ダブルス

相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?

ダブルスの試合で、前衛が活躍する場面。

それは、サーブの後のポーチだけ、ではありません。

リターンから攻撃的にいける場面、特に相手が並行陣で挑んで来る場合はこれは必須の考え方。

相手のナイスショット、を自分たちで創り出してはいけない。

それくらいの危機感が大事です。

 
 


相手のファーストボレー、プレッシャーをかけないと

せっかくパートナーが良いリターンで、相手の足元に沈めている。

それを相手はファーストボレー、そのまま並行陣・・・という形、よくありますよね。

一番の狙い所は、相手のファーストボレーを攻撃していくこと。

特にセカンドサーブをしっかり沈められるときには、リターン側の前衛が主役、です。

相手のボレー、打点がネットより低いときには積極的に触りにいく。

大事なのは、まず「前に詰める」ということです。



ポーチに動く、前段階が大事

相手のファーストボレー、がクロスに返球されるところを狙う・・・訳ですが、いきなりポーチに動くよりも、先にやることがある。

それは、リターン側の前衛がしっかり前に詰めるということ。

前に詰めるだけで、サーブを打ってファーストボレーを打つ人は相当のプレッシャーがかかる。

これは、経験している人なら絶対に理解出来るポイントだと思います。

前に詰めて来る、その圧迫感があるだけで、ファーストボレーに集中出来ない。

それに、前に詰めるだけで、実は前衛としては「触れるエリア」が拡がるのが大きいんです。



触りやすいポジションに移動しよう!

プレッシャーをかけるだけじゃなく、前に詰めると実際に触れるボールが増える。

ネットから遠いと、せっかく相手のボレーがゆっくりで打点も低いのに・・・それを横目でスルーしてしまうことになりますよね。

ネットから近いと、手を出すだけで相手のボレーの軌道に入っていける。

この感覚があると、ネットプレーはすごく攻撃的になれる。

ファーストボレー、を絶対に後衛深くに落とさせない!という強い気持ちが大事です。



流れを確認してみましょう

まずは、相手サーバーへプレッシャーをかける意識、が大事。

リターンの選手と、息を合わせていきたいところです。

相手サーバーの、視界に飛び込んでいく勇気、が大事です。

もう、ストレートは捨てる覚悟、で良いでしょう。

相手がストレートへ展開してくる、これも想定内。

カバー出来れば後衛が走って追いつきたいところですが、良いボールを流されたらしょうがないですね。

プレッシャーをかけてネットやアウト、これを狙います。

相手に気持ちよくファーストボレーさせない、後衛任せにしない、ことがリターン側の前衛にとって大事なポイントです!

→YouTube公式チャンネルはコチラから



ファーストボレーが深く入ったら、劣勢は必至

なぜなら、こうなってしまうからです。

ファーストボレーが深く入ったら、そこから挽回するのって厳しい。

リターンした後衛の選手がもう一回ストローク?結構厳しいんじゃないですかね。

一番のチャンス、仕留めどころは相手のファーストボレー!

だって、リターンがしっかり合っている時、もあるじゃないですか。

パートナーとしっかり、作戦会議して挑みましょう。

   

「絶対にクロスに沈めるから」という一声が大事

私がリターンなら、頑張ってこの一声をパートナーにかけます。

つまり、沈めるから「ポーチ宜しく!」ということ。

例えば「セカンドサーブなら」という感じでも良いと思います。

ファーストサーブは、厳しければロブ、という選択肢も自分とパートナーに残しておく。

セカンドサーブになったら、もう前衛はファーストボレーに飛び込んでいく。

前に詰めて、触りにいく。

これが出来るダブルス、は強いですよ。



上のレベルになると、ファーストボレーはどんどん上手くなる。

だからこそ、「普通に打たせる」ことをさせてはいけない。

リターンゲームでブレイクしていくなら、このパターンは徹底的に磨きましょう。

相手が雁行陣、の場合でも、リターンの次でポーチに出ることを決めておくのも良いですね。

サービスゲームだけじゃない、リターンゲームでどう積極的に前衛が動けるか、がダブルスの試合では大事です!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです

    ダブルスの試合、バックボレーは狙い目。特に相手に触らせていく、…

  2. ダブルス

    前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い

    ダブルスの試合で、いつ前衛がポーチに動くのか。そして、動きやす…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアには勝てない

    ダブルスの試合は、大学生くらいから特に男性は並行陣が主体となる。…

  4. ダブルス

    今さら聞きづらいダブルスの「並行陣と雁行陣の違いと特徴」について、アナタは理解できてますか?

    硬式テニスのダブルスで、大きく分けて2つある陣形。それが雁行陣…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?

    ダブルスの試合で、後衛にいるときに意識したいこと。前衛に気持ち…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフ…
  2. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?
  3. テニス 技術

    戦術

    「若手技術」は、試合で使っていかないと育たない
  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のチャンスの場面」こそ、強気でいこう!
PAGE TOP