テニス メンタル

その他

ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

これは、要は自分次第です。

私は、少し笑顔、なくらいが緊張感が解けて良いと思っていますが、それも使い分ける。

あえての無表情、のときもあれば、全然悔しくないのに悔しい素振り、だってします。

表情や仕草も、全て計算ずく・・・と言えば、語弊があるかも知れませんが。

テニス選手だったら、それくらいしたたかで良いと思いますよ。

 

ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

 

1.ボールを打っている瞬間は、無表情でも良い

私は、テニスの練習はコミュニケーションこそ大事、だと思っています。

自分の練習、他人の練習、常に声掛けをしながら話し合う。

こういう雰囲気は、凄く大事です。

だからこそ、あまり無表情、不愛想だと損をしてしまう・・・人もいるでしょう。

でも、まさにボールを打っているような時は、無表情でも良い。

それは、しっかり周りが理解してあげないといけない部分。

練習やラリーの合間、では、ちょっと笑顔くらいの方が良いかも知れませんね。

このメリハリが付けられる人は、練習上手であり、試合上手、なはずです。

 

2.ダブルスペアは、お互いを理解して寄り添わないと

世の中には、色々な人がいます。

大事なのは、自分のペア、パートナーがしっかり力を発揮してくれる人。

その人の出す雰囲気、を理解して寄り添う。

この姿勢は、特にダブルスで大事です。

気を遣ってばかりで、誤解ばっかり、そんなペアって結構多いですよ。

すごくもったいないけど、本音で話せていないんじゃないかなと思いますね。

「私はこういう感じで試合する、アナタはどう?」と聞いて、お互いに尊重して受け入れる。

これは学生からシニアの方まで、必要な考え方だと思います。

ダブルスのペアが気持ち良くプレー出来れば、より勝利も近付きますからね。

 

3.無表情で無口なのと、不機嫌な雰囲気を出すのは違う

私は、後者は無しだと思っています。

どこかテニスの練習中に、自分が上手くいかないことを周りに当たり散らすような人、いますよね。

これは最悪です。

みんなの雰囲気を悪くするし、コートから退場で良いでしょう。

でも、無表情で無口だけど、真面目で真摯に練習に取り組む人。

これは、その人の性格であり性分、だと私は思います。

良い意味で緊張感のある練習が出来ますし、私はいても良いようなタイプの人、だと思います。

 

4.練習に緊張感を生む人、は必要です

私の経験上、こういう人は絶対に必要。

「この人とのラリーは、ミス出来ないな・・・」というような人って、無口で無表情、じゃないですか?

すごく試合に近い緊張感で、アナタの成長を助けてくれるはずです。

例え不愛想でも、いざコートを離れたときの行動がしっかりしていれば、仲間からも信頼される。

コート上では自分に厳しく、他人にも厳しい(ように見える)人は、私は大歓迎です。

ぜひ、みなさんもそういうスタンスで、色々な人と練習して欲しい。

結構、「この人はちょっと、苦手だな・・・」という人ほど、アナタに必要な何かを持っている人だと思いますよ。

 

練習を、試合を、「居心地の良い仲間」とだけやっていてはダメ。

楽しいようで成長しない、だから試合に勝てないし結果楽しくない。

そう考えると、色々な人と積極的に練習しよう、という気持ちになるはずです。

楽ではないですけどね。

でも、本気の練習をしていたら、無表情にもなりますよ。

そういう人を、受け入れてあげるだけの度量、器量を、アナタ自身育んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス 居場所

    その他

    「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

    なかなかテニスが上達しない、試合で勝てないと悩んでいる方は多い。…

  2. テニス 雑誌

    その他

    テニスノートで成果が出る人は、「何でもすぐに、具体的に」書くことが実践出来ている

    気付いたこと、感じたことを、1~2行で書いておく。これで立派な…

  3. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは?

    「教えてくれる先生や、コーチがいない」「練習メニューが決まらな…

  4. テニス ダブルス

    その他

    「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長の度合いは段違いにな…

    テニスの試合は、草トー大会から市民大会、腕に覚えがある人は国体予選や全…

  5. テニス 読書

    その他

    今年一年間で、私自身が大きく影響を受けた本を紹介します

    テニスに関する記事をたくさん書かせて頂いている「T-PRESS」。…

  6. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さい

    テニスの試合に強くなるには、なるべく外部で試合を出来る場を設けたい、と…

特集記事

  1. テニス ロブ

    その他

    「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう
  2. テニス 準備

    サーブ

    セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーで決めることが出来ない…人は、「相手がボールを打つ少し前」に、打つコースを…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュ直後の構え直し」の速度を磨く為の練習メニュー
  5. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である
PAGE TOP