テニス フットワーク

その他

「新人を大抜擢する」ことの重要性

今年の箱根駅伝、終わってみれば青山学院大学の圧勝でしたね。

混戦と目された中での、V4達成。

私は、その要因からテニスにも大事なこと、を再度教えられた気がします。

駅伝とテニス、全く関係無いようで、実は教わる部分も凄く多い。

今回感じたのは、「新人を使う」という怖さと強さ、そして必要性です。

 

「新人を大抜擢する」ことの重要性

 

1.誰もが怖いと思うことを、やるから勝てる

青山学院大学の今回の箱根駅伝出場メンバーの中には、初出場の選手も。

他大学にも、もちろん初出場の選手はたくさんいる。

でも、青山学院の新人ランナーは、本当に素晴らしい走りを見せていましたね。

誰もが、怖いと思うこと。

特に、駅伝では一人のミスを取り返すのは簡単なことではありません。

他9人が必死で走っても、1人の失敗でチームは負ける。

だからつい、無難な選手を選択したくなる・・・のが普通じゃないでしょうか。

でも、それだと相手に対する「怖さ」が無くなる。

私はここが、勝負の分かれ目だと思います。

 

2.最近テニスの試合で、新人を抜擢しましたか?

アナタ自身、どうでしょうか?

最近試合で、新人=新しい技術、を使った機会はありましたか?

私自身、なるべく半年に1回は何か新しいこと、新人を使いたいと思って試合を準備しています。

もちろん、すごく怖いです。

ですが、本当に怖いのは恐怖心に負けてしまう自分、がどんどん弱くなっていくということ。

そうならないように、常に危機感を持って新人を使っていかないといけない。

何より、相手にとって「新しい力」って怖いはずですから。

 

3.新人には、ミスを問わない

もちろん、この大前提があるから出来る。

それに、試合でも落ち込まないんですよ。

だって、新人ですからね。

ミスするのが、最初は当たり前。

まず実行することが成功、その次に、その精度を高めていく。

試合で使ってみないことには、何も始まらない。

練習して鍛えてから使う、なんて言ってたらまた数年が経ってしまいますよ。

出番が無い新人、みなさんのテニスの中でもたくさんいるはずです。

 

4.新しいことは、実はアナタ自身の過去にあり

実は、そうなんです。

新しいことは、実はもう今までみなさん自身がやってきたこと、の可能性が高い。

私自身、最近試したポーチボレーの技術は、昔バレーボールをやっていた頃に考えていたブロックの技術に近い。

それを使うようになってから、すごくポーチがシンプルに打てるようになって、今では新しい技術として大活躍してくれています。

「前は、何を考えてやってたっけ・・・?」と、思い出してみて下さい。

きっと、その中から新しい技術の芽が生まれて来るはず。

温故知新、実はみなさんの足元に、たくさんのヒントがあると思いますよ。

 

誰もが怖い、と思うことをやる。

こんな相手って、やっぱり試合で強いし結果を出す。

だからこそ、しっかりアナタ自身が大抜擢していかないといけない。

試合で使うから、成長も速い。

今年は、ぜひアナタ自身の中での新人、に出場機会をたくさん与えてみて下さい。

きっと結果につながっていくと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い

    テニス選手って、色々なタイプがいる・・・と思いますか?でも実際…

  3. その他

    失点した瞬間の態度を、対戦相手は必ず見ている

    思った以上に、見られている。それが、アナタ自身の試合の中での失…

  4. テニス 楽天

    その他

    「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ

    約1ヶ月後に迫った、楽天ジャパンオープン2015。今年も錦織選…

  5. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?

    俺の今までのテニス人生は、色んな人からコーチしてもらって成り立っている…

  6. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう

    自分のテニスをもっと強くするためには、どうすればいいんだろう?…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付け…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけな…
  3. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    テニスのタッチプレーを、ゲーム感覚で練習する方法
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ
  5. テニス ダブルス

    リターン

    攻撃的な並行陣、に対抗するために必要なリターン5種
PAGE TOP