テニス 粘り

フットワーク

毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう

毎回、打った後に必要なこと。

基本ですが、これをしっかり出来ている選手は、実は少ないように思います。

構え直し、の重要性を何度も書いて来ましたが、実際に立っている位置、はどうですか?

アナタ自身の意志、目的がそこにあるか?を確認してみましょう。

 

毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう

 

1.テニスは「タッチ&ゴー」の競技

テニスは、タッチ&ゴー!

とにかく触ったら、つまりボールを打ったら動く!を繰り返すのが基本、です。

打った場所にとどまっているように見えても、実は細かく動いている。

全く同じ場所、今いる場所で打てるケースなんて無いですからね。

打ったら構える、というのは、実はポジションを整理する、ということも含まれている。

このスピード感が無い人は、まず試合で通用しないでしょう。

 

2.打った後に打つ前の場所に戻る、のが基本

特に気になるのは、ネットプレーですね。

足を前に出して打った後、きちんと打つ前の場所に戻れているのか。

そして、次の相手のショットに備える、充分な態勢が出来ているのかどうか。

何も考えていないと、前に足を出して、その場に移動してしまうようなケースも多いですからね。

これでは、どんどんずれていきます。

もちろん、チャンスで相手を見ながら前に詰める、ことは大事ですよ。

そこにアナタ自身の根拠、があるかどうか、です。

 

3.ポジションを変えるのか、戻すのか、は「打つ前」に判断しよう

打つ前、に打った後をどうするのか、イメージする。

これが出来るかどうかが、試合巧者への分かれ道です。

上手い人、強い人って打った後の迷いが無い、ように見えるじゃないですか。

これはもう、練習から決めてるんですよね。

自分が打った後に、どう動くのが良いのか、を。

アナタ自身のショットの結果、に左右されていては、いつまで経っても出たとこ勝負。

それでは、スピード感も無いし相手へのプレッシャーも少ないんです。

 

4.練習がそもそも、「動ける」練習になっているのか?

これ、みなさんどうでしょうか?

特に、テニススクールのような狭い場所で打ち合っていると、その場で打って、打ち終わっても同じ・・・ような場所で、誤魔化しが効く。

でも、試合の現場ではあっという間に化けの皮がはがれます。

ちょっと動いて、すぐにスペースが出来る、隙が生まれる。

これって、試合の序盤ですぐに分かりますよ。

「あ、この選手は打った後に、隙があるんだな」と。

みなさんには、そうなって欲しくないんです。

 

戻るのか、動くのか。

この決断を早くして、迷いなく打った後の隙を無くす。

これだけで、テニスの試合はすごく失点が減るはずです。

自分のショット、の結果に左右されてはダメ。

「とにかく次は、こう動くんだ!」と決めて打ったショットは、きっと精度も上がるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

    相手の足下に、上手くボールを打てたとき。みなさんはどんな感じで…

  2. テニス 攻撃

    フットワーク

    弾まないオムニコートでは、ポジションを前に「基本設定」から変えていこう

    皆さんは、練習は毎日同じコートでも、試合は異なるはず。いや、練…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

    テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?いや、…

  4. テニス ストローク
  5. テニス リターン
  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践…
  2. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでいつもミスしてしまうのは、「自分のボディに近いボール」のさばき方を…
  4. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!
  5. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「メンタルが強いって、要は開き直るってこと?」
PAGE TOP