テニス ロブ

リターン

テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくなる。

だからこそ、サーブをストレートにリターンで展開していく技術が必要です。

サーブが厳しくなればなるほど、シンプルなコツを覚えておいて対応できるようにしたいですよね。

今回は、相手のサーブが厳しく自分から強打出来ない時にヒントとなるようなコツを考えてみました。

1つでも参考になって、実際の試合で使えるようになってもらえると、嬉しいです。

 

テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

 


 

1.横向きでラケット面だけを作る

テイクバック、フォロースルーも必要ありません。

フォアかバックかを早く判断して、ラケット面だけを作りましょう。

それでも入らない場合は、ボレーのグリップにしてフラット気味の打ち方でもOK。

もっと言えば、多少浮いてしまっても大丈夫です。

大事なのは、飛んでいるコース。

しっかりとストレート方向、シングルスライン上を並行に飛ぶのがまず大事な要素です。

 

2.リターンの位置を前にする

「えっ!厳しいサーブなのに?」と思うかも知れません。

それでも、前にポジションを移動させたほうが、実はテニスは打ちやすい部分もあります。

スライスサーブは曲がる前に、スピンサーブは弾む前にボールを打てば、それだけストレートに展開しやすい。

相手の前衛も、前に出て来るリターナーは、それだけプレッシャーがかかるので嫌なもの。

後ろでリターンしているうちは、相手前衛が優位と考えましょう。

 

3.サーブがバウンドした地点を見て踏込む

ストレートへ展開していく場合も、まずは踏み込んでいくことが大事。

サーブがバウンドした地点をしっかり見て、その方向へ足を出していきましょう。

これさえ出来れば、きっとストレートへもクロスへもしっかり打ち分けられる。

相手前衛が動いても、気にしない。

とにかく「待つ」のではなく、しっかりバウンド地点へ向かって踏み込む意識を持ちましょう。

4.相手サーブを予測する

予測してリターンをする、動くというのは大事な要素です。

どんなにサーブが得意な相手でも、必ずその傾向はあります。

漠然と待っていては、その傾向がいつまでも掴めません

思い切ってフォアハンドで回り込むことが、ストレートへの良いショットへの試金石になる。

しかもこれで抜くことが出来れば、相手に対して与えるインパクトも大です。

 

リターンをストレートに展開するコツを書いてきましたが、大事な要素を忘れていました。

それは、相手に対して向かっていく力、そして前衛にぶつけていく勇気です。

身内でのダブルスでも、それは同じ。

ダブルスでは相手に対して、遠慮していては絶対に勝てません。

コート上に4人のプレイヤーがいるわけですから、しっかり相手のいる場所にも打たなければ試合にならない

そのことをしっかり理解して、リターンも積極的にストレートに展開していきましょう。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. リターン

    相手のサーブ攻略、意外と簡単です

    相手のサーブが返せないと、どんどん落ち込んでしまいますよね。シ…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術

    「左利きのサーブにやられた!」そんな経験、ありませんか?でも後…

  4. テニス ストローク

    リターン

    キックするサーブを、抑えるリターンのコツ5つ

    スピンサーブがバウンドして、キックして飛んで来る。こんなサーブ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

    リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多…

  6. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう
  2. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について
  4. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ
  5. テニス リターン

    その他

    テニスの試合中に、「ラケットを強く握り過ぎて握力が無くなる人」は、下3本の指で支…
PAGE TOP