戦術

  1. かわすだけ、では試合で勝てない

    みなさんも試合の中で、上手く相手を「かわす」という機会は多いと思います。ダブルスの試合でも、私はすごく多いです。向かって来る相手を、いなす、か…

  2. 死んだボールは、打ち込まない

    みなさんも試合の中で、経験があるじゃないでしょうか。相手の死んだボール、勢いのないボールを、ストロークやボレーで打ち込もうとして…ミス、ミス、またミス…

  3. 感覚を自分で言語化出来れば、テニスは強くなる

    自分の感覚を、言葉にして伝える。これって、すごく難しいですよね。例えば病気でお医者さんに診てもらう時にも、「どこがどんな感じで痛いのか?」を正…

  4. 自信とは、自分で作り出していくもの

    長らく更新が止まっておりまして、失礼致しました。このお盆の期間で、私はインカレ観戦、母校の練習参加等、足を運んでおりました。そこで、改めて感じ…

  5. あっという間に、人は老いる

    テニスを頑張りたいと、アナタ自身が思っていても。時の流れは、残酷です。本当に試合で勝ちたい、結果を出したいと思っていても、人は老いる。…

  6. プレッシャーになっていない、ただの自己満じゃない?

    先週末の試合で、私自身が感じたこと。「これ、自己満だな…」と。私自身、なるべく相手にプレッシャーをかけるような動きをしているつもりでしたが、そ…

  7. 4ポイントのシナリオ、を意識してみよう

    テニスのゲームは、1ゲームを取るのに4ポイント。15、30、40、そしてゲーム、となります。デュースやノーアドバンテージ形式にもつれ込むことも…

  8. 打てる側のアドバンテージを、活かせてる?

    テニスの試合で、アナタ自身がボールを打つ。そこで、打つコースは、アナタ自身が決めることが出来る。球技はほぼ、この形ですが「自分の意志で、ボール…

  9. 考えながらプレーすると、精度は上がる?下がる?

    テニスは、頭脳勝負。T-PRESSでも、いかに頭を使って考えてテニスをするのか、ということをテーマにして書いて来ました。ですが、ここで注意して…

  10. いつもアングル、という選択肢を持つ

    攻撃力をアップして、試合に勝ちたい。そう考えている方、ペアのみなさんに改めてご提案。難しいと考えている方が多いと思いますが、やはりこの発想は必…

  1. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・…
  2. テニス 水分補給

    水分補給

    テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識…
  4. ダブルス

    ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変…
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる
PAGE TOP