ボレー

サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイント

サーブ&ボレーで難しいのは、まずファーストボレー。

現代テニスでは、足元に沈められるのは当たり前、その返球が出来てこそサーブ&ボレーで勝負できる。

その為、必要なポイントは絞ってしっかり練習したい。

レベルに関係無く、抑えておきたい基本をまとめてみました。

 

サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイント

 


 

1.しっかりと止まって、踏み込んでボレーする

まず相手がリターンする瞬間、にはしっかりステップして止まりたい。

そして前にしっかり踏み込むことが出来れば、大抵のボールはコントロール出来ます。

リターンの上手い選手は前に踏み込んできて、タイミングを速くしてくる選手もいる。

しっかり自分のサーブがバウンドし、相手が触る前にスプリットステップを踏めるように、意識しましょう

 

2.サーブのフォームをコンパクトにする

サーブを打ってから前にいく、のがサーブ&ボレーですが、サーブのフォームが大き過ぎると上手くいかない。

ダッシュの時点でバランスが崩れてしまっている人は、もっとサーブをシンプルなフォームにしてあげたい。

打ち終わった段階で、身体が前に突っ込んでいないか?しっかり背筋は伸びているか?を意識する。

意外と男性の方は、頭から突っ込むサーブになってしまっているので、ファーストボレーに良い流れでつなげていけない人が多いです。

 

3.ゆっくりしたファーストボレーのスピードイメージ

ファーストボレーは、相手を追い込むショット。

だからこそ、スピードでは遅いくらいでOK。

遅いファーストボレーで追い込めれば、その間に自分たちが良い態勢のポジションを取ることが出来る。

遅いファーストボレーで良い、と思えれば軌道も山なりになるし、無理する必要も無いのでミスが減るでしょう。

 

4.ファーストボレーまで集中、を意識する

どうしても安定しないときには、サーブからファーストボレーまで集中、と自分に言い聞かせる。

2球、とにかく返球する。

一番飛んでくるであろう場所、をしっかりイメージする。

言葉でおまじないのように口にしていれば、不思議とボールに反応出来るもの。

試合の中で、どうしようもないときにこそ自分を冷静に鼓舞する言葉、見つけておきましょう。

 

サーブ&ボレーで、一番まずいのは「上手くいかないから、止める」という決断を安易にしてしまうこと。

確かに、毎回沈められてリターンのタイミングが合っているときには、後ろでのプレーも必要でしょう。

ですが、気持ちで引いてはテニスの試合では勝てない。

それだけはしっかり覚えておいて、ファーストボレーの修正は現場で出来るようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?

    俺の中でボレーというのは特別である。テニスを始めた高校生の頃、…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素

    深いボレーで相手を追い込む。サーブ&ボレーからの並行陣、まず深…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さん…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケットヘッドの立て方で使い…

    ボレーに代表されるネットプレー、「この人上手い!」と思わせるようなプレ…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    アングルボレー、欲を出してふらないことが一番

    アングルボレーをしっかり決める、しっかりポイントを終える。こと…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない
  2. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ
  3. テニス 準備

    その他

    「自分はスロースターター」って、結局は準備不足だってこと
  4. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ
  5. テニス ストローク

    メンタル

    試合の終盤「ここぞ!」という場面では、失点を恐れてはいけない
PAGE TOP