戦術

  1. 相手は強いんじゃない、合っているだけ

    試合で対戦したときに、強さを感じる相手。自分が必要以上にプレッシャーに感じて、調子を出せないままに終わってしまってはもったいないですよね。人っ…

  2. 強い人は、ただ〇〇なだけ

    この〇〇に、みなさんはどんな言葉をイメージしますか?もちろん、答えは一つではありません。私自身も、アレもコレも浮かんできます。試合の現…

  3. かくも、予測は難しいものなのか?

    最近、私自身が改めて感じること。テニスの試合で強い、結果を出す人は、何がそこまで上手いのか。正確なのか。意外と見落とされがちですが、ボ…

  4. もしも今、テニスが出来るなら

    長らく更新が止まっておりまして、失礼しました…。何かと今、みなさんの生活も大変な時期かと思います。テニス自体が出来ない、やることが難しい、そん…

  5. 必ずこの相手に、どこかで上回れる

    試合をしていて、相手を見て何を感じるか。戦ってみて、厳しいなと感じてからがテニスは勝負…のはずですが。どうしても、球威やその前の実績を比較して…

  6. 練習すること、が目的になってないか?

    最近、色々なみなさんと練習していて感じること。練習すること、テニスを続けること、もちろんそれだけで素晴らしいし、価値がある。でも、試合に勝ちた…

  7. 観察から行動に変えないと、意味が無い

    相手を、よく観察するということ。テニスの試合では、判断の材料として非常に大事な要素ですよね。でも、こういう話をすると「ただ観察するだけ」で終わ…

  8. 「あれを、盗もう」と、本気になれるかどうか

    最近、どうも上達が感じられない…。そう感じている方も、多いと思います。こういう時期に、何を考えて自分を見つめ直すのか。逆に言えば、「凄…

  9. テニスにおける、状況判断のコツ

    テニスは、状況判断のスポーツ。これが理解出来ると、試合は一気に楽になるし、面白くなる。私自身、何となくでしか理解出来ていなかったところが、35…

  10. 挑戦企画を通じて、感じること

    すっかり更新が滞ってまして、失礼致しました…。今回は、先日の第4回目の企画、佐藤・土居ペアに挑戦を観戦して解説して、私なりに感じたことをまとめてみたい…

  1. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる
  2. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう…
  3. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法
  4. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽き…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない
PAGE TOP