戦術

  1. テニス 戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある

    もうすぐ試合、ということで、コート脇で待っていると・・・相手も登場。その相手をチェックするときに、私はここも見るようにしています。特に、ベテラン…

  2. テニス メンタル

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手は、何だか勝ち癖がすごくあるように思いますよね。それは、きっとこういう経験をしてき…

  3. テニス メンタル

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう

    私は何度も、「相手にプレッシャーをかけること」について書いて来ました。ですが、それは「良いショットが無いと、無理でしょ?」とよく言われます。この…

  4. テニス イベント

    自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

    相手のゲームポイント、マッチポイント、絶対絶命・・・。という場面で、アナタは何を考えますか?普通に考えたら、かなり厳しい場面でもう凹んでしまいそ…

  5. テニス ストローク

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

    試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。でもこれは、技術の問題じゃないと私は思っています。自分の、得意なパターンを持って…

  6. テニス ストローク

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。それに、決断してからも、終わりじゃない。実は、実行するまでに・・・またそこに、大きな…

  7. テニス ハードコート

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います

    最近頂いたご相談の中で、こういう内容のものがありました。「団体戦が、苦手なんです」というもの。これには、私自身もすごく考えさせられました。…

  8. テニス ストローク

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない

    もちろん、テニスの試合の中で・・・です。本当に勝ちたい試合、お互いに気合が入っているとつい、気持ちが高ぶってしまいますからね。でも、この意識は大…

  9. テニス 陸上

    テニスの上達が止まらない人は、いつでも基本に新しさを見出している

    「また今日もこの練習か・・・もう出来るし、飽きたよ」という声が、今日もどこかのスクールや部活、サークルで聞こえてきそうですね。確かに、テニスの基…

  10. テニス ストローク

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

    試合の中で、自分のペースを作りたい。細かいことは考えずに、何か相手を揺さぶる良い手段は無いか・・・と考えてみたときに、これはどうでしょうか。私は…

  1. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません
  2. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打…
  3. その他

    本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう
  4. テニス Q&A

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・…
  5. テニス サーブ

    シングルス

    初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術
PAGE TOP