テニス ストローク

ストローク

「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント4つ

ストロークのバックハンド、得意な人も苦手な人もいると思います。

片手バックハンドか、両手バックハンドかによっても特徴は違いますし、一概にストロークのコツと言ってもたくさんあるでしょう。

今回は、ダブルスでもシングルスでも使える、クロスラリーでのポイントを挙げてみました。

特に「バックハンドは苦手…」と感じている方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

「バックハンドのクロスラリーを制する!」テニスの試合で必要なストロークのポイント4つ

 


 

1.まずはしっかり打点を前に!

何はともあれ、まずはこのポイントです。

打点が前であれば、バックハンドでもボールはストレートには飛びません。

クロスに飛ばせる打点を探すには、自分で練習してその点を探るしかないのですが、コツとしてはネットに近い側の足の30cm前。

リラックスして、ラケットヘッドを前に出していくこと。

センターベルト1.5m上を狙いましょう。

 

2.制する=深いボールで押し切ることだけでは無い

クロスラリーはつい、力が入りがち。

ラリーを制する=深いボールで押し切る、というイメージが、特にジュニアからしっかりテニスをやっている方に多い気がします。

あくまで、目的はポイントを取ること。

時には浅いボールを交えて、ストロークにも緩急をつけましょう。

ベースラインを居場所にしているストロークプレイヤーには、どんどん前に出てきてもらいましょう。

 

3.ドライブボレー、ドロップショットはアナタを助ける技術になります

ストローク戦は、近年稀に見る進化を遂げています。

軽くて振れる飛ぶラケット。

柔らかくとも、反発力のあるガット。

この機能を活かさない手はありません。

バックハンドのクロスラリーから相手が少し態勢を崩せば、サービスライン一歩手前まで動いてドライブボレーを打ちましょう。

浅いボールがくれば、打ち込む構えからドロップショットも有効です。

クロスラリーの中で、相手に対して変化をつける攻撃は必ず必要です。

 

4.それでも最期は気持ち!絶対に打ち勝つ精神を養う

技術的なことは、理解頂けたとして最期は気持ちです。

気持ち、メンタルとは何か。

試合前から、「バックハンドのクロスの打ち合いでは、絶対負けない!」と決めることです。

相手の前衛に、ポーチに出られても良いんです。

魂のこもったボールは、そう簡単にはポーチで打ち込まれません。

逆説的ですが、そのボールを打ち込まれるような相手は、レベルが数段上。

戦い方の根本を変えなければいけません。

自分の心で復唱すること。

クロスラリーは、絶対負けない、と。

 

クロスラリーは、テニスの試合においての基本となる部分です。

クロスラリーが多いのは、ネットの真ん中が低い高さに設定されているテニスの特質でもあります。

このクロスラリーで押していければ、しっかりローリスクで勝ち切ることも可能です。

格下相手にしっかり勝つ、格上相手には工夫してしっかり対抗できるよう、準備しましょう。

テニスにおいては技術も大切、気持ちも大切、なのがクロスラリーです。

しっかり練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って打とう!

    相手がネットに出て来たら、いつもパッシングショット狙い。これで…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ベースライン上でプレーするアグレッシブな相手には、ムーンボールを深く打ってみよう

    相手のポジションをよく見てみると、ベースライン上でプレーしている。…

  3. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること

    初中級者の壁を越えたい、と考えている方。越えられます、すぐに。…

  4. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注意が必要

    片手バックハンドのボレー、ストロークを試合で使う方は多いと思います。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ

    バックハンド側を狙っても、なかなかミスしない。そんなしぶとい選…

  6. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ

    テニスの基本、ストロークのフォーム。ここで、こういうアドバイス…

特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型へ」テニス部の部活動は、今まさに変革期で…
  2. 戦術

    チャンスボールを打ち込むのが苦手な方、意識したい5つのポイント
  3. テニス 気付き

    メンタル

    思い通りにいかない中で、「頑張り切ること」はなかなか出来ない
  4. テニス イベント

    戦術

    自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面
  5. テニス 調子

    テニス知識

    相手が不利なジャッジほど、目を見てしっかり伝えよう
PAGE TOP