テニス 水分補給

テニス知識

真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

今年も、暑い夏の時期がやって来ました。

毎年のように書かせて頂いていますが、最近の日本の気候は異常です。

10年、20年前では考えられなかったような気温、湿度、それが長く続いていく。

もはや、熱中症対策は「全てのテニス選手」に必要な準備であり知識、です。

今回は、私が実際にテニスの試合で使っているモノ、服用しているモノを中心に、ピックアップしてみました。

 

真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

 


 

1.凌駕(スポーツ飲料)

熱中症対策の最も重要なポイント、水分補給。

その概念すら変えてくれる、そして私自身痙攣体質だったのが改善されたのが、この「凌駕」を飲み始めてから。

「水分補給に革新を。」のメッセージの元、グリセリンローディング法を用いた「凌駕スマッシュウォーター」は今までにない、驚異的な水分補給を実現してくれます。

テニス 水分補給

出典:llc-sunplus.jp

普通のスポーツドリンクとは、仕組みからして全てが違う。

周りと差を付けたい、夏場に体力勝負の試合に勝ちたい方は、一度ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

2.ウィダー in タブレット 塩分

塩分補給は、夏場のキーワード。

かなり意識して摂らないと、テニス選手にとって必要な塩分は捕球出来ません。

タブレットタイプなら暑い夏でも食べやすいし、チェンジコートのときにかじるだけでも気分転換になる。

個人的には、このウィダーinのタブレットが好みでお勧めです。

 

 

 

3.DNSパワーゼリー

食欲がない、またはチェンジコート時にパッと栄養補給出来るゼリー状飲料、皆さんはお気に入りありますか?

私はアンダーアーマーをプロデュースする、DNSの商品を飲む機会が多いです。

味も甘くなく、喉も乾かないしコンパクト。

コンビニで買うようなモノでも良いと思いますが・・・試合会場近くのコンビニって、大抵売り切れてませんか?

早めに買って、試合前日から準備しておくのが良いでしょう。

 

 

 

4.瞬間冷却剤

暑い夏、どうしても試合中に冷やさないといけない部位・・・それは、頭と首筋。

大動脈が通るモモの内側や脇の下も、冷やすことで疲労回復、につながってくれる。

だからこそ、叩いて割って瞬間冷却出来る保冷剤は試合での強い味方。

捻挫などの怪我にも使える、夏場に数個バッグに入れておいて絶対に損は無い代物です。

ゴミが出てしまうのが難点ですが、しっかり自分たちで持ち帰りましょうね。

 

 

 

5.ミニクーラーボックス

クーラーボックス、大きいサイズはなかなか持ち運び辛い。

テニスは基本、個人競技。

個人で持ち運べるサイズで自分で管理出来ると、夏場の戦いが非常に楽になります。

熱中症対策の中で大事なのは、「しっかり食事を摂る」ということ。

夏場の食べ物の管理、普通にコンビニで買ったモノをバックにそのまま入れて、傷ませたりしていませんか・・・?

夏場の自己管理、ミニクーラーボックスは必携です。

 

 

熱中症対策は、すなわち準備です。

それも、周りに頼らないで自分でしっかり、主体的にやること。

自分で調べて研究していくこと、も大事なテニスの強さです。

これから暑くなってくる時期、しっかり準備していきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス知識

    テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

    「普段、ネタはどこから仕入れてますか?」と、お寿司屋さんみたいなご質問…

  2. テニス知識

    テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

    テニスの試合の現場で、「あれ?こういう時って、ルールどうだっけ?」と思…

  3. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

    手汗がすごくて、グリップが滑ってしまう。これは、特に男性にとっ…

  4. テニス 持ち物

    テニス知識

    「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました

    テニスに遠征は付きモノ。部活では合宿もありますよね。私…

  5. テニス知識

    寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

    今年も寒く、テニスをするには辛い時期になって来ましたね・・・。…

  6. テニス知識

    ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だった

    スピン量を増やして、ストロークで押していきたい。安定感の無いフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「コンパクトなストロークの型」を覚えて、コントロール良く攻撃する為に意識したい5…
  3. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう
  4. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに
  5. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認…
PAGE TOP