テニス メンタル

その他

テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう

対戦相手を観察する力は、本気になれば誰でも身に付く。

そう、まずは対戦相手に勝ちたい、という気持ちよりも「興味を持つ」というくらいの感覚が大切。

テニスはスポーツの中でもより「人間らしさ」がにじみ出るスポーツ。

だからこそ、対戦相手の個性を掴むのが楽しい。

今回はそのちょっとしたコツについて、お話してみたいと思います。

 

テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう

 

■何でも良いから「仮説」を立ててみる

まずは正解を探さず、一旦仮で相手の性格を考えてみましょう。

「赤いウェアを着ているから、情熱的で攻撃的かも」

「セカンドサーブも強気で打ってくるから、ギャンブル性が高そう」

そんなちょっとしたこと部分で、まず仮説を立ててみてはどうでしょうか?

仮説を立ててれば「ちょっと違ったな」と感じて、また修正も出来ますし考えることができる。

経験を積んでいけば、最初の仮設の精度も上げられるはずです。

 

■個性が出やすいのは「追い詰められた」場面

テニスにおいて個性が出やすいのは、追い詰められた場面

たとえばゲームポイント、ここを落としたら辛い・・・という場面で積極的にプレーするのか、相手のミスを待つのか。

アプローチショットで攻撃されたときに、パッシングショットを打つのか、ロブで上に逃げるのか。

試合の速い段階で相手を追い詰めてみて、どんな対応をしてくるのかを試してみましょう。

粘ってくるタイプであれば攻撃させればボロが出るし、攻撃的な相手には粘りのテニスも必要でしょう。

しっかり作戦を立てる上で、試合の序盤に相手個性を掴むことは絶対に必要です。

 

■大まかに分けて、対戦相手毎にプランを用意しよう!

相手の個性をある程度掴んだら、後はシンプルに作戦を実行するだけ。

相手選手の得意なショットを減らして、苦手なことをやらせる。

つまりは粘りと攻撃、両方がアナタ自身もオールラウンドに出来なければ意味がありません。

浅いボールを打って相手に攻撃させるようなドロップ系のショット、深く粘る為のフットワーク、高い弾道のショット。

時間を稼ぐスライス系のショットも必要になってきますね。

 

作戦が見えてくれば、必要な技術が見えてきます。

ただやみくもに、「良いショットが打ちたい!」と思って練習していても、テニスの試合では使えない。

しっかりと作戦から逆算していくことで、練習の一つ一つにも意味を理解できるようになって上達も速い。

対戦相手に目を向け、個性を掴み、手玉にとりましょう

それこそ、アナタに必要なテニスです。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス 雪

    その他

    「雨、じゃなくて雪も降り出す…」ときのテニスの試合における注意点4つ

    寒くなるこれからの季節、テニスの試合はますます厳しいものになってきます…

  2. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの?

    テニスやボールスポーツの基本は、ボールを良く見ることが何より大事と言わ…

  3. テニス 感覚

    その他

    自分のテニスについて、「イメージと実際のフォームには、ギャップがある」ことを知るのが大事

    どんなにテニスが上手い人も、まず最初は自分の「下手さ」を知るところから…

  4. テニス ダブルス

    その他

    内容に満足出来ないけど勝った試合は、アナタの修正力で勝った立派な試合

    皆さんも、経験ありませんか?やりたいテニスは出来なかったけど、…

  5. その他

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来

    ウィンブルドンとワールドカップ、同じ時期に開催されると面倒くさい。…

  6. テニス 部活

    その他

    「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型へ」テニス部の部活動は、今まさに変革期です

    高校サッカーのチームで、ここ2~3年面白い話を聞く機会が多い。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    試合でのボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」で9割が決ま…
  3. その他

    テニス部の後輩には、「自分の武勇伝よりも失敗談」を話す方が、きっと良い信頼関係が…
  4. メンタル

    テニス選手にとっての基本、「自分が打った全ボールを信じ切る」ことは意外と皆実践出…
  5. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
PAGE TOP