テニス ストローク

ストローク

最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?

上達している実感はあるのに、結果が伴わない。

結果が伴わないから・・・自信にも変わらない・・・。

そんな悩みを抱えている人、多いんじゃないでしょうか?

立ち止まってみるなら、この視点、は大事だと思います。

 

最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?

 


 

1.上手いテニス=キレイなテニス=勝てるテニス?

学生の皆さんの試合を観ていると、明らかに10年前、20年前より上手い子は多い。

ストロークの球筋もキレイだし、足も速い。

サーブも良い。

でも、強いか・・・自信をしっかり持ってプレー出来ているか・・・というと、そうでも無い。

綺麗な球筋のストロークを打てても、それが何球もは続かない。

試合で勝てない選手は、どこかこの「キレイさ」にこだわりが強すぎるんじゃないか、と思います。

 

2.綺麗なテニスは、相手も対応しやすい

つい、速いストローク、フラットサーブ、で試合を進めたくなる。

気持ちは分かります。

私もそうでしたし、その気持ち自体は否定しません。

ですが、実際はどうでしょう?

綺麗なストローク、テニスほど、強い相手は対応しやすい。

多少荒れていたり、しぶとい高い軌道だったり、色々考えて作戦立ててくる相手の方が嫌なはず。

周りの目を気にして、つい「キレイなテニス」にばかり執着していませんか?

そこに気付くことが、アナタ自身大事なはずです。

 

3.キレイなテニスに、アクセントを付けていこう

もしアナタ自身がしっかりしたストローク、キレイなテニスを出来ているなら、そこに欲しいのがアクセント。

ちょっとスライスのボール、ムーンボール、遅いボールやネットプレー、を入れればよりその「キレイさ」が活きる。

最近はしっかり振れば良いストローク、にラケットとガットが導いてくれる。

だからこそ、逆を言えばあまり選手に「差」が無いようにも思えて来る。

自分のテニスを、どう色付けしていくのか。

「キレイだけなテニスになっている・・・」と感じたら、どこかで自分のテニスに、自分なりのアクセントを。

この機会に、考えてみて下さい。

 

このT-PRESSのサイトに載っている内容も、全て良いアクセントになるはず。

辛いもの、甘いモノ、時には味を感じないもの・・・もあるかも知れません。

でも、料理を作るのはアナタ自身です。

だからこそ、料理=テニスって、楽しいんですよね。

試合で勝てる、上手い料理一緒に作っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみて下さい

    ストロークはテニスの試合でも、最も打つ機会が多いショット。シン…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    苦手意識があるショットほど、準備と打点が遅れていく

    苦手意識って、怖い。無意識のうちに、自分で全ての反応が遅れてい…

  4. ストローク

    ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て判断しよう

    ストロークに自信がある人、ほどはまりやすい落とし穴がある。そう…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている

    しっかりチャンスを決める、攻撃をフィニッシュ出来る。それに必要…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう
  2. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコ…
  3. スマッシュ

    相手のスマッシュは、実は自分自身のチャンス
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です
  5. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこの…
PAGE TOP