テニス メンタル

ストローク

インサイドアウトのストロークで、ストレートへの展開力を高めよう

ストロークで相手を動かす、攻撃する。

こういう時に必要なのは・・・ダウンザラインへの展開、ですよね。

シングルスはもちろん、ダブルスなら相手前衛へのストレートアタック、に使えるショット。

強引にではなく、自然に打てるような腕の使い方、磨いていきませんか?

 

インサイドアウトのストロークで、ストレートへの展開力を高めよう

 

1.腕の使い方、見直してみよう

ストロークの基本、腕の使い方。

色々な理論や考え方があると思いますが、私は結構シンプルに考えています。

ラケットを持つ腕の動きが、インサイドアウト=内側から外側へ、に使えるときはダウンザラインに打ちやすい。

テイクバックの段階は一緒ですが、前に振り出す段階で少しラケットを持つ腕の肘の位置を、自分の身体に近くする。

そうすることで、外側に開放していくようなラケットの軌道になり、ダウンザラインに自然に飛んでいく。

どうでしょう、みなさんにも近しい方は多いんじゃないでしょうか?

 

2.基本は打ちたい方向に、腕を出していく形

緊張する場面でも、これで良いと思います。

打ちたい方向、にしっかりフォロースルーを解放していく。

インサイドアウトの動きで、しっかり腕を前に出していく。

クロスに打つ時は、ラケットを持つ腕の肘が顔の前、に来る感じですが、ダウンザラインは違う。

一回しっかり前に出て、そのまま肘が身体に巻き付かないような感じ、だと思います。

巻き付けてしまうと、クロス方向への動き、になってしまいますからね。

ダウンザライン方向にもしっかり伸びのあるショット、にしていく為に、フォロースルーの大きさは大事です。

 

3.打点は気持ち後ろ、自分の身体寄りに

これも、クロスとの差を付ける部分で大事です。

あまり打点が後ろ・・・とは書きたくないんですが、ボール半個くらい、後ろで良いと思います。

そして少し、自分の身体に近い打点で良い。

そこから後は、しっかり振り切ること。

忘れてはいけないのは、ダウンザラインのショットもしっかり回転をかけること。

スピン回転で回転をかける、ことが大前提です。

 

4.ストレートへのショット、フラット気味になってない?

結構、ダブルスの試合で見受けられるんですよね。

強引なショットで、フラット気味になって・・・相手前衛がウォッチしてアウト、もったいない・・・。

そうじゃなくて、しっかり回転をかけるのは一緒、です。

クロス方向でもストレート、ダウンザラインでも一緒。

そうしないと、絶対に安定しないですから。

自分の中で、下から上方向への回転をかけていく意識、大事にしておきましょう。

あくまで、展開ですから。

展開した後に、攻撃を継続していくことが大事、ですね。

 

ダウンザラインのショット、にこそその人の実力が現れます。

どんどん展開していく、それも回転系のショットでしっかり腕を振って。

振っていく腕の動き、打点、確認しておけば大丈夫。

自信を持っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょ…

  2. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!

    「攻撃的にストロークを打ちたい!」と思っている方。今のアナタの技術…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?

    フォアハンドの回り込みストローク、みなさん試合で使えてますか?…

  4. ストローク

    現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です

    ストロークで打点が一定しない、いつも違うフォームで打っている感じがする…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「ベースラインからの浅いボールの処理」が苦手な人は、いつまで経っても3回戦止まり

    学生や若い方とテニスをすると、本当に鋭くて良いボールを打つ方が多い。…

  6. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

    ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの連続性は、「バックボレーの後の構え直し」のスピードにかかってくる
  3. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう…
  4. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべ…
PAGE TOP