テニス メンタル

その他

試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める

なかなか自信が持てない、試合で勝てるイメージが持てない人。

そんな人は、試合の中でリードしているときにチャレンジ、していくことを考えよう。

リードしている時にこそ、しっかり成功体験を積めるように。

アナタ自身、リードを活かして自分を成長させていくことが大事です。

 

試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める

 

リードしている時には、色々なことが出来る

試合の中で、リードしている自分を活かすということ。

それは、攻撃的にチャレンジする、そこで成功体験を積むということです。

試合の中で自分がミスを恐れない、というのは簡単では無いですよね。

テニスの試合は、全てポイントの積み重ね、がゲームカウントになっていく。

ゲームの中でリードしているなら、それを活かしてチャレンジしていくことを意識しましょう。

 

ゲームポイントを良い形で獲る、とすごく自信になる

ゲームポイント、「このポイントを獲ったらゲームを獲れる」というときに、しっかり自分の形を作る。

そこで上手くいけば、きっとアナタの大きな自信になります。

失敗しても次、がありますしね。

成功体験を積めば、良いイメージを試合でも持ちやすくなる。

そういう小さい部分が、アナタの強さになっていくはずです。

 

試合が強くなるとは、「逆算出来る」ようになるということ

ゲームポイントまでいけば、「あの形」で獲れる!

という自信が生まれてくる。

これは、アナタにとってすごく良いこと。

なぜならその時点で、スポーツ選手にとって必要な逆算出来る力、が付いてきたということだから。

ゲームポイントで培った自信は、必ず他のポイントにも転用出来る。

「あの大事な場面で決めれたんだから、きっと大丈夫だ・・・!」と思えるはずですからね。

 

積極的になるには、その理由が必要。

アナタ自身、試合に勝つのも大事ですがゲームポイントをまずは獲っていかないといけない。

しっかり自分から動いて、獲り切るイメージ持てますか?

持てないなら何か、変えていかないとですよ。

 

今回のまとめ

自分の形でゲームポイントを獲っていく成功体験、を積み重ねていこう!

 

関連記事

  1. テニス 技術
  2. その他

    「秘訣はニュートラルグリップ」テニスの試合で幅のあるプレーをする為に

    トップスピンのストロークでアプローチしてボレーで決める・・・なんてこと…

  3. その他

    テニスの練習では、「コートを分割した状態でも、自分の守る範囲」を強く意識しないとダメ

    1面に10人、20人で練習をする。テニスコート全体を使えないこと、…

  4. テニス ルール

    その他

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

    1セットマッチ、6ゲームオールになってタイブレークに突入。した…

  5. テニス グッズ

    その他

    テニスの試合に行くときに、ラケットバックに入れとくと便利なグッズ6選

    テニスの試合会場、「あれ持ってくるの忘れたー!」ということ、皆さん経験…

  6. その他

    「5年前のあの時」を思い出すたびに、テニスというスポーツの存在意義を私は再確認します

    5年前の3月11日。日本全国が、忘れられない体験をしたあの日。…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. ボレー

    ダブルスの試合で、「何でも後衛にお任せ」状態になっている前衛は、責任感が無さ過ぎ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し…
  3. サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実…
  4. その他

    このゲームを獲れば勝ち、のゲームで準備しておくべき4つの具体策
  5. ストローク

    「ストロークの時のグリップとスタンス」プロテニス選手が実践する技術には、必ず理由…
PAGE TOP