テニス ストローク

サーブ

速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

速いサーブを打って、相手がリターンする。

その時のリターンって、みなさんどうでしょう?

良いサーブだから、確実にチャンスが来る?そうでも無い、と思いますよ。

速くて強力なサーブって、意外と返球にてこずるモノ。

だって、普段から慣れていないですから。

 

速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

 

1.速いサーブのリターン・・・難しい!だから?

色々な返球、になると思いませんか?

ロブを打とうと思ってガシャったり、スライスで何とか返そうと思って変な当たりになったり。

そもそも、リターンを打つ選手が自分でよく分かっていない。

どうなるか、出たとこ勝負。

だから、サーブ側も困るんですよね。

どういう返球を打つのか、本人もイメージ出来ていない訳ですから。

フワっとチャンスが来るようで、意外と予測出来ない返球って処理が難しい。

こういうケース、をしっかり想定しておかないと試合では勝てません。

 

2.速いサーブは、変なリターンが来ると思っておいて良い

綺麗なリターン、よりもこういうケースの方が多いでしょう。

40-0でリードして、ファーストサーブを打っていける場面では、前衛ともしっかり打ち合わせしておく。

相手が振り遅れて、ストレートに来るかも知れないですしね。

ちょっと変わった感じ、になっても慌てないこと。

良いサーブには、良いリターンとは限らない。

むしろ、球筋は安定しないはずですから。

 

3.ナイスリターンの方が、実は試合は作りやすい

私は普段、サーブ&ボレーが基本です。

ですから、リターンを沈められると辛いんですが・・・でも、意外とナイスリターンって返球しやすい。

綺麗な球筋って、自分のイメージ通りじゃないですか。

だからこそ、ファーストボレーも決まりやすいし、リズムも取りやすい。

逆に自分のサーブが良すぎて、相手のリターンが崩れた時に・・・自分も崩れてしまう。

こういう経験、みなさんもきっとあるはずです。

自分のサーブが、どういう影響を相手に与えているのか。

もう一度考えてみると、きっとナイスサーブも活かせると思いますよ。

 

4.一瞬の隙が生まれること、を覚悟しておこう

ナイスサーブが、なかなかポイントにつながらない。

これって、癖球の影響もあるでしょうが、やっぱりこれです。

サーブを打った自分が、「よし!ナイスコース!」と最初に思うから。

この一瞬の隙が、相手の返球からのラリーで悪影響を及ぼしていることは明らかです。

サーブが甘いと、逆にしっかり構えるじゃないですか。

ナイスサーブも、心を同じにして構える。

多少相手が変なリターン、を打って来ても慌てない。

これでいきましょう!

 

本当にサーブが良い、サービスゲームをキープ出来る人はここが違います。

ナイスサーブ、の後の訳の分からないようなリターンを、確実に仕留める。

私たちはつい、慌ててしまいますよね。

ナイスサーブに酔わないこと、それから、荒れた球筋のボールに慌てないこと。

これが一番でしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

    みなさんが、サーブを打つ前の構え。それこそ、トスアップ前の雰囲…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

    今回は、スピンサーブの安定感について。私自身、高校時代にこの感…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「知らずにやってませんか?」見落としがちなテニスのサーブでのNG動作5つ

    テニスの中で唯一、自分の好きなタイミングで打てるサーブ。とは言…

  4. テニス メンタル
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

    プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多くあ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリッ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けか…
  2. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    2人の攻撃の息を合わせていくだけで、「ダブルスの攻撃力」はワンランクアップする
  4. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい
PAGE TOP