テニス 客観視

その他

嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ

みなさんが、苦手なこと。

それって、ほとんどが「嫌いなこと」に近いですよね。

嫌いなことを無理してする必要が無い、のは日常生活の話。

テニスの試合では・・・どうでしょう?

オールラウンドな技術、好みで無いと、結果的に損をすることが多い。

そもそも、試合ではバレバレになっているケースが多いですからね。

みなさん、自分の胸に手を当てて考えてみて下さい。

 

嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ

 

1.一番多いのは、「サーブを早く終わらせたい病」の人

特に一般の大会でも、1~3回戦くらいでしょうか。

初中級から中級のみなさんは、とにかく「サーブが苦手」な方が多い。

苦手=嫌い、に近い感覚で、もう試合では打ちたくない・・・と、心のどこかで思っている。

「早く打ち終わりたい・・・」と思っているから、その雰囲気も相手に伝わる。

観客にも伝わって、サービスキープが出来る気配がない。

こういう人って、みなさんの周りにもいませんか?

そして、アナタ自身、こういう雰囲気が出ているかも知れない。

このことをしっかり考えておくことが、強くなる、ということだと思います。

 

2.「早く終わりたい」と考えると、人はせっかちになる

例えばサーブなら、下にボールを突くときに・・・「バン、バン!」と素早く突いて、すぐにサーブを打つ。

相手なんて、ほとんど見ない。

たまに相手が構えていなくて、打ってしまって「すみません・・・」みたいなケースもしばしば。

こういう人って、絶対にサーブが苦手だと思います。

私が対戦相手なら、これは勝ったと思いますね。

自分のサービスゲームを早く終えたい、と考えるから、せっかちになって視野が狭くなる。

こういうのはサーブ以外、にも多く見受けられるでしょう。

 

3.ネットプレーで急ぐ人も、苦手意識が強い

前に出て、ボレーをするときにもそうですね。

早く決めたい、と焦る人は、「早く決めないと、自分のボロが出てしまう」のが怖いんでしょう。

もう、実はバレバレなんですよ。

決め急いでミス、しているような選手は全然怖くない。

たまに決まるようなマグレは気にしない。

相手にボレーさせておけば、大事なポイントでは特に緊張して勝手にミスしてくれますからね。

どこか落ち着かない、ようなプレーをしている相手を見逃さないこと。

居心地が悪そうな場所、を発見したら、どんどんその場所におびき寄せて長く不快な時間を過ごしてもらいましょう。

 

4.嫌なこと、苦手なことこそ、じっくり取り組もう

練習からそうだと思いますよ。

嫌いな練習こそ、アナタ自身に必要な練習。

早く終わらせたい気持ちを抑えて、じっくり取り組んでみませんか?

こういう意識で、少しの余裕が生まれるはずなんです。

そうすると、相手が勘違いしてくれる。

じっくり丁寧にやっているだけで、「何だか自信ありそうだな・・・これは得意なんだな」と。

苦手なショットを打たなくて良い、自分の土俵に引きずり込めますよね。

ココまで上手くいかないにせよ、バレないだけでアナタの勝ち。

苦手なショット、戦術、簡単に相手に知らせてしまうより100倍勝つ確率はアップするでしょう。

 

自分が相手に、どう見られているのか。

これは、変えていけます。

みなさん、正直に嫌な感情、表に出しているから辛くなる。

したたかな試合巧者は見逃してくれませんからね。

ぜひ、意識してプレーしてみてください。

苦手なことこそ、じっくり丁寧にやるだけ、ですから。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. その他

    「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係

    高校でテニスを始めたキッカケは単に両親、特に父親のラケットが家の中にゴ…

  2. その他

    テニス部の後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだと逆にかわいそうなことになる…

    皆さんの中には、上級生としてチームをまとめる立場の方も多いでしょう。…

  3. テニス 準備

    その他

    試合のコートに慌ててギリギリに急いで入るとき、「アナタはもう負けている」のです

    大会のディレクターをしていたときに、こんな傾向を感じました。試…

  4. テニス メンタル

    その他

    いつものテニスの練習で、「試合で使えるイメージが沸かない」のであれば、まだ工夫が足りない

    「この練習、実際身になっているのか?」「実際に上達につながるの…

  5. テニス 観察

    その他

    「ダブルス、ごめんね。」プロテニス選手の大会参加事情

    基本的にシングルをメインに、プロテニス選手は活動している。最初…

  6. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    部活や限られた環境でテニスが強くなる人は、「仲間に頼ることが出来る」人です
  2. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう
  3. テニス 準備

    戦術

    テニスにおいても、「目に見えないもの」は軽んじられやすい
  4. テニス Q&A

    その他

    テニスの試合で「大声を出して威嚇してくる相手」が苦手・・・という方は、少し視点を…
  5. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ
PAGE TOP