テニス

ボレー

ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

女子ダブルスの試合だと、4人全員でボレー、のような形ありますよね。

4アップ、4人でボレーになると素早い反応が求められます。

それから、細かいコントロール。

そのために、ボレーでは出来るだけ身体を開かないようにしてコントロールの良いボレーを打っていきたい。

身体が開いてしまうのは、きっとみなさん、無意識にこんな状態のときじゃないでしょうか。

4アップ、のときには要注意です。

 

ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

 

1.「行け!」と思うと、身体から突っ込んでしまう

つい、力が入ってしまうと・・・人はこうなります。

身体が正面向き、胸が相手方向を向いてしまう。

突っ込んで、「行け!今だ!」という感じで、相手方向に正面向きになってしまう・・・と、ボレーはどうなるでしょう?

きっと、ラケットが身体より後ろになって、打点も後ろになる。

身体だけ胸から突っ込んで、ボレーはふかしてアウトしてしまうでしょう。

まず、こういう4アップのような相手が近い状態で、ボレーは崩れやすい。

この意識、凄く大事です。

 

2.相手が近付いてきても、冷静に対応する

ベースライン同士だと、相手も遠いし距離もあるから安心。

でもボレー戦になると・・・相手が近い!というだけで、力が入るのが自然。

別にネットを越えて乗り込んでくる訳じゃないのに、力って入るじゃないですか。

テニスの試合、ボールを打ち合う戦いですからね。

距離が近いと相手の息遣いも聞こえるし、表情もよく見える。

つい、力が入ってしまうんですよ。

だからこそ、冷静に、しっかりボレーでコントロール勝負に持ち込みましょう。

 

3.ボレーを打つ前に、空いているコースを確認しておく

これが出来れば、全く怖く無いのがテニスのボレーです。

相手が打つ前に、それこそ相手が前にいても、打つコースを確認しておく。

センター、それからアングル、2カ所は狙いどころを用意しておきましょう。

基本は、センターに打たれたらセンターに、アングルに打たれたらアングルに切り返す。

このコントロールさえしっかり出来れば、身体が開くことは無いでしょう。

身体が開くときは、きっと結論が出ていないとき、ですからね。

 

4.ボレーでのポイント、ダブルスで増やしていこう!

これが、大事なレベルアップになるはずです。

自分のボレーを、しっかりコントロールしてポイントにつなげていく。

焦ってばかりいた自分を変えて、しっかり狙ったところに打てるからダブルスでのボレーは楽しいし、上達していく。

自分の身体の向き、を少し意識するだけでかなり変わりますよ。

突っ込むんじゃなくて、引き付ける。

引き付けながら、準備したコースに飛んでいくようなラケット面を作る、のがボレーです。

そんなに難しくないはずですから、ぜひ意識してみて下さい。

 

試合になると、みんな力が入るのは当たり前。

ボレーのときに身体が開く癖、気付いた人からコントロール勝負が出来るはず。

そんなに焦らなくても、大丈夫。

良いボールを次に打てさえすれば、相手から反撃されることはありませんから。

身体の開き、胸の向き、意識してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで攻守の切り替え、しっかり出来る?

    ネットプレー、ボレーがなかなか出来ない。そう考えている方は、テ…

  2. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がります

    テニスの試合、特に若い選手の試合では「ロブ」をあまり見る機会が少ない。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で勝つ「つなぐボレー」を身に付ける為に、必要な技術4つ

    シングルスでもダブルスでも、テニスは相手からポイントを奪ってゲームを取…

  4. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めることです

    先週末の練習で、一つ気になることがあったので書いてみます。「ポ…

  5. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇的に広がる!

    ネットプレー、ボレーは攻撃的なイメージが強いですが、守備的な側面も大き…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!

    ネットプレー、ボレーに関しては、もしかしたら皆さん「誤解」している部分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「エースだと思ったら、相手に拾われる・・・」この心理は、テニスの試合で勝ち切れな…
  2. テニス 準備

    サーブ

    セカンドサーブ、上に振り抜けば大抵は入る
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?
  4. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合で、ここぞの場面で役立つカウンターショットの使い方10選
PAGE TOP