テニス 水分補給

テニス知識

真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

今年も、暑い夏の時期がやって来ました。

毎年のように書かせて頂いていますが、最近の日本の気候は異常です。

10年、20年前では考えられなかったような気温、湿度、それが長く続いていく。

もはや、熱中症対策は「全てのテニス選手」に必要な準備であり知識、です。

今回は、私が実際にテニスの試合で使っているモノ、服用しているモノを中心に、ピックアップしてみました。

 

真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

 


 

1.凌駕(スポーツ飲料)

熱中症対策の最も重要なポイント、水分補給。

その概念すら変えてくれる、そして私自身痙攣体質だったのが改善されたのが、この「凌駕」を飲み始めてから。

「水分補給に革新を。」のメッセージの元、グリセリンローディング法を用いた「凌駕スマッシュウォーター」は今までにない、驚異的な水分補給を実現してくれます。

テニス 水分補給

出典:llc-sunplus.jp

普通のスポーツドリンクとは、仕組みからして全てが違う。

周りと差を付けたい、夏場に体力勝負の試合に勝ちたい方は、一度ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

2.ウィダー in タブレット 塩分

塩分補給は、夏場のキーワード。

かなり意識して摂らないと、テニス選手にとって必要な塩分は捕球出来ません。

タブレットタイプなら暑い夏でも食べやすいし、チェンジコートのときにかじるだけでも気分転換になる。

個人的には、このウィダーinのタブレットが好みでお勧めです。

 

 

 

3.DNSパワーゼリー

食欲がない、またはチェンジコート時にパッと栄養補給出来るゼリー状飲料、皆さんはお気に入りありますか?

私はアンダーアーマーをプロデュースする、DNSの商品を飲む機会が多いです。

味も甘くなく、喉も乾かないしコンパクト。

コンビニで買うようなモノでも良いと思いますが・・・試合会場近くのコンビニって、大抵売り切れてませんか?

早めに買って、試合前日から準備しておくのが良いでしょう。

 

 

 

4.瞬間冷却剤

暑い夏、どうしても試合中に冷やさないといけない部位・・・それは、頭と首筋。

大動脈が通るモモの内側や脇の下も、冷やすことで疲労回復、につながってくれる。

だからこそ、叩いて割って瞬間冷却出来る保冷剤は試合での強い味方。

捻挫などの怪我にも使える、夏場に数個バッグに入れておいて絶対に損は無い代物です。

ゴミが出てしまうのが難点ですが、しっかり自分たちで持ち帰りましょうね。

 

 

 

5.ミニクーラーボックス

クーラーボックス、大きいサイズはなかなか持ち運び辛い。

テニスは基本、個人競技。

個人で持ち運べるサイズで自分で管理出来ると、夏場の戦いが非常に楽になります。

熱中症対策の中で大事なのは、「しっかり食事を摂る」ということ。

夏場の食べ物の管理、普通にコンビニで買ったモノをバックにそのまま入れて、傷ませたりしていませんか・・・?

夏場の自己管理、ミニクーラーボックスは必携です。

 

 

熱中症対策は、すなわち準備です。

それも、周りに頼らないで自分でしっかり、主体的にやること。

自分で調べて研究していくこと、も大事なテニスの強さです。

これから暑くなってくる時期、しっかり準備していきましょう!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

    今回の企画は、テニス専門のプロトレーナーとして活躍する、村上弘平さん…

  2. テニス ボレー

    テニス知識

    「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?

    平日は練習に、土日は試合・・・。高校や大学でテニスを頑張ってい…

  3. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ

    スポーツに怪我は付き物。テニスも選手同士の接触こそありませんが…

  4. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの練習では、「自分が打ったボールは凶器と化している」

    テニスは楽しいスポーツ。ですが、あるときにその雰囲気は一変する…

  5. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

    トレーニング用のラケット、と聞いてみなさんイメージは湧きますか?…

  6. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

    「ここぞ」という時に、踏ん張れる。ストロークでもボレーでも、最…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ダウンザラインのストロークが決まらない・・・」と悩む人は見直…
  2. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽き…
  3. テニス 戦術

    ストローク

    スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの…
  4. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したこ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします
PAGE TOP