アシックス

テニス知識

テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

試合で勝ちたいなら、これからの時期はウェア選びも大事。

暑く、厳しい戦いを乗り切るにはしっかりとウェアは選びたいところ。

私がオススメなのは、アシックスのウェアです。

 

テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

 


 

テニスウェアって、選ぶのも楽しみですよね。

でも、30歳くらいから気になるのは、スラッとした感じで着こなせて、しかも機能性も充実しているところ。

10代、20代のころはダボッとした着こなしでも気になりませんでしたが、やはり年齢を重ねると見た目がすごく気になる。

ましてや男性なら・・・せめて相手に対してマイナスな印象にはならないように、という感じですかね。

 

1.アシックスのゲームパンツ

そこで私がオススメなのは、アシックス。

ここ数年、テニス競技にも再度力を入れていて、私もパンツはいつも愛用しています。

■asics テニスショートパンツ M CLUB SHORT 7IN 142333

アシックス

アシックスの良いところって、ロゴが主張し過ぎていないところ。

目立つロゴのウェアって、私はあまり好きじゃなくて・・・こういう濃いブルーに黒のロゴ、みたいなデザインが好きです。

 

2.アシックスのゲームシャツ

いわゆるダボッとした感じ、ではなく、すらっと着こなせるのが魅力。

大人の男性でも、無理なく着れるはず。

色も派手目ですが、見た目よりも落ち着いた色味になってます。

■asics テニス半袖シャツ M CLUB TOP 142330

アシックス

ゲームシャツとしても練習着としても使える、マルチなウェア。

値段も、テニスのゲームシャツとしてはお手頃で、こらからの時期少なくとも2枚は用意して試合会場入りしたいですね。

アシックスなので機能性も抜群、ピチッとしているように見えますが、肩の可動域も広く動かしやすいですよ。

■asics テニス半袖Tシャツ CLUBGRAPHICSSTOP XE5000

アシックス

 

3.カラーリングは大事

ただでさえ蒸し暑い毎日、せめてカラーリングだけは涼しくいきたい・・・ですよね。

水色のようなライトカラー、アシックスなら大人の方が着ても着こなせる感じに仕上がってます。

こちらも練習用、試合用に、複数枚持っておくと良いと思います。

 

本気なら、アシックス・・・本気なら、良いウエアを選びましょう。

形から入るのも、テニスの上達には大事な要素。

ぜひ、楽しみながら選んでみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

    私は、現役のテニスコーチでも教師でもありません。ですので、直接…

  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「これが意外と使える!」テニスの試合会場で役立つモノ

    テニスの大会では、会場での待ち時間も長くなってしまいがちですよね。…

  3. テニス 知識

    テニス知識

    冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

    冬場のテニス、みなさんの手元はどうでしょうか?はっきり言って、…

  4. テニス知識

    これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

    益々寒くなる、これからの時期。テニスの練習や試合、トレーニング…

  5. テニス 食事

    テニス知識

    「つい、テニスの試合前に食べてない?」テニスの試合前に食べるのをお勧め出来ない5つの食べ物

    今回のウィンブルドン、ダニエル太郎選手は腹痛を訴えて敗退・・・になって…

  6. テニス バッグ

    テニス知識

    Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ

    以前に、「試合に強いテニス選手の、ラケットバッグは美しい」という記事を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません
  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう…
  3. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーは、ラケット動作を止めて待って良い
  5. 練習メニュー

    毎回変わらない練習、何が起きるか分からない試合
PAGE TOP