テニス フットワーク

その他

「新人を大抜擢する」ことの重要性

今年の箱根駅伝、終わってみれば青山学院大学の圧勝でしたね。

混戦と目された中での、V4達成。

私は、その要因からテニスにも大事なこと、を再度教えられた気がします。

駅伝とテニス、全く関係無いようで、実は教わる部分も凄く多い。

今回感じたのは、「新人を使う」という怖さと強さ、そして必要性です。

 

「新人を大抜擢する」ことの重要性

 

1.誰もが怖いと思うことを、やるから勝てる

青山学院大学の今回の箱根駅伝出場メンバーの中には、初出場の選手も。

他大学にも、もちろん初出場の選手はたくさんいる。

でも、青山学院の新人ランナーは、本当に素晴らしい走りを見せていましたね。

誰もが、怖いと思うこと。

特に、駅伝では一人のミスを取り返すのは簡単なことではありません。

他9人が必死で走っても、1人の失敗でチームは負ける。

だからつい、無難な選手を選択したくなる・・・のが普通じゃないでしょうか。

でも、それだと相手に対する「怖さ」が無くなる。

私はここが、勝負の分かれ目だと思います。

 

2.最近テニスの試合で、新人を抜擢しましたか?

アナタ自身、どうでしょうか?

最近試合で、新人=新しい技術、を使った機会はありましたか?

私自身、なるべく半年に1回は何か新しいこと、新人を使いたいと思って試合を準備しています。

もちろん、すごく怖いです。

ですが、本当に怖いのは恐怖心に負けてしまう自分、がどんどん弱くなっていくということ。

そうならないように、常に危機感を持って新人を使っていかないといけない。

何より、相手にとって「新しい力」って怖いはずですから。

 

3.新人には、ミスを問わない

もちろん、この大前提があるから出来る。

それに、試合でも落ち込まないんですよ。

だって、新人ですからね。

ミスするのが、最初は当たり前。

まず実行することが成功、その次に、その精度を高めていく。

試合で使ってみないことには、何も始まらない。

練習して鍛えてから使う、なんて言ってたらまた数年が経ってしまいますよ。

出番が無い新人、みなさんのテニスの中でもたくさんいるはずです。

 

4.新しいことは、実はアナタ自身の過去にあり

実は、そうなんです。

新しいことは、実はもう今までみなさん自身がやってきたこと、の可能性が高い。

私自身、最近試したポーチボレーの技術は、昔バレーボールをやっていた頃に考えていたブロックの技術に近い。

それを使うようになってから、すごくポーチがシンプルに打てるようになって、今では新しい技術として大活躍してくれています。

「前は、何を考えてやってたっけ・・・?」と、思い出してみて下さい。

きっと、その中から新しい技術の芽が生まれて来るはず。

温故知新、実はみなさんの足元に、たくさんのヒントがあると思いますよ。

 

誰もが怖い、と思うことをやる。

こんな相手って、やっぱり試合で強いし結果を出す。

だからこそ、しっかりアナタ自身が大抜擢していかないといけない。

試合で使うから、成長も速い。

今年は、ぜひアナタ自身の中での新人、に出場機会をたくさん与えてみて下さい。

きっと結果につながっていくと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

    今回、ご紹介するメニューは、今までのメニューとは一味違います。遊び…

  2. テニス ルール

    その他

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

    1セットマッチ、6ゲームオールになってタイブレークに突入。した…

  3. テニス メンタル

    その他

    なぜテニスプレイヤーのみなさんは、最初から完璧を求めてハードルを上げるんだろう?

    真面目なのか・・・どうも、こういう考えの人は多い。気付かないう…

  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一番です

    ストロークの「打点」で悩んでいる人、意外と多くありませんか?自…

  5. テニス 調子

    その他

    テニスの試合で調子が良いときこそ気を付けたい、「得意なショットとコース」に固執すること

    自分の調子が良い・・・ときに試合に勝てる、と限らないのがテニス。…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合はほとんど、「あるある」で始まり、「あるある」で終わる

    ざっくりしたタイトルですが、私が最近改めて思うこと。テニスの試…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス 知識
  1. テニス 前衛

    ダブルス

    相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「知らないから不安になる、というのはテニスでも同じ」だからこそ、準備が必要な4つ…
  3. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、ときこそ身体の開きを抑えよう
  4. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度…
  5. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス
PAGE TOP