テニス サーブ

サーブ

スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

スピンサーブに必要な、身体の使い方。

男性でも、結構頑張って胸を張って身体を反るような使い方、を意識している方多いですよね。

でも、ちょっとした違いで、その反りがしっかり意味のあるものになるかどうか、が変わって来る。

ぜひ、意識してみて欲しいポイント、まとめてみます。

 

スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

 

1.反った状態のまま、後ろでこすってない?

結構、こういう方多いような気がします。

トスを身体の後ろの上げて、身体を反るような感じにして・・・そのまま頭の後ろでこするような打ち方、になっている人。

私も以前、そんな感じでした。

「とにかく、身体を反らないと!」という意識が強過ぎたんですよね。

身体を反ったら、その反りを戻す力を使わないと。

結構、意味が無い感じになっている方多いと思います。

 

2.反った身体を、戻す動きで打点を前に!

これがスピンサーブの基本、です。

しっかり、身体を反らせたら、戻す。

ボールを打つ前に、戻すくらいのイメージで良いと思いますよ。

ボールを打つ前、にしっかりラケットが加速してパワーをボールに伝えないといけないですからね。

その為に、トスアップは前、です。

コートの内側にボールが落ちるようなトスアップ、に意識して変えていきましょう。

 

3.トスアップしてから反る・・・じゃ、遅いです

と、思いませんか?

こういう打ち方の人は、反った状態のまま、打点が後ろで打っている。

ただ、後ろの打点で打つために、身体を反らせているような感じ、ですよね。

そうじゃなくて、トスアップと同時にもう反っている状態、を早く作る。

トスアップ前に、胸を前に突き出す、張るような感じでも良いですね。

とにかく、「反りを戻す時間」をしっかり確保出来るように。

もっともっと、シンプルに早いタイミングで反って良いと私は思いますよ。

 

4.膝の動きも、合わせていこう

反りの戻し、のタイミングが分かったら、それに膝を併せていきましょう。

胸を張って身体を反りつつ、膝を曲げて低くなる。

その力を、同時に一気に開放していくから下から上の力強い回転がかかる。

女性の方でも、身体の使い方のポイントを押さえれば、必ず良いスピンサーブは打てます。

早く反る、膝を曲げて重心を低くする。

これだけ意識して、しっかり力強いスピンサーブを打っていきましょう!

 

思った以上に、「反ったまま」の人が多い。

男性のスピンサーブを観ていて、そう感じます。

せっかくパワーを溜めたなら・・・解放していかないと!

ボールを打つ前、に開放が始まる方がラケットが走る、良いサーブになるはずです。

ぜひ、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 攻撃
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

    テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?「何とな…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

    サーブでノータッチエースを獲る。テニス選手なら、誰でも憧れるこ…

  4. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく

    サーブって、どうしても緊張しますよね。どんなにリラックスしよう…

  5. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルスでのサーブ&ボレーヤーは、「相手前衛との戦い」に勝利しなくてはいけない

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーで並行陣を作っていく方、たくさんいると思…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!

    サーブという動作は、本当に人それぞれ。初心者の方から上級者の方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ
  3. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの
  4. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?
  5. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように
PAGE TOP