テニス ラケット

日々の雑記

辛いときは遠慮なく、テニスから離れましょう

先週、初打ちを終えた後の・・・自分のテニス。

「これは本当に、まずいぞ・・・」と。

正月太り、では済まされないくらいに、身体が重いし気持ちも乗らない。

そんな経験、みなさんもあると思います。

 

部活やサークルでテニスを頑張っているみなさんは、どこか「テニスを休みなく続けること」が正しい、これしかない、と思いがち。

私も学生時代は、そうでした。

体調が悪くても、気分が乗らなくても、とにかく練習、練習。

そうしないと、置いていかれる感じもあったし、何より自分自身が不安でした。

でも、今になって思うことがあります。

それは、「辛かったら、遠慮なくテニスから離れれば良いじゃない」と。

当時は誤魔化しながら、ただ「続けること」に価値を見出してただけ、かも知れません。

 

とにかく、テニスは難しい。

試合だって難しい。

それを何とかしようとする練習は、もっともっと、難しい。

上手くいかないことだらけ、ですよね。

一緒に練習するメンバーだって、いつも良い感じとはいかない、のも当たり前。

人間関係に悩んで力を使う、ことにも疲れ果ててしまう方も多いでしょう。

そうなったら、もう離れましょう、一度。

テニスから距離をおくことで見えてくること、感じられるもの、たくさんあるはずです。

 

逆に、いつも順風満帆、何事も上手く楽しい、なんて人を私は信用しません。

どこか、この人鈍いんじゃないかな?と思ってしまう。

だって、そんな万能な人はいなし、上手くいっていないのに「楽しい」とだけ感じる人は、ちょっと異常。

正直に、「今辛いから、ちょっと抜けるわ」と言ってくれる方がすごく嬉しい。

賛否両論あると思いますが、気持ちが入っていかないのにコートに立っていると怪我も多くなる。

それに、何より周りのメンバーに良い影響はありませんからね。

自分で自分をどんどん、押し込めていっても良いことは無いですよ。

 

自分自身の感覚、人間らしい部分に嘘をつかない。

テニスがやりたくない、辛いと思ったら休めば良い。

そこでぜひ、いつもやらないようなことをやったり、会わないような人に会ったり、というのが出来ると、また良いきっかけになると思います。

以前にも書きましたが、アナタ自身が離れてもテニスがどこかへ行く、ということはありません。

いつでも、私たちを温かく迎えてくれるはず。

今年も焦らず、じっくりいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    オリンピックだけじゃない、週末のテニスコートにだって魔物は潜んでいる

    小平選手、金メダルおめでとう御座います!1発勝負、この30秒ち…

  2. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?

    小さいことですが、気遣いが出来ると「お!?」と感じること。テニ…

  3. テニス Q&A

    日々の雑記

    T-PRESSとテニススクールの、決定的な違いについて

    2018年、今年はみなさんにとってどんな一年、になるでしょうか。…

  4. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし

    3月になり、色々と環境が変わる準備をしている方も多いと思います。…

  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う

    スポーツの秋・・・と言えば聞こえは良いですが、ちょっと寒すぎですよね。…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる

    年末になると、スポーツの観戦機会が増えますよね。テレビでもサッ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう
  2. メンタル

    「夏休み練習でワンランク上を目指せ!」テニスの試合で勝つには相手からミスを誘うポ…
  3. テニス 練習

    その他

    身体能力が高い人が、必ずしもテニスが上手くなるとは限らない
  4. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで前後に走らせたいのは、「足が遅い」選手に限る
  5. メンタル

    「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為…
PAGE TOP