テニス メンタル

日々の雑記

身近になれば、それは掴める

改めまして、大坂選手おめでとう御座います!

という声、みなさんの周りでもたくさん聞こえて来てますよね。

普段あまりテニスを観ない人からも、なぜか自分が祝福されているような感じがして、幸せな気持ちになれた週末でした。

それにしても、2大会連続でのグランドスラム制覇、しかもシングルス、これは凄いことですよね。



みなさんも、小さい大会でも経験して来ているはずです。

2回目に勝つのが、難しいということを。

これは、本当にそうです。

ましてや、世界トップレベルでは研究されるスピードも速い。

昔以上に、今では高速でAIが各数値を分析して来ますし、トレーニングも何もかもが、正確で速い。

それを、大坂選手が全て受け止めて勝った、そんな大会だったように思います。

これは本当に、もの凄いこと。

私たちも、勇気をもらうだけじゃなくて行動に変えていかないといけない。

それくらい、強いメッセ―ジのこもった大会だったように感じました。



対戦相手のクビトバ選手も、準優勝にふさわしい、奇跡的なカムバックでしたね。

みなさんもご存知の通り、彼女は辛い経験を糧にして、またテニスコートに戻って来ました。

こういう相手に勝つ、というのは本当に至難の業です。

なぜなら、勝利とはまた別の価値を見出し、テニスが出来ることへの感謝、自分への希望を抱きながら試合が出来ているから。

対戦相手としては、真の強さを持っていた相手、それに対して勝利出来た大坂選手は本当に凄い。

これから、どんな成長曲線を描いていくのか。

私たちも、今回の件を通じて意識したいポイントがあります。



今まで、私たちにとってグランドスラム制覇って、とても遠い存在だったと思います。

日本人にとって、ましてや連覇なんて遠い存在でした。

でも、大坂選手がそれを打ち破ってくれた。

これが意味するところは、非常に大きいと思います。

「意外と、やれるもんだよ」というのを、見せてくれている。

身近になった、と言えば語弊があると思いますが、それでも「やって出来ないことは無い」と。

夢を与えてもらう、以上に何か現実的に「出来るんだよ」というのを見せてもらっているように感じます。

「いや、それは世界トッププロの話だし、自分は違う…」と思う方も、多いと思います。

でも、これは常に、みなさんの周りでも起きていることでしょう。

仲間の誰かが、壁を突破していく。

市民大会の予選を通過したり、A級に昇格したり、大会で結果を出す。

それを本当に刺激と受け止めて、頑張れるかどうか。

戦う世界は違いますが、私は一緒だと思いますよ。



だって、あんなにメンタル的に弱そうで、試合中に泣いていた彼女がここまで強くなれたんですから。

人は、変われます。

何度でも、何歳でも、変われます。

そう、私たちにはテニスがあるので、それが出来るんです。

目の前で起きていること、ただ嬉しいと喜んでいるだけじゃもったいない。

大坂選手だって、私たちのテニス仲間だと思えば良いじゃないですか。

よし、自分もやってやろうと。

そう思えること、大事な才能です。

私自身も、たくさんの刺激をもらいましたので、これからもっと頑張ります。

そして、結果を出してみなさんに強くなってもらう。

負けないように、頑張ります!

ピックアップ記事

  1. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. 日々の雑記

    球数制限、テニス選手にも必要

    未来の高校生の、肩を守る。こういう背景もあり、高校野球ではピ…

  2. テニス コントロール

    日々の雑記

    「とりあえず批判しとこう」的な自分を、誰も批判してはくれない

    今年もあっという間に6月、ですね。なんだかもう、今年も半分が終…

  3. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?

    小さいことですが、気遣いが出来ると「お!?」と感じること。テニ…

  4. テニス シングルス

    日々の雑記

    「テニスは面白い」と思ったまま、各カテゴリを卒業して欲しい

    先週末の3連休、とにかく暑かったですね・・・。関東では台風がそ…

  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う

    スポーツの秋・・・と言えば聞こえは良いですが、ちょっと寒すぎですよね。…

  6. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

    8月も、もう後半。みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント
  3. テニス フットワーク

    ロブ

    前衛の上に上げるのがロブ、だけじゃないですよ
  4. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?
  5. ストローク

    「ショットが飛ばない時は・・・?」テニスのストロークで重要なポイントはボレーにも…
PAGE TOP