テニス メンタル

戦術

足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない

みなさんの周りにも、こういう選手はいませんか?

すごく足が速くてスタミナもある、ストロークも粘り強い。

足が速いから、前への反応も速くてドロップ系のショットも拾われていく・・・。

こういう選手は、男女問わずどのカテゴリにも絶対数存在します。

特に1~3回戦では、しっかり負けないように戦いたい。

そのベースとなる意識、をお伝えしたいと思います。

 

足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない

 

1.やるのは「テニスの試合」でありたい

足が速い相手と、かけっこ勝負になってしまう。

これは、シングルスの試合でよくあるケースです。

お互いに相手を動かして、最後は「足が速い選手が拾い勝ち」するような試合。

まぁ、シコラーに負ける試合に近い感じかも知れませんが、アナタ自身「相手を動かしている」だけで満足しがち。

テニスの試合って、相手を動かすということは、自分も動かされるということ。

角度を付ければ、角度を付けられる。

相手が走った分だけ、自分も走るくらいの覚悟が必要なんですよね。

やるのはテニスの試合、ですから。

テニスの試合らしいショット、をアナタ自身が創り出していかないといけないんです。

 

2.テニスの試合は、ボレーとストロークから成り立つ

足が速い選手は、一定のテンポでのラリーが大好き。

シングルスの試合でも、同じように走らされていると、むしろ調子を上げてくる。

だからこそ、アナタに必要なのは「テンポ」を変えること。

テニスのルールでは、ノーバウンドで打つショット、ボレーも有効ですよね。

ストロークだけだと、テニスの試合とは言えないと私は思います。

相手の走るリズム、スタートのリズムを変えてあげる。

そして、「そんなに走ってばかりだとムダだよ」というメッセージを伝えていく。

この意識こそ、大事だと思いますよ。

 

3.ただ走らせる、じゃないくて「急に走らせる」

いくら足が速い相手でも、いきなりスタートを切ったり、逆を突かれたり・・・というのはしんどい。

サーブ&ボレーみたいに、いきなりラリーのテンポが上がったりすると、面食らうはずです。

他にも、あえて走らせない、相手がいる場所に打ち続けておいて・・・いきなり展開していく。

みたいな作戦、が効果的でしょう。

走り出したら速いですけど、そのスタートを遅らせたり、モチベーションを下げてあげる。

こういう作戦は、足が速い選手以外にも効果的ですね。

大事なのは、アナタ自身が試合をリードしていくということ。

何も考えないで試合に入ると、いつのまにかかけっこ競争になってしまいますよ。

 

4.「最初のショット」で優勢に立ちたい

こういう相手だからこそ、です。

サーブとリターン、最初のショットで優勢に立って、相手にプレッシャーをかけないといけない。

相手からすると、「とにかくラリーに持ち込めさえすれば、何とかなるな」という自信があるはず。

これを打ち砕くには、やっぱり精度の高いファーストショットが大事。

入れるだけのサーブ、つなぐだけのリターンでは、厳しいでしょう。

 

きっと、ちょっとの意識で変わります。

粘り強い相手が苦手な人は、相手の土俵で戦っているだけ。

テニスって、ルールに幅があるし、もっともっとクリエイティブに考えて良いスポーツですからね。

ちょっと変わった試合、をやるくらいの気持ちでOK。

ぜひ、次の試合で対戦するときには意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、技術はあってもそれを「使える」人は意外と少ない

    先日のニュースで、「日本には頭の良い選手があまりいない」という発言が話…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ

    テニスの試合で、大逆転が起きる時。それって、どんな時でしょうか…

  3. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない

    もちろん、テニスの試合の中で・・・です。本当に勝ちたい試合、お…

  4. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合で、「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはありますか?

    テニスの試合、何かしらは準備して皆さん試合に入る。それはネット…

  5. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう

    自分の美学を貫くこと。すごく美しいようですが、試合の中ではそれ…

  6. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう

    テニスの試合に、強くなっていくということ。それは、実際にはこう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    試合で使える武器を2つ、相手に意識させれば勝ったようなもの
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    Iフォーメーションが上手く機能しない人は、「前衛の態勢が低くなり過ぎている」かも…
  3. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変…
  5. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩
PAGE TOP