テニス メンタル

その他

【保存版】「テニスノートを活用して試合に勝つ!」ために必読な10記事

今回は、テニスノートに関する記事を人気アクセス順にまとめてみました。

なかなか続かないテニスノートも、必要性をしっかり認識出来ればやる気も出るはず。

1日5分で良いので、続けていけば絶対アナタの財産になります!

 

【保存版】「テニスノートを活用して試合に勝つ!」ために必読な10記事

 

・10位 過去最悪に恥ずかしかった試合、思い出してテニスノートに書き出してみよう

どんなに恥ずかしい試合でも、終わってしまえば過去の話。

繰り返さない為にも、しっかり記録しておきましょう。

記録しておくことで、アナタの脳裏に深く刻まれるのです。

 

・9位 テニス部内の練習試合にて「必ず記録して、お互いにコメントを残す」ことで、テニスノートは活かされる

試合の後に、お互いからの意見をもらう。

それも文章にして残しておくと、チームで練習試合をやる意味がグッと高まります。

 

・8位 テニスノートを使って、「テニスの試合の勝率を上げていく」シンプルな方法とは?

勝てるテニスノートには、その秘密が隠されています。

ただ書くことだけ・・・が目的にならないよう、注意しましょう。

 

・7位 テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です

自分の気持ちが整理出来ないときこそ、ペンを取りましょう。

きっと書き込むだけで、心が落ち着いていくはずです。

 

・6位 「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?

テニスノートは、日記とは少し違う。

盛り込みたい要素を確認して、書き続けていけば試合に強くなります。

 

・5位 「なぜ、試合で勝つ選手になる為に、テニスノートが必要なのか」それは自分の変化を確認できるから

文書にしたり、可視化することでテニスは眼に見えるものになる。

そうなると、自分の成長も実感出来るはずです。

 

・4位 テニスノートの基本的な書き方について、ポイントは「客観性と具体性を盛り込むこと」です

試合に勝てる選手のテニスノートは、具体性に満ち溢れています。

数字や事実、固有名詞が多く含まれているから読み返してイメージ出来るのです。

 

・3位 テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由

試合後に反省を記録するイメージが強いかも知れませんが、実は違う。

勝てる選手は、試合前にテニスノートを仕上げて臨んでいるのです。

 

・2位 「読み返して意味があるテニスノート」を作る為に、意識したい5つのポイント

テニスノートは、読み返してこそ。

その本領を発揮させるためにも、「自分で読みたい!」と思えるノートに仕上げるにはコツがあります。

 

・1位 「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

誰だって、何度も挫折しながら書き続けている。

そう、辞めても辞めても、繰り返しチャレンジしている人が最後に恩恵を受けるのです。

 

テニスノートと一言で言っても、実に奥が深いです。

このサイトの内容も、ある種のテニスノート。

まずはアナタらしく書いてみて、迷ったときにコチラの記事を参考にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

    「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」こういったご相…

  2. テニス 観客

    その他

    テニスの試合は、「人に観られている」ことに慣れている選手がやっぱり強い

    試合になると、急に別人のように堅くなる人。練習ではあんなに気持…

  3. その他

    「あいつセンスあるな‥」という相手ほど、実は倒しやすいのがテニスというスポーツです

    テニスって、面白い。私がそう感じる瞬間はたくさんありますが、特に「…

  4. その他

    「君はパワーポジション、を知っているか?」テニスの基本となる姿勢を覚えよう!

    テニスには「構え」の態勢がとても大事。良い「構え」こそ、最高の…

  5. その他

    「これが上達の証」テニスの試合で安定感を身に付ける為に、上達していくフェーズがある

    皆、テニス上手になりたいでしょ?でも、上手になるってどういうことか…

  6. テニス メンタル

    その他

    自分のマッチポイントでは、「攻撃的にいくか?守備的にいくか?」はしっかり考えておこう

    大事なポイントでは、誰でも緊張する。それを「メンタルが弱い」と…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ラケット

    ボレー

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ
  2. ストローク

    テニスのラリーで変化を付けやすい「三往復目の法則」について、アナタは自覚はありま…
  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークの基本中の基本、「バウンドの高さに合わせたテイクバック」は、利き腕では…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです
  5. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケー…
PAGE TOP