戦術

  1. テニスの立体化改革、2020年

    みなさんは、今年をどういう年にしていきたいか。ぜひ、テニスのプレースタイルの面でも、ご自分で考えて指針を決めて欲しいと私は思います。出来る、出…

  2. 「事実」と「意見」を、区別出来ない人達

    テニスは、感情を生むスポーツ。負ければ悔しいし、勝てば嬉しい。強くなっていくにはこの「悔しさ」を、上手くコントロールしていかないといけませんよ…

  3. テニス ストローク

    「次やったら勝てないな」で、良い

    みなさんは、こんな経験無いですか?強い相手との試合、なんとか、なんとか勝つことが出来て…試合後に、実感すること。「もう、次やったら勝てないな」…

  4. テニス メンタル

    安全に攻める、だけだと勝てない

    テニスには、セオリーが有ります。みなさんも、恐らく誰かから習ったり、本で読んだりしたことがあるでしょう。でも、それを実践してみて、みなさんどう…

  5. テニス 準備

    試合をすれば、全て出る

    テニスは、私はこうだと思いますよ。練習やプレッシャーの無い状況でのテニスなんて、その人の上辺だけ。試合、それも絶対に負けたくないような相手との…

  6. テニス 環境

    変化を突き付けられるのではなく、予測する癖を

    テニスの試合、練習に、トラブルは付き物。試合に強い人って、こういう場面で強いですよね。人間同士がやり合う、駆け引きの中でどう変化を予測するのか…

  7. 試合でプレッシャーを、小さくする方法

    テニスの試合の中で、相手のプレッシャーが凄い。これは、強い相手との試合では強く感じますよね。おそらく、読者のみなさんはどちらかと言えば、プレッ…

  8. 自分が決めなくても良い、と思えたら?

    ダブルスは、強いですよね。自分が決めなくても良い、パートナーが決めてくれる。または、相手が勝手にミスしてくれる。私は最近、自分自身をこ…

  9. 前に入りながら打つことでの、副産物とは?

    最近強い人のテニスを観ていて、感じること。みなさん、必ず下がらないで「前に入りながら」を実践している。これ、実はすごく大事なポイントだと私は思…

  10. 相手を動かすショットで、ミスをしない

    以前にITF(国際テニス連盟)が推奨するテニスの5大戦術、をご紹介しましたが、その中でもあった2つ。・ミスをしない(少なくする)・相手を動かす…

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
  2. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ
  3. テニス ボレー

    その他

    優秀な学生ほど、なぜテニスに伸び悩むのか?
  4. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそ…
  5. ボレー

    テニスの試合で必要な「バックハンドのハイボレー」をしっかり返球するコツ5つ
PAGE TOP