テニス スライス

ストローク

「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

スライスを覚えたいけど、どうしてもスピンに頼ってしまう。

そんな人、考え方としては自然です。

必要性を感じられないと、そもそも人は新しい技術を習得するのは難しい。

たまには思い切って、こんな試合形式でダブルスをしてみませんか?

 

「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

 


 

■「スライスしか使えない試合」になったら、何が出来るか?

サーブもリターンも、ストロークも全てスライス。

スピン系のショットを打った時点で失点、という試合形式でダブルスをしてみて下さい。

きっと新しい発見が、そこにはあるはずです。

特に面白いのがストロークでしょう。

フォアハンドのスライスなんて、ほとんど使う機会が少ないんじゃないでしょうか。

皆さんはどんな発想で、プレーの幅を広げていきますか?

 

■サーブもスマッシュもスライス限定だから、コントロール勝負になる

もちろんサーブもスマッシュもスライス。

だからスピードはあまり期待出来ません。

その分しっかりコントロール勝負、相手をコートの外に追い出すような打ち方が求められますよね。

実際の試合でも、スライスで打てれば楽な場面でもスピンを選択する人が多い。

こういう機会にスライスの有効性を発見してもらえれば、この練習の価値があると言えるでしょう。

 

■積極的に前に出て、そこからの駆け引きが身に付く

スライスしか打てないと、どんどん前に出ていこうという発想が自然。

相手もスピンで足元に沈めることは出来ませんが、スライスで沈めたり、スライスロブで揺さぶることが出来る。

この前後の駆け引き、をしっかり養うことがスライス限定試合の大きな目的です。

速いショット、力で抑え込むようなショットではなく、あくまで緩急や配球で勝負していく。

限定に縛ることで、アナタ自身工夫しながら試行錯誤する。

これがテニスには、必要なんです。

 

スライス限定のショットでも、打てるショットの種類は色々あります。

大事なのは、この機会に「必要性」を感じること。

スピンのショットが基本でも、それを活かす意味でもスライスは絶対に必要です。

ぜひ、機会を作って限定試合をやってみましょう。

そこからアナタの新しい未来が、切り開かれていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖

    試合の大事な場面、スピンストロークで攻撃していこうと思っても・・・「ガ…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「高めのバックハンド」の対策が無いと、テニスの試合でのストローク戦は戦えない

    色んなところで色んな高校生とか中学生をレッスンしているが、全体的に見て…

  3. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す

    ドロップショットを、試合の中で使っていく時。この要素を加味出来…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い

    まず対戦相相手を見て、気付くこと。身長の高さって、どうにも変え…

  5. テニス サーブ

    ストローク

    スウィングの切れ味は、引く動作で磨かれる

    ストロークでもサーブでも、スウィングの切れ味をアップしていくこと。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェ…
  2. テニス 客観視

    その他

    嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ
  3. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミ…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ
  5. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を…
PAGE TOP