テニス メンタル

戦術

足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない

みなさんの周りにも、こういう選手はいませんか?

すごく足が速くてスタミナもある、ストロークも粘り強い。

足が速いから、前への反応も速くてドロップ系のショットも拾われていく・・・。

こういう選手は、男女問わずどのカテゴリにも絶対数存在します。

特に1~3回戦では、しっかり負けないように戦いたい。

そのベースとなる意識、をお伝えしたいと思います。

 

足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない

 

1.やるのは「テニスの試合」でありたい

足が速い相手と、かけっこ勝負になってしまう。

これは、シングルスの試合でよくあるケースです。

お互いに相手を動かして、最後は「足が速い選手が拾い勝ち」するような試合。

まぁ、シコラーに負ける試合に近い感じかも知れませんが、アナタ自身「相手を動かしている」だけで満足しがち。

テニスの試合って、相手を動かすということは、自分も動かされるということ。

角度を付ければ、角度を付けられる。

相手が走った分だけ、自分も走るくらいの覚悟が必要なんですよね。

やるのはテニスの試合、ですから。

テニスの試合らしいショット、をアナタ自身が創り出していかないといけないんです。

 

2.テニスの試合は、ボレーとストロークから成り立つ

足が速い選手は、一定のテンポでのラリーが大好き。

シングルスの試合でも、同じように走らされていると、むしろ調子を上げてくる。

だからこそ、アナタに必要なのは「テンポ」を変えること。

テニスのルールでは、ノーバウンドで打つショット、ボレーも有効ですよね。

ストロークだけだと、テニスの試合とは言えないと私は思います。

相手の走るリズム、スタートのリズムを変えてあげる。

そして、「そんなに走ってばかりだとムダだよ」というメッセージを伝えていく。

この意識こそ、大事だと思いますよ。

 

3.ただ走らせる、じゃないくて「急に走らせる」

いくら足が速い相手でも、いきなりスタートを切ったり、逆を突かれたり・・・というのはしんどい。

サーブ&ボレーみたいに、いきなりラリーのテンポが上がったりすると、面食らうはずです。

他にも、あえて走らせない、相手がいる場所に打ち続けておいて・・・いきなり展開していく。

みたいな作戦、が効果的でしょう。

走り出したら速いですけど、そのスタートを遅らせたり、モチベーションを下げてあげる。

こういう作戦は、足が速い選手以外にも効果的ですね。

大事なのは、アナタ自身が試合をリードしていくということ。

何も考えないで試合に入ると、いつのまにかかけっこ競争になってしまいますよ。

 

4.「最初のショット」で優勢に立ちたい

こういう相手だからこそ、です。

サーブとリターン、最初のショットで優勢に立って、相手にプレッシャーをかけないといけない。

相手からすると、「とにかくラリーに持ち込めさえすれば、何とかなるな」という自信があるはず。

これを打ち砕くには、やっぱり精度の高いファーストショットが大事。

入れるだけのサーブ、つなぐだけのリターンでは、厳しいでしょう。

 

きっと、ちょっとの意識で変わります。

粘り強い相手が苦手な人は、相手の土俵で戦っているだけ。

テニスって、ルールに幅があるし、もっともっとクリエイティブに考えて良いスポーツですからね。

ちょっと変わった試合、をやるくらいの気持ちでOK。

ぜひ、次の試合で対戦するときには意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう

    試合の中で、流れを読んで先、先に仕掛ける。これが出来るのは、上…

  2. 戦術

    自分の失点には、共通点があることに気付けてる?

    試合の中での自分の失点。試合の後に、どれくらい思い出せますか?…

  3. テニス メンタル

    戦術

    相手から逃げるのと、勝負を避けるのは根本的に違うという話

    テニスの試合、いかに相手の弱点を突いていくのか。この重要性は、…

  4. 戦術

    試合の中で、自分が当たり損なったら・・・?

    試合の中で、ガシャっとなってしまう。ラケットのフレームに当た…

  5. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽になる

    今回も、私が実際の試合で使っている「言葉」について。試合形式が…

  6. テニス 戦術

    戦術

    「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう

    何か新しいことを始める、練習する。その中で、皆さんはきっと最初…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    テニス人になれて、本当に幸せを感じています
  3. テニス チャンス

    戦術

    「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから
  4. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せて…
  5. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの
PAGE TOP