テニス 雨

練習メニュー

雨の日に練習がオフ!はもったいないからミーティング日和に

雨、雨、雨・・・。

テニス部やサークルにとって、悩ましい問題ですよね。

でも、せっかくの雨ならそれを効果的に活かすのも、テニスの大事な実力。

ミーティング日和、に一緒にしてみませんか?

今回は学生の皆さんに、そのコツをお伝えしたいと思います。

 

雨の日に練習がオフ!はもったいないからミーティング日和に

 


 

良いチームには、良いミーティングがある!

テニスに限らず、強いチームには強いミーティング、がある。

これはたくさんのスポーツチームを観て来て、自信を持って言えます。

良いミーティングって、どんなモノかは一概に定義するのが難しいのですが、私が考えるに・・・

 

・終了時間が決まっている

・議題が決まっている

・どこまで結論を出すのか決まっている

・ミーティング後のアクションプランが決まる

 

シンプルに、こんな感じです。

大きく分けてポイントは2つで、まず時間をしっかり決める。

ダラダラと話して2時間、3時間と経過していくのはムダです。

そして、話す内容と決めること、その後の動きに落とし込めるかどうかがポイントです。

 

2.例えば、「試合に勝つために、練習内容を改変したい」というのが議題の場合は・・・

まず議題がハッキリしたら、その解決に向けてなるべくたくさんのアイデアを集めたい。

でも、一年生や大人数の前では発言し辛い、こともありますよね。

発言しない人、がいるとミーティングは一気に冷めていく。

ここで解決してくれるのは、「グループ化」と「付箋&ペン」です!

 

・まず3~4人にグループに分ける

・付箋とペンを、各自で用意する

・「試合に勝つための練習」に必要なことを、付箋に書いて机に張っていく

・グループ内で5つくらいにアイデアを絞る

・グループごとに発表する

 

こんな流れだと、普段意見を出し辛い人も、積極的に発言してくれるはず。

そしてどんなアイデアも否定はNG。

否定するのではなく、対案を出す、ということを意識しましょう。

 

3.大事なのは、「アクションプラン」を決めること

ミーティングで大事なのは、この後にどうアクションを起こすのか、ということ。

練習内容が決まったら、実際にいつ、誰が、何を準備しておくのか。

アクションプランを立てて、実際に行動を興していく。

ミーティングで決めたことって、なかなか実行が出来ないんですよね。

みんな、集まって話すだけで満足してしまいますから。

強いチームは、計画、実行、反省、再実行という流れが出来ている。

雨の日は、日々の自分たちを見直す絶好の機会、ですよ。

 

まずは一度、やってみましょう!

堅く考えずに、みんなと一緒に雨の日、時間を共有するというのも大事です。

コート上だと、どうしても目の前のテニスに必死。

だからこそ、腰を据えて話し合う、場所が必要なんですね。

 

今回のまとめ

やり方を準備して、雨の日はミーティングをやってみよう!

 

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス 知識

    練習メニュー

    試合に使わない技術ばかり、一生懸命練習するのは悲しいこと

    練習は伸び伸びやっても、試合でガチガチになってしまう。こんな人…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く練習メニュー

    ネットプレーヤーを左右だけでなく、前後に揺さぶるストローク技術を磨く練…

  3. 練習メニュー

    「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

    良い練習をしてきたはずなのに、試合で勝てない。こういう経験、み…

  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニューに早変わり!

    テニス部で人数が多い、またはテニススクールではコートを区切って行うこと…

  5. テニス 雑誌

    練習メニュー

    失敗の質こそ、その人の未来

    試合でチャレンジして、それを練習に活かす。簡単なようで、これが…

  6. テニス チャンス

    練習メニュー

    大事だと分かっていても、練習出来ない技術5つ

    練習って、難しい。だって、なかなか出来ないじゃないですか、自分…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?
  2. テニス 準備

    戦術

    浅いボール、ストロークで振り切れてますか?
  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる
  4. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!…
PAGE TOP