テニス ボレー

ストローク

両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう

以前にも少し書いたコツ、ですが、ストロークが振り切れない方へ。

特に、両手バックハンドですね。

ダイナミックな硬式テニスならではのショットですが、意外とみなさん、ラケットが振り切れない。

この問題、を解決するには改めて、テイクバックから打点までの形を確認しましょう。

両手で打てる分、私は社会人、ベテランの方でもしっかり肩を入れることをオススメしています。

 

両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう

 

1.テイクバック、だけじゃ足りない

横向きでテイクバック、そのままインパクト、フォロースルー・・・。

悪くない流れですが、これだとパワーが足りない。

そして、振り切るのに必要な身体の「ひねり、戻し」が出来ないんですよね。

テイクバックは速く終えておいて、その後にしっかり身体をひねる、そして戻す。

この部分、テイクバックだけで満足している人が多いと思うんですよね。

「肩を入れる」ことを、もっと強く意識して良いと思います。

 

2.しっかり踏み込めれば、相手に背中を向けられる

前に踏み込む、両手バックハンドが打てるときは、アナタの攻撃チャンス。

しっかりテイクバック、から肩を入れる、ときには相手に背中を向けるくらいのひねりが欲しいんです。

右利きの方なら、自分のアゴが右肩に乗るくらい。

しっかり相手に背中を向ける、一瞬のタイミングを意識して作ってみて下さい。

これだけで、しっかりラケットが振れるようになるはずです。

ラケットが振れない人って、横向きからそのままラケットを出すだけ、になっている方が多い。

足を決めて肩を入れる、ひねる、という動作だけで、ストロークは大きく変わります。

 

3.肩を入れるのは、前足を踏み込むタイミング

ここで、しっかりグッと肩を入れられるかどうか。

これが、アナタの両手バックハンドストロークの振り抜き、の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

前足を出すとき、に肩を入れる。

相手に、背中を向ける。

そのひねりを戻す感じで、ラケットはリラックスして振っていく。

両手バックハンドなら、多少打点が遅れても大丈夫。

後ろの腕で押していけるので、そう簡単には押し負けないですから。

しっかり大きな準備、が大事ですよ。

 

4.型さえ作れば、バックハンドストロークは最強

とにかく、ミスが減ります。

自分の中で、得意になった感覚が持てるはず。

みなさんも、両手バックハンドストロークの型を作るつもりで、今回の肩を入れるポイント意識してみて欲しい。

バックハンドストトークで攻撃出来る、安定出来ると、相手にすごいプレッシャーかけられますよね。

弱点であるはずのバックが、上手い、強い。

これを、ぜひ目指して欲しいんです。

背中を向けるくらい、肩を入れるタイミングを作る。

アゴを肩に乗せる、くらい大胆にやってみて下さい。

片手バックハンドの方も、基本は一緒ですよ。

 

バックハンドのストローク強化、諦めてはいませんか?

「自分はこんなもの」と決めつけてしまうのは楽ですが、未来が無い。

試合で勝ちたいなら、相手のプレッシャーとなるようなバックハンドでありたいじゃないですか。

ぜひ、テイクバックからの流れを意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出…

    しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ

    試合でも練習でも、意外と「ロブで抜かれたときに、追いかけて返球」する機…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    相手ボレーヤーのどこを狙うのか、を明確にしよう

    ストロークで、相手のボレーヤーを狙う。こういう場面、結構試合で…

  4. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について

    バックハンドストローク苦手だったので、バックが苦手な人を見分けるのが得…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩く、という危険な発想

    強い選手は、しっかり決める。ストロークでも浅いボールは、しっか…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識

    皆さんは利き腕、どちらでしょう?右利きの方も左利きの方も、基本…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ
  2. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす
  3. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス
  5. 戦術

    人が見向きもしないこと、にチャンスは転がっている
PAGE TOP