テニス メンタル

その他

ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

これは、要は自分次第です。

私は、少し笑顔、なくらいが緊張感が解けて良いと思っていますが、それも使い分ける。

あえての無表情、のときもあれば、全然悔しくないのに悔しい素振り、だってします。

表情や仕草も、全て計算ずく・・・と言えば、語弊があるかも知れませんが。

テニス選手だったら、それくらいしたたかで良いと思いますよ。

 

ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

 

1.ボールを打っている瞬間は、無表情でも良い

私は、テニスの練習はコミュニケーションこそ大事、だと思っています。

自分の練習、他人の練習、常に声掛けをしながら話し合う。

こういう雰囲気は、凄く大事です。

だからこそ、あまり無表情、不愛想だと損をしてしまう・・・人もいるでしょう。

でも、まさにボールを打っているような時は、無表情でも良い。

それは、しっかり周りが理解してあげないといけない部分。

練習やラリーの合間、では、ちょっと笑顔くらいの方が良いかも知れませんね。

このメリハリが付けられる人は、練習上手であり、試合上手、なはずです。

 

2.ダブルスペアは、お互いを理解して寄り添わないと

世の中には、色々な人がいます。

大事なのは、自分のペア、パートナーがしっかり力を発揮してくれる人。

その人の出す雰囲気、を理解して寄り添う。

この姿勢は、特にダブルスで大事です。

気を遣ってばかりで、誤解ばっかり、そんなペアって結構多いですよ。

すごくもったいないけど、本音で話せていないんじゃないかなと思いますね。

「私はこういう感じで試合する、アナタはどう?」と聞いて、お互いに尊重して受け入れる。

これは学生からシニアの方まで、必要な考え方だと思います。

ダブルスのペアが気持ち良くプレー出来れば、より勝利も近付きますからね。

 

3.無表情で無口なのと、不機嫌な雰囲気を出すのは違う

私は、後者は無しだと思っています。

どこかテニスの練習中に、自分が上手くいかないことを周りに当たり散らすような人、いますよね。

これは最悪です。

みんなの雰囲気を悪くするし、コートから退場で良いでしょう。

でも、無表情で無口だけど、真面目で真摯に練習に取り組む人。

これは、その人の性格であり性分、だと私は思います。

良い意味で緊張感のある練習が出来ますし、私はいても良いようなタイプの人、だと思います。

 

4.練習に緊張感を生む人、は必要です

私の経験上、こういう人は絶対に必要。

「この人とのラリーは、ミス出来ないな・・・」というような人って、無口で無表情、じゃないですか?

すごく試合に近い緊張感で、アナタの成長を助けてくれるはずです。

例え不愛想でも、いざコートを離れたときの行動がしっかりしていれば、仲間からも信頼される。

コート上では自分に厳しく、他人にも厳しい(ように見える)人は、私は大歓迎です。

ぜひ、みなさんもそういうスタンスで、色々な人と練習して欲しい。

結構、「この人はちょっと、苦手だな・・・」という人ほど、アナタに必要な何かを持っている人だと思いますよ。

 

練習を、試合を、「居心地の良い仲間」とだけやっていてはダメ。

楽しいようで成長しない、だから試合に勝てないし結果楽しくない。

そう考えると、色々な人と積極的に練習しよう、という気持ちになるはずです。

楽ではないですけどね。

でも、本気の練習をしていたら、無表情にもなりますよ。

そういう人を、受け入れてあげるだけの度量、器量を、アナタ自身育んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. その他

    「テニスを楽しみたい!」だったら、技術を身に付けないと

    「試合に勝つとかじゃなくて、テニスを楽しみたいんです」というご…

  2. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました

    テニスの大会の醍醐味の一つが、団体戦。関東には一泊二日の泊まり…

  3. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく

    俺がコーチしていた東京の大成高校男子テニス部がインターハイ東京都予選で…

  4. テニス 前衛

    その他

    日々「背筋を伸ばして歩く」だけで、アナタのテニス選手としての格は変わる

    テニス選手、強い選手は歩いているだけでもオーラがある。テニスだ…

  5. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本5つ

    3月・4月は出会いと別れの季節。テニス部でも引退試合から新入生…

  6. テニス ダブルス

    その他

    ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?

    ダブルスの試合を観ていると、感じること。それは強い人、ペアを引…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミス…
  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合では、「その場で強く頭に刷り込む」意識の方が大事
  3. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく
  4. テニス メンタル

    戦術

    「急にテニスが上手くなる」日は、必ず来る
  5. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
PAGE TOP