テニス メンタル

その他

ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

これは、要は自分次第です。

私は、少し笑顔、なくらいが緊張感が解けて良いと思っていますが、それも使い分ける。

あえての無表情、のときもあれば、全然悔しくないのに悔しい素振り、だってします。

表情や仕草も、全て計算ずく・・・と言えば、語弊があるかも知れませんが。

テニス選手だったら、それくらいしたたかで良いと思いますよ。

 

ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

 

1.ボールを打っている瞬間は、無表情でも良い

私は、テニスの練習はコミュニケーションこそ大事、だと思っています。

自分の練習、他人の練習、常に声掛けをしながら話し合う。

こういう雰囲気は、凄く大事です。

だからこそ、あまり無表情、不愛想だと損をしてしまう・・・人もいるでしょう。

でも、まさにボールを打っているような時は、無表情でも良い。

それは、しっかり周りが理解してあげないといけない部分。

練習やラリーの合間、では、ちょっと笑顔くらいの方が良いかも知れませんね。

このメリハリが付けられる人は、練習上手であり、試合上手、なはずです。

 

2.ダブルスペアは、お互いを理解して寄り添わないと

世の中には、色々な人がいます。

大事なのは、自分のペア、パートナーがしっかり力を発揮してくれる人。

その人の出す雰囲気、を理解して寄り添う。

この姿勢は、特にダブルスで大事です。

気を遣ってばかりで、誤解ばっかり、そんなペアって結構多いですよ。

すごくもったいないけど、本音で話せていないんじゃないかなと思いますね。

「私はこういう感じで試合する、アナタはどう?」と聞いて、お互いに尊重して受け入れる。

これは学生からシニアの方まで、必要な考え方だと思います。

ダブルスのペアが気持ち良くプレー出来れば、より勝利も近付きますからね。

 

3.無表情で無口なのと、不機嫌な雰囲気を出すのは違う

私は、後者は無しだと思っています。

どこかテニスの練習中に、自分が上手くいかないことを周りに当たり散らすような人、いますよね。

これは最悪です。

みんなの雰囲気を悪くするし、コートから退場で良いでしょう。

でも、無表情で無口だけど、真面目で真摯に練習に取り組む人。

これは、その人の性格であり性分、だと私は思います。

良い意味で緊張感のある練習が出来ますし、私はいても良いようなタイプの人、だと思います。

 

4.練習に緊張感を生む人、は必要です

私の経験上、こういう人は絶対に必要。

「この人とのラリーは、ミス出来ないな・・・」というような人って、無口で無表情、じゃないですか?

すごく試合に近い緊張感で、アナタの成長を助けてくれるはずです。

例え不愛想でも、いざコートを離れたときの行動がしっかりしていれば、仲間からも信頼される。

コート上では自分に厳しく、他人にも厳しい(ように見える)人は、私は大歓迎です。

ぜひ、みなさんもそういうスタンスで、色々な人と練習して欲しい。

結構、「この人はちょっと、苦手だな・・・」という人ほど、アナタに必要な何かを持っている人だと思いますよ。

 

練習を、試合を、「居心地の良い仲間」とだけやっていてはダメ。

楽しいようで成長しない、だから試合に勝てないし結果楽しくない。

そう考えると、色々な人と積極的に練習しよう、という気持ちになるはずです。

楽ではないですけどね。

でも、本気の練習をしていたら、無表情にもなりますよ。

そういう人を、受け入れてあげるだけの度量、器量を、アナタ自身育んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本

    当たり前といえば、当たり前の話。でも、テニスではこれをしっか…

  2. テニス 居場所

    その他

    「試合に強くなりたければ、大胆に変えること」テニスの上達に必要なのは発想の転換です

    なかなかテニスが上達しない、試合で勝てないと悩んでいる方は多い。…

  3. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

  4. テニス メンタル

    その他

    「テニスの世界において、多数派で無いことは武器になる」アナタの個性を磨いていきましょう!

    今回は、少し趣向を変えて漠然としたテーマで。勉強でも仕事でも何…

  5. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ

    良いコースにストロークやボレーを打っても、相手が先回りしていて反撃され…

  6. その他

    無限の負のループ、に気付こう

    私たちの周りは、常に繰り返し、で満ちている。このこと、に気付け…

特集記事

  1. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある
  2. テニス メンタル

    戦術

    消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの
  3. テニス ストローク

    ストローク

    試合で必要な「相手バックハンドに高く弾むスピン」に対応する為に、必要な4つのポイ…
  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ
PAGE TOP