いのは固執すること。

ネットプレー相手が得意な相手、もたくさんいますからね。

試合前に「もし並行陣が通じなかったら、すぐに雁行を見せる」と決めておく。

リターンからもそうですね。

リターンダッシュは得意だけど、相手のサーブが強力だったらどうするのか。

得意な型、を持っているからこそ、怖い部分もある。

この意識を持っておくだけで、試合は変わりますよ。

 

2.考えなくなる、のが一番怖いんです

みなさんも、そうじゃないですか?

「自分の型はこれ、こうやって戦う」という意識が強くなると、もうそれだけ、になってしまう。

まだまだ、色々な相手がいるのに・・・。

アナタ自身の型を持つことは大事ですが、それ一つで勝ち続けることが出来るほど、テニスって甘くないですよね。

考えなくなる、のが上達の足かせになる。

自分の得意な型を持つ、ということは、それなりに怖いことなんです。

 

3.得意な型は、相手に見せては隠す、を繰り返す

試合の中で、この駆け引きが大事だと思いますよ。

本当に得意なこと、をしっかり出す場面、隠す場面。

これをしっかり使えると、試合でも強くなる。

得意かどうか、相手に悟られないような感じでプレーする、簡単じゃないですけどね。

オールラウンド、なプレーが出来ないと、なかなか厳しいですよね。

得意な型、を持っているなら、しっかり使い切る。

その為に、「自分は危ないんだ」と意識すること、が大事ですね。

 

4.自分の得意が相手に効かない、テニスの試合はそこからです

ほとんどの人は、ここで心が折れてしまう。

でも、試合はここから、ですよ。

自分の得意な型が、通じない、破られる。

その後、どうやって試合を進めていくか、です。

相手はアナタの得意パターンを破っても、余裕があるとは限らない。

他の手を見せた後、にもう一度実行することで、今度は効くかもしれないですしね。

とにかく、諦めないようにしっかり粘ること。

得意パターンを持っている、ことは時に自分を弱くしていくことにもつながりますからね。

試合で諦めやすくなったら、要注意ですよ。

 

得意パターンは、持っていて良い。

でも、それだけじゃもちろんダメ、ですからね。

強くなっていく、ということは「自分の得意」以外の部分もどんどん拡がっていける、ということ。

得意なもの、型、アナタ自身で見直してみて下さい。

それが原因、で負けた試合だって、少なくないはずですから。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 練習

    戦術

    試合前に頭が真っ白、になる人は、「最初の2ゲームの具体的な作戦」だけ決めて入ろう

    テニスの試合は、出だしが一番しんどい。ペースを掴めば、ある程度…

  2. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

    例えば、私なら「動きながらのストローク」が増えて来ると、ミスが増える。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    相手から逃げるのと、勝負を避けるのは根本的に違うという話

    テニスの試合、いかに相手の弱点を突いていくのか。この重要性は、…

  4. テニス 目

    戦術

    テニスの試合では、前傾姿勢よりも胸を張って視野を広げていこう

    テニスの試合って、基本の構えはどんな感じでしょうか?リターンの…

  5. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

    実は、試合前の準備で出来ていない部分、だと思います。基本的に、…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時

    自分の調子が良い、と感じる時。これって、良いことばかりではあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」につ…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い
  3. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせな…
  5. テニス チャンス

    戦術

    試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう
PAGE TOP