テニス ダブルス

その他

テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです

皆さんは、団体戦などでベンチコーチに入った経験、ありますか?

通常テニスの試合では、アドバイスはコーチングとして禁止されていますが、団体戦ではチェンジコートの際のコーチングは許可されている。

高校生、大学生の方ではこれから経験する人も多いでしょう。

私が考える、良いベンチコーチ像ってシンプルです。

 

テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです

 


 

■選手にしっかり、「やるべきこと」をしゃべらせよう

あれこれ説教っぽく言っても、逆効果。

選手は必死で頑張って、疲れてベンチに帰って来るのに、そこでアナタがまくし立てても意味が無い。

むしろ、選手自身にしっかりしゃべらせることの方が大事。

「この試合、テーマは何だったっけ・・・?」

「想定通り、試合進んでる?」

など、選手に語りかけるように、寄り添うように聞いてみましょう。

 

■自分の口から出た言葉は、自分で実行できる!

例えば「ミスが速いから、もっと粘ろう!」と伝えても、選手からしたら粘れない理由があるのかも知れない。

自分の口から、「粘らないといけない、その為には・・・」という言葉を引き出すのは、ベンチコーチであるアナタ次第です。

自分でしゃべった言葉には、自分で責任感が生まれる。

自分で前向きな言葉を発する為に、アナタがすべきことは何でしょうか。

まず、相手選手の徹底的な分析、丸裸にすることです。

 

■相手選手のチェックすべきポイントを決めておこう!

もちろん対戦している選手もチェックしますが、ベンチコーチがいる試合では観察力が何倍にもなると思っておいて下さい。

私がいつも、観察しているポイントは・・・

・リターンのグリップ、ポジショニング

・サーブの球種、コース、打った後のポジショニング

・スライスを打つときの癖

・配球の癖(何球目に展開する傾向にあるか)

 

こういったポイントは、予めメモを取っておいて回答を書き込んでいく。

そしてチェンジコートのときに、選手と共有する。

これだけで、戦っている選手はかなり「自分のやるべきこと」が見えてくるはずです。

 

チェックシートは、お勧めです。

どんな項目を確認するのかを決めておけば、試合中に現場でスムーズにアドバイス出来る。

早ければ早いほど、その効果は発揮しやすい。

団体戦で勝ち抜けるチームになる為の準備、一緒にやっていきませんか?

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス 練習

    その他

    出来るようになるを待つのではなく、出来ない技術こそ試合の表舞台に立たせてみることが大事

    これも繰り返し書いてきたことで、正直言い方を変えているだけ、です。…

  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッドを立てる」ことがポイ…

    ラケットを持って試合を続けていると、いつの間にか力が入って腕に疲労が溜…

  3. テニス 部活

    その他

    「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?

    「部活の和が、乱されてしまう」「テニスは上手いんだけど、周りへ…

  4. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?

    花粉症に苦しむ毎日を送っているが、遂に花粉症の症状に加えて喘息発作も出…

  5. テニス メンタル
  6. その他

    「このテニス選手、もったいない・・・」と私が感じるときは、こんなプレーを観たときです

    良いプレーが出来ている、技術もあるのに、なぜか試合で勝てない人。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ
  2. 戦術

    自分が打ちやすい打ち方だけでは、試合に勝てない
  3. テニス 予測

    シングルス

    シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドが安定しない人は、スウィングに入るギリギリまで添えた手を離さない…
  5. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番
PAGE TOP