テニス ストローク

フットワーク

横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

オムニコートで、ザザザザーーっと滑っていく選手。

前にも横にも、止まり切れずに滑る選手っていますよね。

こういう技術は、もちろん効果的に使えるフットワークにもなりますが、同時に「反対側」を守ることについてはかなり危険も秘めている。

だからこそ、意識して「止まり切る」というのもテニスでは大事なんです。

 

横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

 

1.打った後、が大事なのは分かってますよね?

自分のショット、ウィニングショットになるかどうかは分からない。

左右に走って、破れかぶれのような感じで打って「戻れない」という選手、よく草トーでも見るような気がします。

打ったら戻る、為には、打った後に態勢をしっかり保てるような「止まり方」が大事になる。

打つ前から、打った後の態勢について考えておくこと。

この意識、普段の練習から養うしかないんです。

 

2.練習が「バッティングセンター状態」な部活は、試合でも同じ

練習は試合のように、試合は練習のように・・・出来てますか?

普段の練習から、打った後のことを考えて戻る、ことを考えてプレー出来ていない選手にフットワークなんて身に付かない。

みんな、気持ち良くバッティングセンターのようにバンバン打って終わり、ですからね。

試合では、相手と打ち合いながらコートをカバーしていくのが当たり前。

テニスって、そもそもラリーが結構長いスポーツですからね。

このあたり、理解出来ているかどうかは打った後の態勢、を見れば一目瞭然です。

 

まずは「頭の位置」がぶれないようにしてみよう!

でも結局、何をすれば・・・?という方は、まず頭の位置を意識してみましょう。

フットワークが良い選手は、左右に振られても頭の位置がぶれない、流れない。

止まり切れていない選手は、走った方向に頭が流れて、態勢を戻すことが出来ないケースが多いです。

しっかり腹筋に力を入れて、背筋を伸ばす。

目線の高さ、位置が変わらないように、打つ前と後を意識してみて下さい。

これだけで、自然に流れない、次の動作に強くなると思いますよ。

 

もちろん、試合では「やっと届いた」ようなボールの後はかなり厳しいでしょう。

でも、ある程度余裕があるのに態勢を崩す、のは技術不足。

それから練習不足、です。

テニスの試合でストローク力で差になってしまうのは、意外と小さいこういう部分、なんです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    ボールより速く走れる選手はいないのだから、ボールとかけっこをしてもテニスは上手くいかない

    どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。サッカーや…

  2. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークのポイント4つ

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に初中級のプレーヤーで多いように…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる

    トレーニングは大事だけど、なかなか取り組むことが出来なくて・・・と、悩…

  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    最初にアウトだと思っても、「結果的に入っても取れる」フットワークを癖付けよう

    セルフジャッジ、の試合でよくある光景。そして、試合に勝てない人…

  5. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう

    毎回、打った後に必要なこと。基本ですが、これをしっかり出来てい…

  6. テニス 練習

    フットワーク

    ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント

    存在感のある前衛がいると、相手としてはそれだけで嫌・・・ですね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    粘り強い選手には、どこか丁寧さがあるから試合に勝てる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない
  3. テニス 準備

    戦術

    インドアコートに慣れている人は、アウトドアコートでは6割の力しか出せない覚悟を持…
  4. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手…
  5. テニス トイレ

    テニス知識

    準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
PAGE TOP