テニス 戦術

戦術

「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう

何か新しいことを始める、練習する。

その中で、皆さんはきっと最初に一番ストレスを感じているはず。

人間、慣れていることが一番楽ですしね。

だからこそ、強くなることに「慣れる」ことも大事なんです。

 

「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう

 

1.勉強でも仕事でも、同じです

きっとテニスだけじゃない。

勉強だって仕事だって、一緒でしょう。

何か新しいことに取り組み始めるときに、一番ストレスを感じる。

このストレスに慣れないと、「やっぱり、今までのやり方が良いよな・・・」と思って逃げるように戻してしまう。

皆さん、どうでしょう?

身に覚えの一つや二つ、ありませんか?

 

2.感じるストレスは、きっと小さいものを勝手に大きくしている

自分できっと、大きくしているだけ・・・だと思います。

テニスでも、少しグリップを変えたり打点を変えたり、細かく変更しているときにはストレスを感じる。

でもそのストレスって・・・結局自分で大きくしているだけ。

「またミスか・・・」

「周りから、変えてるって思われているかな・・・」

「新しくして、弱くなったらどうしよう・・・」

という想いが強くなると、新しい取り組みは続かない。

小さい変化のはずが、大きなストレスを自分にかけてしまう。

そもそも、変えていくって「マイナス」からのスタートが当たり前ですからね。

 

3.「マイナス」からスタート出来るのは、本当に変えている証拠

本気で変えていくときには、マイナスからが当たり前。

だって、一度今までの技術を捨てるくらい、変える訳ですからね。

試合に多少勝てなくなっても気にしない。

皆さんに必要なのは、それでも変えて強くしていきたいという勇気と決断力、でしょう。

マイナスになっている自分、ストレスに感じる必要はありません。

このストレスに耐えて、強くなっていくのですから。

 

テニス界って、意外と変えることが出来ない人が多い。

自分はこういうテニス、というのを決めつけている人ほど、成長が止まっている。

自分で変える、という意志があれば、ストレスだって乗り越えられるはず。

自分のテニスをコントロールしていくのは、アナタ自身ですからね。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提

    テニスの試合、大きく分けて二つあると思います。一つは、デュース…

  2. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている

    最近改めて、感じることがあります。きっと、昔よりも、学生やベテ…

  3. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です

    テニスを長く続けていると、どうしても「ケガ」する機会が増える。…

  4. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である

    実力はあるのに、試合で結果が出ない。それを、「何となくメンタル…

  5. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合では、スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの

    「今の試合、長かった・・・」と感じること、ありますよね。また、…

  6. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法

    テニスの試合で、「楽に勝てたな・・・」という試合、皆さんも経験あるはず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンス…
  2. ダブルス

    ダブルスペアを背中で引っ張る、時間帯も必要です
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない
  5. テニス 試合

    メンタル

    「相手がどこに打つか分かるかい?」テニスの試合で必要な予測と思い切った実践力
PAGE TOP