テニス メンタル

メンタル

「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5つ

「テニスの試合で勝つ為に」をテーマに記事を書かせて頂いている中で、身に付けることはたくさん書いてきました。

今回は、勝つ為に削ぎ落として欲しい部分。

自分の心の弱さだったり、無意識のうちに勝利の確率が下がってしまうようなことを、出来る限り削ぎ落としていく。

すぐに全てを・・・というのは難しいかも知れませんが、少しずつ意識して実践してもらえればと思います。

 

「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5つ

 


 

1.太陽光、風、相手の応援などの「外部要因」をやられるメンタル

インドアコートが増えてきたとはいえ、テニスの試合はまだまだアウトドアコートで行われることが多い。

そんな中で自然の影響は受けざるを得ません。

チェンジコートがあり環境は平等とはいえ、その風や雨、太陽の光をどう感じるかが試合の結果を大きく左右します。

風に対する戦い方(スライスを用いる等)、太陽光にはサングラスと、しっかりした準備を練習中から身に付けましょう。

「今日は風が強かったから・・・」

「サーブのサイドはまぶしかったから、キープできなかった・・・」と、言い訳する弱いメンタルは、削ぎ落としていきましょう。

 

2.いつも同じメンバーとしかテニスをしない

テニスの試合は、ほぼ初見の相手が対戦相手になります。

それなのに、練習はいつも同じメンバーとばかり、というのは非常に矛盾した話。

意識して外のメンバー、それもできれば自分より少し実力が上のメンバーとテニスを練習する機会を創りましょう。

「新しいメンバーとは緊張するし、一人で行くなんて怖い・・・」という人は、その弱い心を変えるきっかけが必要です。

 

3.セルフジャッジなのにカウントを忘れる、コールをしない

カウントに応じたプレーを、テニスというスポーツは求められます。

言い換えれば、守らなければならないポイントや、捨てても良いからチャレンジして相手に見せておくポイントもあります。

それを意識するのも重要ですが、まず大前提としてしっかりカウントを頭に入れながらプレーをすること。

当たり前ですが、サーバーになったらしっかりとカウントをコールして相手と共通認識を持ってプレーを開始すること。

試合で勝てる人は、このポイント毎の戦い方が非常に上手いです。

「カウントは誰かが言ってくれる、コールしてくれる、覚えていてくれる・・・」という気持ちは、削ぎ落としましょう。

 

4.ガットを張り替えない、グリップが汚い、テニスウェアが変わらない

身なりをしっかり整えている人は、どんなスポーツでも強者であり続けます。

特にテニスは、ガットにグリップテープ、ウェアにシューズとギアの消耗が激しいスポーツ。

しっかりと管理してこそ、勝者になる資格があると言えます。

「まだこれくらい、変えなくても良いか・・・」

「ウェアはいつもこれだし、今日もこれで良いか・・・」

という少しの隙が、相手に付け込まれる種になります。

 

5.テニスについて自分で考えるということをしない

テニススクールに通っている人は、時に全てを受け身になりがちだと考えて下さい。

教えてくれるコーチ、一緒に練習する仲間、快適なインドアコート。

全て、アナタ自身の試合では一切助けてくれません。

自分で戦術を考え、実践し、修正して戦わなければいけません。

どこか、テニスの上達を人任せになってはいませんか?

改めて、考えてみて下さい。

 

このサイトも、テニスの試合に勝つ為の「答え」を提示できている訳ではありません。

アナタ自身の考えをサポートして、きっかけになることしかできないのです。

動画や連続写真など、もっと詳しく解説して欲しいとの声も頂きますが、それでは読んでいる読者の方のイメージ力を削いでしまいます。

自分で考えて、テニスの試合で勝つ為に必要なものを身に付けて、不必要なものを削ぎ落としていく。

その助けに、T-PRESSもなっていければこんなに嬉しいことはありません。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス

    メンタル

    テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?

    リードしているとき、相手の調子が悪いときには気にならない。でも…

  3. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

    年末年始に実家に帰省した際に、私の後輩が相談してきたことについて、今日…

  4. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

  5. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう

    テニスの試合に出ていると、負けず嫌いで勝気な人が多い。これって…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

    テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスのストロークには、リズムの変化が求められる
  3. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜い…
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークの超基本、「バウンドに合わせてラケットを引かない」を実践できている人は…
PAGE TOP