シングルス

シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

シングルスの試合で、有効にネットプレーを入れていくには基本が大事。

相手のポジション、をしっかり意識してラリー出来れば、前に出れるポイントは見逃さない。

左右の動きだけでなく、相手の前後の動き、ポジショニングにも敏感になりましょう!

 

シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

 


 

■ライジングショットが打てない相手は、どんどん後ろに下げさせよう

アナタのストロークが深く、しっかりスピン回転がかかっているショットのとき。

いや、そんなに精度の高いショットでなくとも、もしかしたら相手は「後ろに下がって」ストロークしてくれるかも知れません。

ライジングショットが打てない相手、は下がることでしか深いボールに対応出来ませんからね。

まず、試合の序盤で正確にこの部分、観察しておきましょう。

シングルスの試合では、大切なデータになります。

 

■相手が後ろに下がったら、ネットプレーは実に簡単!

シングルスの試合のボレー、「難しそう・・・」と思った方。

それは、相手が攻撃出来る、パッシングショットを打てる態勢だから怖いのです。

相手がベースライン後方に下がっている、アナタが下げさせたのなら、全く怖くありません。

だって、前に落とす浅いボレーで充分に決まるのですから。

相手が深い位置にいる、ときには深いボレーは必要無い。

当たり損ないの浅いボレーだって、ナイスボレーになるのです!

 

■前に出て「チョン」と落とすボレー、も立派なドロップボレー

ドロップボレーって、すごく難しい印象が強い。

ですが、シングルスの試合はもっと楽に考えましょう。

相手は一人。

その一人の相手がコートの奥にいるのであれば、前に出て浅いボレーを打てばそれは立派なドロップボレー。

ダブルスの試合だと、前衛にカバーされて反撃されてしまうかも知れませんけど、シングルスなら大丈夫。

シコラー対策も、これでバッチリです。

どんどん深いストロークと、前に出て「チョン」と落とすボレー、磨いて組み合わせていきましょう!

 

華麗なネットプレー、って誤解されがち。

ガッツリしたアプローチに、深いファーストボレーに、詰めてハイボレー・・・。

そんなポイント、最近はプロ選手の試合でもあまり観ませんよね。

もっと現実的に、相手のポジションを動かすイメージでいきましょう。

きっとシングルスの試合、ワンランクアップ出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスでのネットプレーは、「ドロップボレーで終わる」で良い

    全豪オープンが地上波で放送され、皆さんも観る機会が多いと思います。…

  2. シングルス

    シングルスの試合、「リードしているとき」にはセカンドサーブもコースを突いて見せておこう!

    セカンドサーブで、攻撃を仕掛けていく。ちょっと無謀とも思えるよ…

  3. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

    テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。…

  4. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」だけだと、余りに単純

    シングルスの試合、イメージだけが先行しているケースが多い。「体…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

    シングルスの試合、自分で自由に出来るようで、実際は何をやったら良いのか…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

特集記事

  1. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です
  2. ストローク

    「深いストロークはなぜ有効なのか?」についてハッキリさせておこう
  3. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    本気でテニスを強くなりたければ、何かを断つ勇気が必要
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?
PAGE TOP