テニス 客観視

その他

嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ

みなさんが、苦手なこと。

それって、ほとんどが「嫌いなこと」に近いですよね。

嫌いなことを無理してする必要が無い、のは日常生活の話。

テニスの試合では・・・どうでしょう?

オールラウンドな技術、好みで無いと、結果的に損をすることが多い。

そもそも、試合ではバレバレになっているケースが多いですからね。

みなさん、自分の胸に手を当てて考えてみて下さい。

 

嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ

 

1.一番多いのは、「サーブを早く終わらせたい病」の人

特に一般の大会でも、1~3回戦くらいでしょうか。

初中級から中級のみなさんは、とにかく「サーブが苦手」な方が多い。

苦手=嫌い、に近い感覚で、もう試合では打ちたくない・・・と、心のどこかで思っている。

「早く打ち終わりたい・・・」と思っているから、その雰囲気も相手に伝わる。

観客にも伝わって、サービスキープが出来る気配がない。

こういう人って、みなさんの周りにもいませんか?

そして、アナタ自身、こういう雰囲気が出ているかも知れない。

このことをしっかり考えておくことが、強くなる、ということだと思います。

 

2.「早く終わりたい」と考えると、人はせっかちになる

例えばサーブなら、下にボールを突くときに・・・「バン、バン!」と素早く突いて、すぐにサーブを打つ。

相手なんて、ほとんど見ない。

たまに相手が構えていなくて、打ってしまって「すみません・・・」みたいなケースもしばしば。

こういう人って、絶対にサーブが苦手だと思います。

私が対戦相手なら、これは勝ったと思いますね。

自分のサービスゲームを早く終えたい、と考えるから、せっかちになって視野が狭くなる。

こういうのはサーブ以外、にも多く見受けられるでしょう。

 

3.ネットプレーで急ぐ人も、苦手意識が強い

前に出て、ボレーをするときにもそうですね。

早く決めたい、と焦る人は、「早く決めないと、自分のボロが出てしまう」のが怖いんでしょう。

もう、実はバレバレなんですよ。

決め急いでミス、しているような選手は全然怖くない。

たまに決まるようなマグレは気にしない。

相手にボレーさせておけば、大事なポイントでは特に緊張して勝手にミスしてくれますからね。

どこか落ち着かない、ようなプレーをしている相手を見逃さないこと。

居心地が悪そうな場所、を発見したら、どんどんその場所におびき寄せて長く不快な時間を過ごしてもらいましょう。

 

4.嫌なこと、苦手なことこそ、じっくり取り組もう

練習からそうだと思いますよ。

嫌いな練習こそ、アナタ自身に必要な練習。

早く終わらせたい気持ちを抑えて、じっくり取り組んでみませんか?

こういう意識で、少しの余裕が生まれるはずなんです。

そうすると、相手が勘違いしてくれる。

じっくり丁寧にやっているだけで、「何だか自信ありそうだな・・・これは得意なんだな」と。

苦手なショットを打たなくて良い、自分の土俵に引きずり込めますよね。

ココまで上手くいかないにせよ、バレないだけでアナタの勝ち。

苦手なショット、戦術、簡単に相手に知らせてしまうより100倍勝つ確率はアップするでしょう。

 

自分が相手に、どう見られているのか。

これは、変えていけます。

みなさん、正直に嫌な感情、表に出しているから辛くなる。

したたかな試合巧者は見逃してくれませんからね。

ぜひ、意識してプレーしてみてください。

苦手なことこそ、じっくり丁寧にやるだけ、ですから。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち

    テニス選手の活動をしていると、いろんな体験をする。それはキツイ…

  2. テニス 客観視

    その他

    「今勝つテニスと将来勝つテニス」目の前の試合で勝つことだけを考え過ぎないこと

    テニスはディフェンスが重要。安定感がないと試合で勝利を掴むのは…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?

    今回は少し、重たいお話を。いつも重たいと感じている方は、すみま…

  4. テニス グリップテープ
  5. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一番です

    ストロークの「打点」で悩んでいる人、意外と多くありませんか?自…

  6. テニス 主将

    その他

    「8月はアウトドアテニスは回避…」しても家でやっておきたい試合に向けた準備5つ

    いくら何でも、今年の夏は暑すぎる・・・。テニスしたくても身の危…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 攻撃

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスにつ…
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ
  4. テニス シングルス

    リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出…
  5. メンタル

    テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから
PAGE TOP