その他

「デビスカップ日本代表が発表」前回王者イギリスに挑む布陣の、注目ポイントはここ!

昨日にて発表された、来月のデビスカップ初戦の日本代表メンバー。

世界ランク6位の錦織圭(日本)をはじめ、同87位のダニエル太郎(日本)、同126位の西岡良仁(日本)、同238位の内山靖崇(日本)の4選手が選出されました。

今回のメンバーで挑む相手は、前回王者のイギリス。

会場はアウェーとかなり厳しい戦いが想定されますが、注目すべきポイントをまとめました!

 

「デビスカップ日本代表が発表」前回王者イギリスに挑む布陣の、注目ポイントはここ!

 


 

■勝負は初日のシングルス2、ダニエル太郎選手が何かをやってくれる!

私は、勝負は初日にあると見ています。

そう、相手のナンバー1選手のマレー選手に、日本のナンバー2、恐らくダニエル太郎選手がどこまで戦えるか。

この試合が対戦の大局を、大きく左右すると考えています。

なぜなら、勝利は難しくともマレー選手の自信や体力を削ぐことは、即ちイギリスチームの全体の士気を削ぐことに直結するから。

ダニエル選手に失うものは無く、むしろこの試合で燃え尽きるくらいの気持ちで臨んで欲しい。

日本には、シングルスのナンバー2を戦える選手は西岡選手も控えており、層の厚さでは負けていないはず。

ラリー戦を好むマレー選手との相性は、ダニエル選手は悪くないはず。

ぜひ、初日に最高の試合を繰り広げてもらいたい、というのが日本チームの願いなはずです。

 

■2日目のダブルスは準備と奇襲で、会場の雰囲気を変えたい

今回、ダブルスはいつも以上に肝になります。

日本は恐らく、西岡選手と内山選手のペア。

前回のコロンビア戦では逆転負けを喫してしまいましたが、私は良いペアだと思っています。

ただ、経験が圧倒的に足りなかった。

第1セットを獲ってから守りに入ってしまったのは、きっと勝ちを意識し過ぎたから。

今回の対戦相手は、マレー選手の兄でダブルスのスペシャリスト、ジェイミー・マレー選手が出場してくることは確実。

だからこそ、チャンスはあると思っています。

西岡選手と内山選手2人は、性格的にも圧倒的に強い相手に向かっていく方が、強い。

内山選手が2014年のデビスカップで、カナダのネスタ―選手相手に積極的なプレーで勝利を呼び込んだときもまさにそう。

ダブルス巧者を相手にしたときに、この2人の若武者はきっと何かをやってくれる。

そんな気がしてならないのです。

 

■最終3日目には、全ての成果を「刈り取る日」に!

歓喜の瞬間は、3日目にやってくる。

錦織選手はマレー選手を相手に、恐らく早くも今年の大一番を迎えることでしょう。

デビスカップの1回戦にしてはもったいないこの対戦カードですが、ここは正直、どちらに転ぶか分からないところ。

ですがきっと、初日、また2日目で弟のマレー選手が2試合こなしている状況であれば、錦織選手にも勝利の芽はあるはず。

皆の頑張り、1ポイントずつの積み重ねが、結実するときが3日目なはず。

その為にも、初日からダブルスまで、団体戦は1ポイント1ポイントが本当に大事になってくるのです。

個人的には、2-2で最後のシングルスには回したくない。

何より日本チーム皆の力で、アンディ・マレーという選手をシングルスで倒したいじゃないですか。

前回王者をしっかり倒して、2回戦に進みたい。

そうすればまた、日本テニスのレベルは大きくステップアップできたと言えると思います。

 

サッカーをやっている人なら、誰もがあの青いユニホームに憧れる。

日本代表を目指したこと、きっと誰でもサッカー少年ならあるはず。

テニスにも、そんな光景が当たり前のようになって欲しい。

紅白のウェアを着て、デビスカップを戦いたいと思う子ども達が、自然にあふれているような光景を見たい。

だからこそ、今の学生の皆さんにも、まずはデビスカップに興味を持ってもらいたい。

戦いは再来週、3月4日から。

WOWOWでの放送もありますので、ぜひ注目してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. その他

    「上達出来る選手であれ」プロテニスの選手の見えざる力とは?

    「強くなるためにはどうすればいいんだろう。」皆、そう思いながら…

  2. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないとダメ

    「いやー今日はたくさん打てたから、良かった良かった」「今日のス…

  3. その他

    試合に出る一歩を踏み出した人から、テニスは別なスポーツになる

    「試合に出ることって、そんなに大事ですか?」というご意見を、たまに頂き…

  4. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく

    俺がコーチしていた東京の大成高校男子テニス部がインターハイ東京都予選で…

  5. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

  6. テニス ラグビー

特集記事

  1. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー…
  2. テニス ボレー

    日々の雑記

    「自分はこんなもの」と、どこかで決め付けてない?
  3. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる
  4. テニス 環境

    その他

    「極端な環境に、あえて自分を縛ってみる」ことができれば、きっとアナタのテニスはま…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で主導権を握りたければ、「自分がどう打つのか、を相手が打った瞬間に判…
PAGE TOP