テニス ストローク

ストローク

最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?

上達している実感はあるのに、結果が伴わない。

結果が伴わないから・・・自信にも変わらない・・・。

そんな悩みを抱えている人、多いんじゃないでしょうか?

立ち止まってみるなら、この視点、は大事だと思います。

 

最近自分のテニスが、「キレイになり過ぎ」てはいないか?

 


 

1.上手いテニス=キレイなテニス=勝てるテニス?

学生の皆さんの試合を観ていると、明らかに10年前、20年前より上手い子は多い。

ストロークの球筋もキレイだし、足も速い。

サーブも良い。

でも、強いか・・・自信をしっかり持ってプレー出来ているか・・・というと、そうでも無い。

綺麗な球筋のストロークを打てても、それが何球もは続かない。

試合で勝てない選手は、どこかこの「キレイさ」にこだわりが強すぎるんじゃないか、と思います。

 

2.綺麗なテニスは、相手も対応しやすい

つい、速いストローク、フラットサーブ、で試合を進めたくなる。

気持ちは分かります。

私もそうでしたし、その気持ち自体は否定しません。

ですが、実際はどうでしょう?

綺麗なストローク、テニスほど、強い相手は対応しやすい。

多少荒れていたり、しぶとい高い軌道だったり、色々考えて作戦立ててくる相手の方が嫌なはず。

周りの目を気にして、つい「キレイなテニス」にばかり執着していませんか?

そこに気付くことが、アナタ自身大事なはずです。

 

3.キレイなテニスに、アクセントを付けていこう

もしアナタ自身がしっかりしたストローク、キレイなテニスを出来ているなら、そこに欲しいのがアクセント。

ちょっとスライスのボール、ムーンボール、遅いボールやネットプレー、を入れればよりその「キレイさ」が活きる。

最近はしっかり振れば良いストローク、にラケットとガットが導いてくれる。

だからこそ、逆を言えばあまり選手に「差」が無いようにも思えて来る。

自分のテニスを、どう色付けしていくのか。

「キレイだけなテニスになっている・・・」と感じたら、どこかで自分のテニスに、自分なりのアクセントを。

この機会に、考えてみて下さい。

 

このT-PRESSのサイトに載っている内容も、全て良いアクセントになるはず。

辛いもの、甘いモノ、時には味を感じないもの・・・もあるかも知れません。

でも、料理を作るのはアナタ自身です。

だからこそ、料理=テニスって、楽しいんですよね。

試合で勝てる、上手い料理一緒に作っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス コントロール
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えましょう

    深く入って来るストローク、アナタ自身、しっかり返球出来ていますか?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限る

    プロ選手の試合を観ていると、本当にラリーテンポが速い。速いけど…

  4. ストローク

    いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

    ストロークの基本、リズムの取り方。きっと、みなさんも最初はこの…

  5. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット

    テニスの試合、練習、ついフィニッシュとなる花形のショットばかり意識して…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?

    打点を意識出来れば、テニスは見違える。「ここだ!」という場所を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分にコミット出来ない人は、裸になれない
  2. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です
  3. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落…
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね
PAGE TOP