テニス 準備

戦術

自分が打ったボールを、その感触で判断出来るようになろう

例えばみなさん、相手がすごく素早い、粘り強い。

こういう選手って、ただ足が速いだけだと思いますか?

違うんですよね、実際。

彼らは、自分が打った後の構え、ポジショニングが正確で速い。

それには、ある秘密があります。

みなさんも、意識次第で身に付く、大事なポイントです。

 

自分が打ったボールを、その感触で判断出来るようになろう

 

1.自分が打ったボール、すぐに精度を把握しよう

私も、これを考えています。

自分が打ったボールの感触、をしっかり確かめる。

良い感じなら攻撃的に連続で攻める、でも、当たり損なった感じならカバーに走る。

こういうのって、自分が打ったボールが相手コートに落ちないと分からないことですか?

違います。

自分が打った瞬間に、もしかしたら打つ少し前から、「これはヤバイかも」と感じることが出来るかどうか。

実際に試合では、この0.1秒の反応の差が、そのままフットワークでカバー出来る領域の差になっていくんです。

 

2.自分が打ったら、すぐに守備が始まる

実際に試合では、そうじゃないですか。

自分が打ったボールは、相手が打つまで2度打ちは出来ない。

「失敗した!」と思っても、遅いんです。

もう次は、相手の攻撃に備えないといけない、のがテニスです。

シングルスなら、自分一人しかいませんからね。

自分が打ったボールに、素早く決別する。

その為に、必要なのは感触を感じて、次へ備える速さ。

そして自分が打ったボールを、信じ切るということです。

 

3.自分のボールは、全部入ると信じ切らないと

良く試合で、諦めが早い人いますよね。

自分が打ったボールを、バウンド前に諦める。

アウトだと思って走らない、もし入ったら「え?入ったの!?」となって、構えていない。

そういうのって、結構多いと思いませんか?

もったいない、と言う前に、テニス選手失格です。

自分のボールは、全て入る。

例え感触が悪くても、次への備えをしっかりやらないと。

それが相手へのプレッシャーにもなるはずです。

 

4.感触が良いときには、しっかり連続攻撃を!

テニスの試合、ここが大事なんです。

自分の良いボール、感触が良いときには、「次」が大事。

前に入るのも良いし、ポジションを上げる、攻撃的に出る。

相手の粘りを許さない、その為には自分が打ったボールが「バウンドする」まで待っているなんて出来ない。

感触で判断して、前に入る、次へのアクションを起こす。

この意識、アナタにはありますか?

自分の感触とショットの軌道、それを近しい感じにしていかないと。

それが、「練習」だと私は思いますよ。

 

5.練習とは、自分を知ること

これに尽きます。

自分が触った、打った瞬間に、そのボールがどういう軌道なのか、を理解する。

バウンドしてから気付く、では当然反応が遅れますよね。

それでは、絶対にテニスの試合では勝てない。

打ってからの反応、繰り返しますが0.1秒が勝負ですから。

自分のボールを打った感触から、ボールの軌道をイメージする。

その意識が無い人は、ずっと相手コートに自分のボールが入るまで、動かない。

これでは試合に勝てないですよね。

 

自分の感触、軌道のイメージ。

これをしっかりすり合わせていく。

この作業こそ、練習です。

その精度を上げていく、感触が良いのに軌道が悪いなら「何でだろう?」と考える。

考える人に、感触は身に付いていくんです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

    テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。ここに…

  2. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう

    テニスの試合、強い相手は必ず何か特徴を持っている。それは、言い…

  3. テニス コントロール

    戦術

    「ラインギリギリのボール」は、入っていると信じ込んで、更に前に

    テニスの試合で、勝ち切れない人。どこか試合中も、覇気が無いし自…

  4. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

    相手の得意ショットは、なるべく避ける。これがテニスの試合の鉄則…

  5. テニス ロブ

    戦術

    チェンジした後の前衛、のポジショニングが肝

    ダブルスの試合で、前衛の上をロブで抜かれる。そうすると、チェン…

  6. テニス スマッシュ

    戦術

    成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない

    「なんでこの選手、後輩は、成長しないんだろう・・・」そう悩んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. Q&A

    Q&A「テニスで普段の練習成果が、試合で全く出せません。なぜでしょうか・…
  2. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークの…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
  4. フットワーク

    ネットダッシュが苦手な人は、止まる場所をしっかり決めておこう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう
PAGE TOP