テニス ダブルス

その他

テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです

皆さんは、団体戦などでベンチコーチに入った経験、ありますか?

通常テニスの試合では、アドバイスはコーチングとして禁止されていますが、団体戦ではチェンジコートの際のコーチングは許可されている。

高校生、大学生の方ではこれから経験する人も多いでしょう。

私が考える、良いベンチコーチ像ってシンプルです。

 

テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです

 


 

■選手にしっかり、「やるべきこと」をしゃべらせよう

あれこれ説教っぽく言っても、逆効果。

選手は必死で頑張って、疲れてベンチに帰って来るのに、そこでアナタがまくし立てても意味が無い。

むしろ、選手自身にしっかりしゃべらせることの方が大事。

「この試合、テーマは何だったっけ・・・?」

「想定通り、試合進んでる?」

など、選手に語りかけるように、寄り添うように聞いてみましょう。

 

■自分の口から出た言葉は、自分で実行できる!

例えば「ミスが速いから、もっと粘ろう!」と伝えても、選手からしたら粘れない理由があるのかも知れない。

自分の口から、「粘らないといけない、その為には・・・」という言葉を引き出すのは、ベンチコーチであるアナタ次第です。

自分でしゃべった言葉には、自分で責任感が生まれる。

自分で前向きな言葉を発する為に、アナタがすべきことは何でしょうか。

まず、相手選手の徹底的な分析、丸裸にすることです。

 

■相手選手のチェックすべきポイントを決めておこう!

もちろん対戦している選手もチェックしますが、ベンチコーチがいる試合では観察力が何倍にもなると思っておいて下さい。

私がいつも、観察しているポイントは・・・

・リターンのグリップ、ポジショニング

・サーブの球種、コース、打った後のポジショニング

・スライスを打つときの癖

・配球の癖(何球目に展開する傾向にあるか)

 

こういったポイントは、予めメモを取っておいて回答を書き込んでいく。

そしてチェンジコートのときに、選手と共有する。

これだけで、戦っている選手はかなり「自分のやるべきこと」が見えてくるはずです。

 

チェックシートは、お勧めです。

どんな項目を確認するのかを決めておけば、試合中に現場でスムーズにアドバイス出来る。

早ければ早いほど、その効果は発揮しやすい。

団体戦で勝ち抜けるチームになる為の準備、一緒にやっていきませんか?

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識

    どんな上級者も、初めてテニスの大会にエントリーして出場するときは緊張し…

  2. テニス 部活

    その他

    中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰囲気が大きく変わる

    皆さんも最初、部活やサークル、社会人チームやテニススクールに入ったとき…

  3. テニス 部活

    その他

    「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに便利な神グッズ5つ

    練習や大会で、どうしても雨でテニスができない・・・ということ、多々あり…

  4. テニス メモ

    その他

    テニスノートの基本的な書き方について、ポイントは「客観性と具体性を盛り込むこと」です

    テニスノートを書き続けているけど、イマイチ自己流で書き方に自信が無い・…

  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッドを立てる」ことがポイ…

    ラケットを持って試合を続けていると、いつの間にか力が入って腕に疲労が溜…

  6. テニス メンタル

    その他

    試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる

    試合を観ていると、つい感想としての本音が出てしまうことがあります。…

特集記事

  1. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント
  4. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた
PAGE TOP