テニス ダブルス

フットワーク

テニスの試合では、「ラリー中に自分が打ったらどう動くのか」のイメージを事前にしっかり持つこと!

テニスの試合で、フットワークが良い人。

は、必ずしも足は速い人ではありません。

まずは準備が早い人、そして打った後の切り替えが速い人が、テニスコート上では速く動ける。

その為には、今一度この基本を見直してみましょう。

きっとテニスの試合で、もっと効果的に速く動けるようになるはずです。

 

テニスの試合では、「ラリー中に自分が打ったらどう動くのか」のイメージを事前にしっかり持つこと!

 


 

■打った瞬間に、次の準備が始まるのがテニス

テニスというスポーツは、残酷なくらいに過酷。

打った後に、どんなに良いショットでも「返球される」と仮定して次の準備を進めないといけない。

そう考えると、自分のラケットのガットからボールが離れた瞬間から、次への動作が開始される。

素早く打ち終われる、コンパクトなフォーム、にストロークもボレーも、サーブの改良していかないといけないのです。

 

■フォーム以上に大事なのは、「次の展開イメージ」を持つこと

技術的な改善も必要ですが、それ以上に大事なのが「展開イメージ」をしっかり持っているかどうか。

自分が打ったボールを、どう相手は返球してくるのか。

その返球に対して、自分はどう攻撃していくのか・・・を、打ち終わりながらイメージ出来ていますか?

もちろん想定ですので、外れることもあるでしょう。

ですが、確率が高い返球パターンと対応策を考えていないと、身体が速く反応しない。

結論が出ていない、どこか中途半端なプレーになってしまうはずです。

 

■自分が打ったボールに対して、冷静に「評価」を下す

自分が打ったボール、いつもイメージ通りになっているとは限らない。

当たり損ないもあるでしょう。

ですがそれに、一喜一憂している場合では無い。

悪いなら悪いなりに、1歩下がって相手の攻撃に備える、ような準備を、冷静に打った後に行う必要があります。

あくまで冷静に、しっかりラリー中に自分の打ったボールを判断、でも素早く動くことを重視しましょう。

 

ラリー中に、動きが止まる人、多いですよね。

自分が打ったボールを眺めている、まだポイントが続いていることを忘れているんでしょうか・・・。

ウィンブルドンを観ていても、プロ選手は良いボールでもしっかりネットに詰めている。

決まっているだろう、というボールでもネットに詰めていく。

この細かい詰めが、試合での強さになっていく。

意識を高く、練習から打った後の動きを改善していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?…

  2. フットワーク

    「いつの間にか右足ばかり」テニスのフットワークは無意識でいると修正できなくなります

    右足と左足、俺の体が率先して体重を乗せたがるのは、右足である。…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスのポジショニングが分からない人は、「自分の守備出来るテリトリー」を把握しよう

    テニスの試合に出ていると、「守備のときに予測ができない・・・」という声…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

    オムニコートで、ザザザザーーっと滑っていく選手。前にも横にも、…

  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」で違ってくる

    自分のポジションを、しっかり把握しておくこと。アナタが思ってい…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    西岡選手は自分の武器であるフットワークを、「小さなテイクバック」で活かしている

    「フットワークは、自分の武器です!」と、言い切れる人はきっと足…

特集記事

  1. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する
  3. テニス メンタル

    その他

    「社会人になって、プロを目指す訳では無いけど・・・」テニスを頑張る、その理由につ…
  4. その他

    「このテニス選手、もったいない・・・」と私が感じるときは、こんなプレーを観たとき…
  5. テニス 準備

    戦術

    テニスにおいても、「目に見えないもの」は軽んじられやすい
PAGE TOP