テニス サーブ

サーブ

スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

スピンサーブに必要な、身体の使い方。

男性でも、結構頑張って胸を張って身体を反るような使い方、を意識している方多いですよね。

でも、ちょっとした違いで、その反りがしっかり意味のあるものになるかどうか、が変わって来る。

ぜひ、意識してみて欲しいポイント、まとめてみます。

 

スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

 

1.反った状態のまま、後ろでこすってない?

結構、こういう方多いような気がします。

トスを身体の後ろの上げて、身体を反るような感じにして・・・そのまま頭の後ろでこするような打ち方、になっている人。

私も以前、そんな感じでした。

「とにかく、身体を反らないと!」という意識が強過ぎたんですよね。

身体を反ったら、その反りを戻す力を使わないと。

結構、意味が無い感じになっている方多いと思います。

 

2.反った身体を、戻す動きで打点を前に!

これがスピンサーブの基本、です。

しっかり、身体を反らせたら、戻す。

ボールを打つ前に、戻すくらいのイメージで良いと思いますよ。

ボールを打つ前、にしっかりラケットが加速してパワーをボールに伝えないといけないですからね。

その為に、トスアップは前、です。

コートの内側にボールが落ちるようなトスアップ、に意識して変えていきましょう。

 

3.トスアップしてから反る・・・じゃ、遅いです

と、思いませんか?

こういう打ち方の人は、反った状態のまま、打点が後ろで打っている。

ただ、後ろの打点で打つために、身体を反らせているような感じ、ですよね。

そうじゃなくて、トスアップと同時にもう反っている状態、を早く作る。

トスアップ前に、胸を前に突き出す、張るような感じでも良いですね。

とにかく、「反りを戻す時間」をしっかり確保出来るように。

もっともっと、シンプルに早いタイミングで反って良いと私は思いますよ。

 

4.膝の動きも、合わせていこう

反りの戻し、のタイミングが分かったら、それに膝を併せていきましょう。

胸を張って身体を反りつつ、膝を曲げて低くなる。

その力を、同時に一気に開放していくから下から上の力強い回転がかかる。

女性の方でも、身体の使い方のポイントを押さえれば、必ず良いスピンサーブは打てます。

早く反る、膝を曲げて重心を低くする。

これだけ意識して、しっかり力強いスピンサーブを打っていきましょう!

 

思った以上に、「反ったまま」の人が多い。

男性のスピンサーブを観ていて、そう感じます。

せっかくパワーを溜めたなら・・・解放していかないと!

ボールを打つ前、に開放が始まる方がラケットが走る、良いサーブになるはずです。

ぜひ、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う

    これ、実は気付いている方少ないと思います。「なんで、サーブは回…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

    サーブが上手い、キープ率が高い選手。は、試合でもゲームが計算し…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合の序盤のファストサーブは、「コース狙いのセカンドサーブ」で

    以前に、「ファーストサーブは、セカンドサーブを少し強力にしたモノ」とい…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です

    日本全国、特に男子高校生が集まれば始まるイベントがあります。そ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由

    サーブをしっかり返球して来る、粘り強い相手。シングルスでは、結…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ボレー

    「コンパクトボレー」テニスの試合で必要な連動性について
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「チャンスで後はストロークで決めるだけ‥」な場面でミスしない為に、大事なのは回転…
  3. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう…
  4. テニス サーブ

    ストローク

    「テニスにおける隙の無い並行陣を崩す」為のストローク術とは?
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ
PAGE TOP