テニス メンタル

その他

テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう

対戦相手を観察する力は、本気になれば誰でも身に付く。

そう、まずは対戦相手に勝ちたい、という気持ちよりも「興味を持つ」というくらいの感覚が大切。

テニスはスポーツの中でもより「人間らしさ」がにじみ出るスポーツ。

だからこそ、対戦相手の個性を掴むのが楽しい。

今回はそのちょっとしたコツについて、お話してみたいと思います。

 

テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう

 


 

■何でも良いから「仮説」を立ててみる

まずは正解を探さず、一旦仮で相手の性格を考えてみましょう。

「赤いウェアを着ているから、情熱的で攻撃的かも」

「セカンドサーブも強気で打ってくるから、ギャンブル性が高そう」

そんなちょっとしたこと部分で、まず仮説を立ててみてはどうでしょうか?

仮説を立ててれば「ちょっと違ったな」と感じて、また修正も出来ますし考えることができる。

経験を積んでいけば、最初の仮設の精度も上げられるはずです。

 

■個性が出やすいのは「追い詰められた」場面

テニスにおいて個性が出やすいのは、追い詰められた場面

たとえばゲームポイント、ここを落としたら辛い・・・という場面で積極的にプレーするのか、相手のミスを待つのか。

アプローチショットで攻撃されたときに、パッシングショットを打つのか、ロブで上に逃げるのか。

試合の速い段階で相手を追い詰めてみて、どんな対応をしてくるのかを試してみましょう。

粘ってくるタイプであれば攻撃させればボロが出るし、攻撃的な相手には粘りのテニスも必要でしょう。

しっかり作戦を立てる上で、試合の序盤に相手個性を掴むことは絶対に必要です。

 

■大まかに分けて、対戦相手毎にプランを用意しよう!

相手の個性をある程度掴んだら、後はシンプルに作戦を実行するだけ。

相手選手の得意なショットを減らして、苦手なことをやらせる。

つまりは粘りと攻撃、両方がアナタ自身もオールラウンドに出来なければ意味がありません。

浅いボールを打って相手に攻撃させるようなドロップ系のショット、深く粘る為のフットワーク、高い弾道のショット。

時間を稼ぐスライス系のショットも必要になってきますね。

 

作戦が見えてくれば、必要な技術が見えてきます。

ただやみくもに、「良いショットが打ちたい!」と思って練習していても、テニスの試合では使えない。

しっかりと作戦から逆算していくことで、練習の一つ一つにも意味を理解できるようになって上達も速い。

対戦相手に目を向け、個性を掴み、手玉にとりましょう

それこそ、アナタに必要なテニスです。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおいて、どんな部分に「癖」は付きやすいのか?

    相手の「癖」を見抜くこと。これは、これからのアナタに絶対に必要…

  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で知っておいて損は無い、「風下コートでの戦い方」について

    インドアのコートが増えてきたとはいえ、まだまだテニスは屋外スポーツ。…

  3. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長出来ない

    テニスを頑張っている人は、世の中に多い。ですが、本気で自分自身…

  4. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない

    最近、特に気になることがあります。学生の皆さんやジュニアの大会…

  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

    テニスはまず、相手としっかりラリーをしてからポイントゲットを狙うスポー…

  6. テニス 指導

    その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない

    「部活の上下関係で、悩んでいます・・・」といった声、よく伺います。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技
  2. テニス スライス

    ストローク

    スライスの守りのショットが浮いてしまう方は、ココをチェック!
  3. ダブルス

    繰り返しますが、ダブルスの前衛のポーチは、1発で決める必要ありません
  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例…
PAGE TOP