サーブ

試合でサービスエースを狙うなら、まずはこのコースが基本

サービスゲームである程度リードして、セカンドサーブも安定している。

そんなときは、積極的にコーナーを突いたサーブでエースを狙いましょう。

「そんな無謀な!?」と思うかもしれませんが、アナタ自身がまず、狙うということが大事。

自分で壁を作っていては、いつまでも自分を超えられないですよ。

 

試合でサービスエースを狙うなら、まずはこのコースが基本

 

1.求めた人だけが、サービスエースを取れるようになる

誰だって、最初から良いサーブは打てない。

何度も失敗して、リターンで痛い目に遭わされて、それでも「狙う」ことでサービスエースを取れるようになるんです。

アナタ自身、自分のサーブ力に勝手に壁を作ってしまっている可能性が大。

もしかして、もうサーブなんて良くならない・・・と思ってはいませんか?

それは酷い思い込み、です。

本気で求めれば、誰でもサービスエースを取れる技術を身に付けるチャンス、はあるんです。

 

2.狙いはワイド、スライスで逃げていくサーブ

まず、このサーブをしっかり身に付けたい。

右利きの方ならデュースサイド、左利きの方ならアドバンテージサイドから、しっかり打てるようになりたい。

スライスサーブで外に逃げていく、速さよりもコントロールで勝負。

このサーブ、スライスサーブを打てるようになれば後は曲がり方に合わせて、ネット上のどこを狙うのかを決めるだけ。

浅くて良いんです、このサーブ。

浅いとより角度がついて、相手からすると触り辛いサーブになって効果的ですから。

まずはとにかく、練習でしっかり狙ってみる、ことから始めてみて下さい。

 

3.コートの外側に立っても良い、と思います

実際の試合では、ダブルスでコートの外側、シングルスライン付近から打っても良いでしょう。

実際、勘の鋭い相手なら「ワイド警戒だな・・・」と思われる可能性もありますが、気付いていない人もいるでしょう。

それに、まずは狙ったところに打てる、という自信を付ける意味でも、ワイドに打ちやすい場所から打つのが吉。

しっかり振り切って、コーナーを狙う。

ネットを超えて、スライスサーブも変化して落ちてくれますから、ネットは超えるように大きめに打ちましょう。

きっと、ノータッチにならないまでも、アナタなりの良いコントロールサーブになるはずです。

 

4.特に右利きの人はチャンス!その理由とは?

理由は明白です。

リターンの人は、やっぱりフォアハンドを空けている人が多いんです。

バックでリターンしたくないから、デュースサイドではセンター寄りに立っている。

これだと、ワイドへ切れるサーブを打ったら、まず取れません。

この弱点、を突いていきたいんですよね。

もちろん、あるレベルからはリターンの位置も正しい選手が多いし、フォアハンドで切り返されることもあるでしょう。

でも、1~3回戦くらいのレベルの相手なら、「あそこに打てば、エースだな」というコースがある。

これを自覚して、準備出来るかどうか、ですね。

 

アナタ自身、もっとサーブを武器にする意識を持って欲しい。

繰り返しますが、望まなければ、得ることは出来ません。

試合でサーブを使って、相手を攻撃していく。

これは、何もプロ選手に限ったことでは無いはず。

まずはワイドへのサーブから、しっかり練習してみて下さい!

■多彩なサーブを身に付けたいなら、読んで損は無いです↓

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?

    サーブのトスアップについて、実は大きな誤解が生じている、ケースは多い。…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

    1ゲーム目から、ものすごいサーブを打ち込まれる。そうなると、戦…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブに求められるもの」テニスの試合で有効なセカンドサーブ、打ててますか?

    サーブは難しい。技術も難しいし、その上「入れなきゃ」というプレ…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

    自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。それは、こういう目標…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします

    テニスのトーナメント大会で、何試合か勝ち上がると必ず強敵との対戦になり…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. メンタル

    試合で必要な「意外性の高いショット」は、ポイントをリードしているときに相手に見せ…
  2. テニス フットワーク

    メンタル

    「ムキになって相手のラリーに付き合う」のは本当に危険
  3. テニス ストローク

    ストローク

    リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと…
  4. テニス リターン

    ストローク

    「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です
  5. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う
PAGE TOP