テニス ダブルス

フットワーク

テニスの試合では、「ラリー中に自分が打ったらどう動くのか」のイメージを事前にしっかり持つこと!

テニスの試合で、フットワークが良い人。

は、必ずしも足は速い人ではありません。

まずは準備が早い人、そして打った後の切り替えが速い人が、テニスコート上では速く動ける。

その為には、今一度この基本を見直してみましょう。

きっとテニスの試合で、もっと効果的に速く動けるようになるはずです。

 

テニスの試合では、「ラリー中に自分が打ったらどう動くのか」のイメージを事前にしっかり持つこと!

 


 

■打った瞬間に、次の準備が始まるのがテニス

テニスというスポーツは、残酷なくらいに過酷。

打った後に、どんなに良いショットでも「返球される」と仮定して次の準備を進めないといけない。

そう考えると、自分のラケットのガットからボールが離れた瞬間から、次への動作が開始される。

素早く打ち終われる、コンパクトなフォーム、にストロークもボレーも、サーブの改良していかないといけないのです。

 

■フォーム以上に大事なのは、「次の展開イメージ」を持つこと

技術的な改善も必要ですが、それ以上に大事なのが「展開イメージ」をしっかり持っているかどうか。

自分が打ったボールを、どう相手は返球してくるのか。

その返球に対して、自分はどう攻撃していくのか・・・を、打ち終わりながらイメージ出来ていますか?

もちろん想定ですので、外れることもあるでしょう。

ですが、確率が高い返球パターンと対応策を考えていないと、身体が速く反応しない。

結論が出ていない、どこか中途半端なプレーになってしまうはずです。

 

■自分が打ったボールに対して、冷静に「評価」を下す

自分が打ったボール、いつもイメージ通りになっているとは限らない。

当たり損ないもあるでしょう。

ですがそれに、一喜一憂している場合では無い。

悪いなら悪いなりに、1歩下がって相手の攻撃に備える、ような準備を、冷静に打った後に行う必要があります。

あくまで冷静に、しっかりラリー中に自分の打ったボールを判断、でも素早く動くことを重視しましょう。

 

ラリー中に、動きが止まる人、多いですよね。

自分が打ったボールを眺めている、まだポイントが続いていることを忘れているんでしょうか・・・。

ウィンブルドンを観ていても、プロ選手は良いボールでもしっかりネットに詰めている。

決まっているだろう、というボールでもネットに詰めていく。

この細かい詰めが、試合での強さになっていく。

意識を高く、練習から打った後の動きを改善していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

    ベースライン遥か後方、でストロークを頑張る人。もちろん、足が速…

  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術と考え方が必要です

    普通に陸上競技でトラックを走る走力と、テニスコートを走る走力とは全く別…

  3. テニス スライス
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

    素早く動いて、前に詰める。この動きが速い選手が、それだけですご…

  5. フットワーク

    相手からクロスに打たれて、下がってストロークは厳しい

    ベースライン同士の打ち合いの中で、相手からクロスに打たれる。こ…

  6. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!

    ストロークもボレーもスマッシュも・・・・。相手が打った瞬間に反…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない
  2. テニス メンタル

    その他

    今すぐに「カッコイイ、可愛い髪型」になるには、どうすれば良い?
  3. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いと…
  4. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる
  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い
PAGE TOP